ラズパイのフォーラムはじめました

雑誌連動のラズパイ環境センサーボード

シェルスクリプトマガジン57 周辺機器
この記事は約2分で読めます。

シェルスクリプトマガジンはプログラム初心者には縁の無い雑誌でしょう。(私も同じで特集によっては立ち読みする程度です)最近はパソコン関連雑誌もラズパイを扱うことが多くなりました。

今回のVol.57では、「Raspberry Pi」のオリジナル拡張ボード第2弾として「ラズパイセンサーボード」が雑誌連動で発売されました。

このセンサーボードには湿温度・気圧センサー、ガスセンサー、明るさセンサーを搭載しています。特集1では、サンプルプログラムを基にしてラズパイセンサーボードの使い方を紹介します。  特集2では、プログラミング言語「Python」の標準ライブラリに含まれる便利で役立つモジュールを9個紹介します。機能が豊富なため、初心者には使い方が分からないものもあります。実際の活用方法を含めながら、分かりやすく解説します。

 

雑誌との連動ですが、お近くの書店では雑誌だけだと思います。ボードとセットで税抜き5,980円です。Amazonで購入した方が確実です。(田舎では特に置いてないでしょう)

湿温度・気圧センサー、明るさセンサーはよくありますが、ガスセンサーというのはスゴイです。このガスセンサーではアンモニア、水素、アルコール、CO、メタンなど有機揮発性気体を測定可能な高精度デルタシグマA/Dコンバータを実装しているそうです。「このガスセンサーは使用時高温になります。火傷等にご注意ください」というのもスゴイ・・・。

 

このセンサーボードは組み立て済みです。

まさに学習するにはもってこいですね。このボードだけでも購入できます。しかし、説明書や解説書は付属していません。これは雑誌との連動ですから、雑誌がその役割を果たしています。雑誌とセットで買わないと意味ありません。

対応機種はRaspberry Pi 3B系のみです。

 

先ずは雑誌だけでも満足するかも知れません。

コメント