ラズパイをやっぱりパソコンの代わりに使いたい?!

https://raspida.com/rpi-substitute4pc
特集記事

これまでRaspberry PiにインストールするOSを探していて「ラズパイダ」に訪れていた人が多かったように思います。

20020年末くらいから、コメント欄でも見受けられるように「Raspberry Pi 」「パソコンとして使う」という検索で訪れていることが分かりました。

用途によっては、一般的なPCの代替機としても使えますよ。

但し、一般的なPCと比べること自体はナンセンスです。そもそも基本が異なるからです。

何に使いたいのか、漠然としている人が多いと思います。ちょっと考えてみました。

スポンサーリンク

パソコンで何しているの?

一頃よりはスマホの影響でパソコンも所持している人は増えました。若い人などだとスマホで完結もできるようになり、むしろパソコンは買わない人が逆に増えたかも知れません。

Raspberry Piを代替機にと考えている人は、想像するに古いパソコンからの買い換えの候補としているのでしょうか。

はたまた、新しく買い増すのか、自分用では無くお子さんにあてがうのか。

ケースバイケースとはいえ、Raspberry Piを新規に使い始める人だと思われます。

でも、一体、パソコンでどんな作業しています?

冒頭に述べたようにRaspberry Piとパソコンは基本コンセプトが異なります。とっても似ているけど異なるので、全く同じに代替機というのは、少し頭からどかしてください。

その中で、普段にパソコンでやっていることを、作業別に切り分けて考えれば、Raspberry Piは十二分に代替することができる機種だと思います。

できる作業とできない作業

普段にパソコンを使っていて、同じ事をしたい場合、少し大まかにこの4つくらいは当てはまると思います。

いつもパソコンを使う作業

  1. ネットの閲覧(ショッピングや調べ物)
  2. メディアコンテンツの消費
  3. サーバーなどの裏方作業
  4. 文書の作成

大まかにこの4つと想像します。大まかですよ。

ここで1つずつみていきます。

ネットの閲覧

インターネットの閲覧は問題ありません。むしろそれだけに特化させて使っても勿体なくないと思っています。
通常のパソコンをネット専用端末にしたら、ちょっと贅沢ですよね?

メディアコンテンツの消費

HDMI端子が装備されているRaspberry Piには打って付けです。テレビにケーブルを挿すだけですから。

それにこの価格で統合されているビデオ機能はとっても優秀なんです。写真や動画(4K)といったメディアはストレスなく感じるハズです。逆にこれなら専用としても良いくらいです。

サーバーなどの裏方作業

サーバーはあまりパソコンが得意ではない人には敷居が高い部類と思います。比較的に設定も複雑ですからね。

実際に何かのサーバーとして、モニターを繋げない利用に、Raspberry Piは特化しているほうなので、私はオススメしています。最大の利点は24時間稼働させても電気代が格安だということです。気になりません。(引き換えとして耐久性は心許ないですが)

文書の作成

文書の作成は色々と種類があります。LibreOfficeといったMicrosoftOfficeと互換性もあるソフトが入っていますので、一時的、家庭内、個人のという範囲であれば全く問題ありません。

仮にビジネスであると、互換性は完璧ではありませんので、細かく言うと面倒なことになります。(罫線のズレ、フォントの問題、計算式の違いなど)仕事でもLibreOfficeがあるなら良いですけどね。

他の文章としては、例えばブログ執筆やWebメールなどネットワークサービス上であれば遜色ないでしょう。Raspberry Pi内のローカルだけであっても、テキストファイルは同じに扱えますし、簡易家計簿や蔵書管理、印刷する文書も最低限は扱えます。

少し苦しい作業やできない作業

次に、Raspberry Piで一般的なパソコンの代替としては、苦しい作業も考えてみましょう。

  1. Windowsに依存したPCゲーム
  2. 商用のビジネスソフト(Excelや一太郎など)
  3. 写真加工やビデオ編集
  4. ZOOMなどのテレビ電話

これらはRaspberry Piが基本はLinuxで動くOSということと、流石にスペック的に難しいからです。更にCPUの種類がそもそも異なります。

車に例えると、大衆車の軽自動車にレースをやれってくらい無茶なこともあります。しかも大衆車はワンメイク、または自作の車となると難しいですよね。

念のためにいいますと、絶対に出来ないことではありません。かなり不便か、快適ではないか、同じ事はできない、ということになります。

こちらも1つずつみていくと。

Windowsに依存したPCゲーム

ゲームはやはりGPU(グラフィック性能)に依存します。そもそもWindowsに依存しているのは難しいです。今後はArm版Windows10が公式からリリースされたら可能性は上がります。(ちょっとないとは思います)

商用のビジネスソフト(Excelや一太郎など)

ビジネス系のソフトウェアも当然ながら同じになります。中にはLinuxOSが主のソフトもありますので、対応出来る場合もあります。快適とはいきません。

写真加工やビデオ編集

写真は比較的に扱えるほうです。かといってメモリーは、Raspberry Pi 4でも8GBが最大なので、やはり少し物足りません。
RAW現像もできますし(でも、遅いですよ。遅い。2度言いました!)、スマホの写真程度の加工であれば問題ないでしょう。iPhoneはHEIC形式の画像ですが、それも別途、ライブラリやソフトウェアを追加してJPEGに変換できるようになってきました。

動画はやはりメモリーも足りません。できなくはないので、録画時間が短い動画であればという感じです。(でも、遅いですよ。遅い。2度言いました!)

ZOOMなどのテレビ電話

Zoomはネイティブアプリ、つまり専用のソフトウェアがないですし、今後も出る予定はありませんので、Webブラウザ経由しかできません。

が、こちらも快適とは言えません。これだったらスマホやタブレットの方が良いです。CPUの種類が異なりますので難しいです。更にカメラも別に付けないとなりませんね。

スポンサーリンク

作業によっては代替機として優秀

Raspberry Piはスペックだけで判断すれば、そこそこの性能なんです。仮に古いノートパソコンなどを使っているなら、代替機として十分です。

ただ、LinuxOSだよ、ってことから、ソフトウェアに依存する作業には向きません。

逆に、外出先でモバイル利用でもなく、一般的なパソコンではやらないこと(=電子工作など)、ずっと電源を付けっぱなしにしたいデバイス等には向きます。

デスクトップ環境としての利用は?

ここまでで機能を1つ取り出してパソコンの代替使用は想像できたと思います。更に皆さんご存じのデスクトップ環境での利用はどうでしょう?

デスクトップ環境で使用したいということは、ここに挙げたような使用を全て行いたいことに繋がるからだと思います。スタートボタンからみたいな。

ubuntu20

比較的に使いやすいOSである、Ubuntuデスクトップが正式にRaspberry Piへ対応しています。少し重いと感じるならUbuntuMATEでも良いでしょう。

このUbuntu系は有名なLinuxディストリビューションなので、参考書も出ていて、ネットにも情報が多く比較的に簡単な部類です。

とはいえ、一般的なパソコンに慣れていて納得して使うか、全く未知のOSとして受け入れるか、という考え方でないと難しく感じるでしょう。Windows10からmacOSへ変更すると同じように操作には戸惑うと思います。

まだまだ初心者のお子さんは受け入れることが簡単かと思いますので、お子さんにはLinuxOSを触らせてみるのはどうでしょうか。意外とエンジニアになってくれて嬉しい誤算もあるかも知れませんよ?!

初めてスマホを使った時みたいな気持ちであれば、Raspberry Piは一般的なパソコンのデスクトップ代替機としてもそれなりに使えるようになっています。

その場合は、Raspberry Pi 4 メモリー8GBをオススメします。

ラズパイダがオススメする代替機能

例えば、音楽をパソコンで聴いている人も多いでしょう。中には深夜にヘッドホンでしか聴けない家庭もあります。

それならば、とっても小さなポータブル再生機にRaspberry Piは最適です。

音楽データは、これまたRaspberry Piで構築したNASに保存して、Wi-Fiが届く範囲であれば快適に聴けます。お風呂でもOKですよね。100円ショップの300円スピーカーなら壊れても安い。仮にRaspberry Pi Zero Wならモバイルバッテリーで駆動しちゃいます。

動画の視聴もそうです。

専用機に仕立て上げれば、メインのパソコンやタブレットは別の用途で同時に使えます。モニターは24インチ程度であれば1万円台前半で手に入る時代です。

なんなら、各部屋別に設置しても大きな出費にはなりません。
これらのメディア消費系の用途にRaspberry Piは合っています。

もう一つ、インターネット専用とうのもアリです。家庭の誰でも使える状態にしておけば、ハッキリ言ってメンテナンス作業も必要ありません。仮に動作がおかしくなってもmicroSDカードを新しいのに入れ替えてしまえばOKというお手軽さです。

  • メディア消費
  • ネット専用端末
  • 家庭内サーバー

家庭内サーバーがとてもオススメなんですけど、これは他とは違い、スンナリ誰でもとはいかないでしょうから、少し調べてトライしてみてください。

ファイルサーバーサーバーにラズパイダでも人気の記事のOMV5がオススメです。

まだネットワーク機能について書き切れませんでした。ネットワークにぶら下がるデバイスとして、小さい筐体のRaspberry Piは本当にマッチしています。

この辺はまた別の記事でご紹介したいと思います。

以上、パソコンの代替として使うRaspberry Piのお話でした。

スポンサーリンク
ラズパイダ

お知らせ

おすすめセット品
これまでラズパイをたくさん購入してきたラズパイダがおすすめするセット品とアドバイスをご紹介!

コメント ご感想をお願いします。

タイトルとURLをコピーしました