ラズパイにSSDやHDDを繋ぐフォーマット形式はExt4【PR】

公式Raspberry Pi OS

Raspberry PiではmicroSDカードをフォーマットしてOSを書き込みます。基本はFAT32形式です。

最新のRaspberry Pi 4はUSB3.0に対応しており、外付けのHDDやSSDを繋げて保存領域として実用的です。また、「ラズパイ4をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)」でもご紹介したようにRaspberry Pi OSをSSDに置くことができるバージョンは、次のリリースから正式になるでしょう。(現在ベータ版)

ラズパイに限った話ではなく、フォーマットやパーティション操作に不慣れな人はサードパーティ製ツールを使うことをおすすめします。コマンドで謝って消したりするからです。

FAT32、Ext4とか「ちょっと何言っているのか分からない」という人はGUIのツールを使うことをおすすめします。多少は分かりやすいかと思います。

初心者にフォーマットの話は難しい

玄人はfdiskコマンドでパーティションを操作します。しかし、私も慣れません。コマンドだとどうしても間違えてしまう気がするからです。

非エンジニアが故にケアレスミスも多くて、うっかり10分の1のサイズにしてしまったり…。

だから、できるだけGUIのツールを使うようにしています!

Windows10にもmacOSにも最初からディスク管理のシステムツールがありますけど、各社の思惑があるため制限があります。自由に自分でフォーマットの形式を選べたり、パーティションの操作もできるサードパーティ製GUIのツールを利用しましょう。

無料の機能だけでも十分に使える「MiniTool Partition Wizard無料版」はWindows用です。

フォーマット形式を選ぶ

今回、Windows10環境の下、使っていない古いHDDをラズパイの保存領域として復活させるべく、新たにパーティションを切り直してフォーマットしてみました。

パーティションの操作のため繋げたHDD

ラズパイでWindowsやMacと同じような大容量記録メディアを利用するならExt4形式が良いでしょう。

RaspberryPiはOSがLinuxなので「Ext4」が一般的なフォーマット形式です。「exFAT」ならばWindowsでも読み込めますが、暗号化されず権限をコントロールできません。

  • Windows10 → NTFS
  • macOS → APFS
  • Linux → Ext4

Ext4にフォーマットする際、ついでにパーティションも切ってみました。Windows用にNTFS領域を半分設け残りをExt4にしました。Windows用のバックアップとしても使いたいからです。NTFSならば、無料版でもあとから変更も簡単です。

ラズパイ保存用にExt4形式でフォーマット

microSDのフォーマット利用に

microSDカードのフォーマットにも良さそうです。そもそもいつも使っているSDメモリカードフォーマッターだと、32GB以上のmicroSDカードは自動的にexFAT形式でフォーマットされます。MiniTool Partition Wizardなら128GBのmicroSDカードもFAT32を選んでフォーマットできます。

microSDカードのフォーマットにも

このフォーマットに関して、MiniToolの公式サイトに「Raspberry Piで 使うSDカードのフォーマット-FAT32に再フォーマット」で分かりやすく載っていました。

ラズパイダでも一度取り上げています。「なぜRaspberry Pi では32GBまでのmicroSDカードと言われるのか」合わせてどうぞ。

フォーマットだけなら無料版でもいい

microSDカードの価格からも64GBや128GBを使うことが多くなってきました。ラズパイの場合、通常のPCと同じにはならないため、あまり大きな容量は必要ありません。

それでもカメラモジュールを扱えば、タイムラプス動画や監視カメラなど高画質のPNG、JPEG、動画ファイル(mov)などが容量を食います。

WindowsでもmacOSでも32GB以上のmicroSDカードはexFAT形式になってしまうので、単純にFAT32形式のフォーマット、Ext4形式のフォーマットでもGUIツールがあると便利だと思います。

MiniTool Partition Wizardは思ったよりも使いやすくて驚きました。無料版なのですべての機能は試せませんが、NTFSとFATならば基本的な操作は可能です。

非力なStick型PCに繋いだHDDでも快適に操作できました。パーティション操作やフォーマットが少し難しいな、と感じている人は一度試してみてはいかがでしょう。

MiniTool Partition Wizard

ラズパイダ

ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 はじめて向け
  1. ラズベリーパイは小さなホームサーバーに最適、自分好みはプライスレスな4選

  2. あのMX LinuxがRaspberry Pi 向けイメージMXFBPをリリース

  3. OMV5のアップデートエラー回避

  4. Raspberry Pi Pico マイコンボード、僅か4ドルで登場

  5. お掃除ルンバのアイロボットから教育用ロボット「Root」発表

  1. お掃除ルンバのアイロボットから教育用ロボット「Root」発表

  2. 【初心者向け】Raspberry Pi 4との接続方法(電源、HDMI)

  3. 【初心者向け】はじめてRaspberry Pi OS をダウンロードする人へ

おすすめの記事

  1. あのMX LinuxがRaspberry Pi 向けイメージMXFBPをリリース

  2. Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  3. Raspberry Pi とLibreELEC9.0で作るAmazonプライム・ビデオプレイヤー

  4. これも動く、風変わりなOS〜Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  5. ラズパイ4にも対応している軽量でクールなOS「Manjaro」はアリ

  6. 正式にUbuntuがラズパイ4に対応(Ubuntu 20.10)

今月の人気記事

  1. 1

    Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  2. 2

    ラズパイ4をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)

  3. 3

    初心者でもラズパイでNASサーバーを作ってみよう!

  4. 4

    Raspbian のWi-Fi設定(Raspberry Pi 初期設定)

  5. 5

    Raspberry Pi 4の初期設定2020年版

  6. 6

    Raspberry Pi 4を起動したのにモニターに画面が映らない対処法

  7. 7

    ラズパイ4はPCライクな性能になったけどPCではないよという話

  8. 8

    ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  9. 9

    Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  10. 10

    ラズパイで使うmicroSDカードの選び方

記事ランキングページ

TOP