スポンサーリンク

Raspberry Pi OS のバージョンアップ方法とaptについて

raspios-updateニュース
ニュース

Raspberry Pi OSが2021年最初のバージョンアップをしました。(2021-01-11)内容はリリースノートによるとバクの修正がほとんどです。前回のバージョンアップは新しい機能が追加されたことで公式でも大きく扱っていましたね。

Raspberry Pi OSを最新に更新したい場合はコマンドで簡単に行えます。アップグレードとそのコマンドであるaptについても補足しておきます。

スポンサーリンク

アップデートコマンド

パッケージリストをアップデートし、その後アップグレードすればOKです。

sudo apt update

そしてアップグレードコマンド

sudo apt full-upgrade

基本的にはこれでOKです。
現在に推奨されている方法です。過去にあった方法はその時点での推奨であり、少しずつ変わっています。

パッケージ管理システムaptコマンドもapt-getからaptに変更されています。これも推奨される方法が変わったと理解してaptに慣れましょう。

Raspberry Pi OSはDebian系から派生しています。2021年現在ではコードネーム「Buster」です。Raspberry Pi OSでは意識しなくても大丈夫ですが、大元のバージョン違いがあることは知っておきましょう。次回はいつになるのかわかりませんが「Bullseye」です。
コードネームについて→Raspbianコードネームの由来

また、既にインストールされているパッケージだけをアップグレードするもので、全く新しく追加されたパッケージをインストールはしません。その場合は個別に手動でインストールする必要があります。

もしも新しい機能が無いなと思ったら個別に指定してみてください。
現実的には大幅な変更はメジャーアップする場合が多いため、気にすることでもないでしょう。

スポンサーリンク

メジャーアップグレードは別のコマンド

この sudo apt full-upgrade はコードネームBusterのメジャーバージョン内でアップグレードします。前回のStretchからBusterへアップグレードすることはありません。今後もBusterからBullseyeへも同様です。

もしも前回のStretchからBusterへのアップグレードしたい場合は以下のコマンドになります。

sudo apt update
sudo apt -y dist-upgrade

オプションの「-y」は途中のY/N質問を自動的にYにするために付いています。dist-uppgrade のdistはティストリビューション(distribution)のdistです。

キャッシュの削除

アップグレード後、公式サイトでも推奨されている方法に前回のキャッシュの削除があります。

sudo apt clean

これも事後で実行するとストレージ容量が多少は増えますのでおすすめです。

要らなくなったパッケージを削除

apt auto remove コマンドは必要な時に実行します。

依存関係という言葉で表されているパッケージ間の関係の中、アップグレードやインストール時に、最早要らなくなった場合はコマンド実行後に「要らないからコマンド実行してね」と表示されます。

その場合だけ実行します。普段は意識しなくても大丈夫です。

パッケージの削除

インストールしてみたけど、あまりパッとしないから要らないや」そういったパッケージってありますよね? 私はよくあります!!

削除したいなら、以下のコマンドで行います。

sudo apt remove パッケージ名

仮に依存関係も含め完全に削除する場合はオプションを付けます。

sudo apt remove --purge パッケージ名

purgeはパージ。つまり切り離すという意味ですね。(ロケットの1段目をパージする)
但し、また使うことがあるかも知れないなら、そのパッケージで保存した設定ファイルや依存しているファイルも消してしまうので、通常はremoveだけで良いでしょう。

Raspberry Pi OS のアップグレード

まとめると3行です。

sudo apt update
sudo apt full-upgrade
sudo apt clean

たまに実行して最新の状態に保ってください。

リリースノート

アップデートを実行する前に、リリースノートの内容が分かっていると安心します。

今回のバージョンアップではChromiumがバージョンアップし、サポートの終わるFlash Player関連の修正や削除、エプソンのプリンタードライバーが追加されたことが目立ちます。

2021-01-11:
 Chromium version 86.0.4240.197 included
 Screen reader support enabled in Chromium
 Adobe have end-of-lifed Flash Player, so it has been removed
 Scratch 2 required Flash, so it has been removed
 Added Epson printer drivers
 Added timeout to hide messages from USB device monitor after 5 seconds
 Bug fix - PulseAudio output was in mono
 Bug fix - brief audio interruptions at start of playback in VLC
 Bug fix - old ALSA output settings being used instead of PulseAudio settings by some applications
 Bug fix - crash in PulseAudio volume controller when used on multichannel devices
 Bug fix - battery monitor failing to load on x86 platforms
 Bug fix - setting of password in startup wizard failed if language was changed
 Bug fix - Chromium video playback lockup on small number of devices
 Bug fix - Chromium Google Maps 3D view artefacts
 Slovak, Italian and Norwegian translations updated
 Raspberry Pi firmware 70f1581eec2c036b7e9309f1af41c651fb125447
 Linux kernel 5.4.83

Raspberry Pi OSのバージョンアップ方法でした。

\ 初めてのRaspberry Pi はセットで始めよう /
NewLife NewDesingストア

2台目にも最適な最小基本セット!

\ 初めてのRaspberry Pi はセットで始めよう /
NewLife NewDesingストア

2台目にも最適な最小基本セット!

スポンサーリンク
ラズパイダ

コメント ご感想をお願いします。

タイトルとURLをコピーしました