Raspberry Pi各モデルのリビジョンを調べるコマンドとリビジョンのルール

Raspberry Pi 4B

Raspberry Piモデルには、ユニーク(一意)のリビジョンコードがあります。Raspberry Piのリビジョンコードを知るにはコマンドで一発です。

cat /proc/cpuinfo

実は、Raspberry Pi 4Bはワールドワイド版と日本の技適取得版とではリビジョンが異なります。

もっと言うと、電源からの給電にあった初期不良がハード的に改善されているバージョンと言えます。ただ、フラッシュROMであるEEPROMのアップデートにより、発熱問題などは既に解決しています。旧版のハードではケーブルを選ぶという点は残ります。(※安い品が適合する)

恐らく現在に手にできるRaspberry Pi 4Bは、殆どが既に日本の技適取得後のパッケージになっていますので、リビジョンは「c03112」となっていると思います。

余談

Type-Cケーブルの仕様としてeMakerというチップが入っています。むしろコレが入っていないのは規格に合っていないのですが、本来Type-CはUSB3.1などですが、実はUSB2.0の規格のままの場合はこのeMakerチップが入っていないのです。つまり、100円均一などのType-CはUSB2.0ケーブルなら給電だけで使えるということです。なんだかなー。

リビジョンやOSの調べ方

冒頭のリビジョンの他にインストールされているOSのバージョンなんかも簡単です。

OSのバージョンを調べるコマンド

cat /etc/os-release

PRETTY_NAME="Raspbian GNU/Linux 10 (buster)"
NAME="Raspbian GNU/Linux"
VERSION_ID="10"
VERSION="10 (buster)"
VERSION_CODENAME=buster
ID=raspbian
ID_LIKE=debian
HOME_URL="http://www.raspbian.org/"
SUPPORT_URL="http://www.raspbian.org/RaspbianForums"
BUG_REPORT_URL="http://www.raspbian.org/RaspbianBugs"

こんな感じでBusterと分かります。

更にLinux自体のバージョンは

uname -a

Linux raspberrypi 4.19.50-v7l+ 〜

検索して絞り込む

冒頭のコマンド(cat /proc/cpuinfo)では、CPUが4コアあるので、ズラズラと4つのCPU情報が表示された後、最後の方に、Hardware(ハードウェア)、Revision(リビジョン)、Serial(シリアル)と出てきます。

2020年現行のRaspberry Pi 4Bであれば・・・。

Hardware:BCM2835
Revision:c03112
Serial:10000000XXXXXXX(※シリアルは一意です)
Model:Raspberry Pi 4 Model B Rev 1.2

それぞれ、HardwareはCPUのモデル、Revisionはリビジョン、つまりバージョン、そしてSerialは個体に振られた一意の番号です。シリアルナンバーということです。
最後にModel(モデル)とあり、ここにモデル名とバージョンが表示されます。

このようになります。

しかし、リビジョンだけ知りたいなら検索させましょう。

cat /proc/cpuinfo | grep Revision

こうすることで、Revisionの項目だけ抜き出して1行で表示可能です。

Revision        : c03112

このようにコマンドの後に|(パイプ)を挟んでその後のコマンドを追加できます。
よくある使い方なので、覚えると楽です。

検索なら「〜|grep 文字列など」

そして、次にこのRevisionを調べると面白いので、別に覚えなくても知っておくと・・・少しは為になるかと思いますのでご紹介します。

まぁ、雑学ではあります。

Revisionは16進数

こういう話は、あまりコンピューターに詳しく無い人程、興味が沸くかと思います。実はここでも2進数や16進数という話になっているわけです。

リビジョンの値は16進数です。

例えば、2020年最新のリビジョンがRaspberry Pi 4B v1.2となり、「c03112」です。まぁ、意味がある番号だとは察しが付くと思います。

では、これを2進数に直してみましょう!

110000000011000100010010

分かりにくい数字の羅列ですが、2進数なので0と1で表現されます。

以前にも2進数について触れました!

https://raspida.com/ipaddress-netmask

この並びはルールが決められていて並んでいます。

このルールというのは公式ページに載っています。

 公式https://www.raspberrypi.org/documentation/hardware/raspberrypi/revision-codes/README.md

uuuuuuuuFMMMCCCCPPPPTTTTTTTTRRRR

こういう並びとなっていて、それぞれが基板の情報を表し、それを並べているということです。

では、先程の数字と一緒に並べてみます。(都合上、縦に並べます)

桁数意味選択肢
16進数
リビジョン
2進数
16進数
uuuuuuuu未使用ーーーーーー
Fフラグ1:新しい
0:古い
11
MMM搭載
メモリー
0: 256MB
1: 512MB
2: 1GB
3: 2GB
4: 4GB
1004
CCCC製造元0: Sony UK
1: Egoman
2: Embest
3: Sony Japan
4: Embest
5: Stadium
00000
PPPPプロセッサー
CPUの種類
0: BCM2835
1: BCM2836
2: BCM2837
3: BCM2711
00113
TTTTTTTTモデル
タイプ
0: A
1: B
2: A+
3: B+
4: 2B
5: Alpha (early prototype)
6: CM1
8: 3B
9: Zero
a: CM3
c: Zero W
d: 3B+
e: 3A+
f: Internal use only
10: CM3+
11: 4B
1000111
RRRRリビジョンver 1.0や1.2など00102
よく見ると・・・モデルタイプの7とbが欠番になってる?!

表のように16進数の選択肢を選んで、それを2進数に直した物が0と1の羅列と表せます。

これらを全桁で16進数に直すと先程の「c03112」となるわけです。決められた桁も合わせますから、最大桁に満たない場合は0で埋めます。(4は004など)

uuuuuuuuFMMMCCCCPPPPTTTTTTTTRRRR
16進数未使用100400000003000000110002
2進数未使用110000000011000100010010

リビジョン番号はv1.2でも2と入っているだけですね。

他のモデルのリビジョンは?

では、日本で買える主な歴代ラズパイモデルのリビジョンを並べてみます。

リビジョンコードモデルタイプバージョンメモリー製造元
c031124B1.24GBソニー UK
c031114B1.14GBソニー UK
b031114B1.12GBソニー UK
a031114B1.11GBソニー UK
a020d33B+1.31GBソニー UK
a320823B1.21GBソニー 日本工場
a020823B1.21GBソニー UK
9000c1Zero W1.1512MBソニー UK
900093Zero1.3512MBソニー UK

中から3B+を例にして確かめ算をしてみましょう。

「a020d3」が3B+のリビジョンなので、これを2進数に直して並べてみます。

1 010 0000 0010 00001101 0011
F MMM CCCC PPPP TTTTTTTT RRRR

これを決められた桁毎に2進数から16進数へ変換すると・・・。

各項目の16進数選択肢の中身
M=22: 1GB
C=00: Sony UK
P=22: BCM2837
T=1Dd: 3B+
R=31.3

このようにソニーUKで製造されたRaspberry Pi 3B+のバージョン1.3と分かりますね。

ハードウェアバージョンは未だにBCM2835

Raspberry Pi 4Bのcpuinfoにあるハードウェアバージョンが、BCM2835になっていることが解せませんでした。

海外の掲示板によると、Raspberry Pi 4BのチップはBCM2711だけども、ハードウェアに記録された物を表示していて、それは32bitリビジョンにおけるビットフィールドのせいだとありました。

よく分かりませんが、ラズパイは32bitの基板で、OSが64bitの場合、下位互換するためにそのままにしてあるという意味らしいです。

BCM2835系には違いないので、まぁ、「細けぇこたぁーいいんだよ」ってことなのかな?? ちょっと混乱しますね。

だから、間違いないので気にしないで良いです。はい。

以上、リビジョンを調べてみたら面白かったというお話でした。簡単に調べられますので試してみてください。

公式https://www.raspberrypi.org/documentation/hardware/raspberrypi/
参考https://github.com/pimoroni/RPi.version

ラズパイダ

ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 はじめて向け
  1. あのMX LinuxがRaspberry Pi 向けイメージMXFBPをリリース

  2. OMV5のアップデートエラー回避

  3. Raspberry Pi Pico マイコンボード、僅か4ドルで登場

  4. お掃除ルンバのアイロボットから教育用ロボット「Root」発表

  5. 【海外】プライステーション2の中にラズパイ4を組み込んで多目的マシン

  1. お掃除ルンバのアイロボットから教育用ロボット「Root」発表

  2. 【初心者向け】Raspberry Pi 4との接続方法(電源、HDMI)

  3. 【初心者向け】はじめてRaspberry Pi OS をダウンロードする人へ

おすすめの記事

  1. TwisterOSで懐かしのWindows、最新macOSの見た目でラズパイを使う

  2. ラズパイで実用的な物を作るなら特化したOSから始めてみよう

  3. 非公式のLinuxディストリビューション〜Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  4. 期待が高まるWindowsに似ている新しいLinuxのフレーバー「Endless OS」がRaspberry Pi 4用に登場予定

  5. ラズパイ4にも対応している軽量でクールなOS「Manjaro」はアリ

  6. あのMX LinuxがRaspberry Pi 向けイメージMXFBPをリリース

今月の人気記事

  1. 1

    Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  2. 2

    ラズパイ4をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)

  3. 3

    初心者でもラズパイでNASサーバーを作ってみよう!

  4. 4

    Raspbian のWi-Fi設定(Raspberry Pi 初期設定)

  5. 5

    Raspberry Pi 4の初期設定2020年版

  6. 6

    Raspberry Pi 4を起動したのにモニターに画面が映らない対処法

  7. 7

    ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  8. 8

    Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  9. 9

    ラズパイ4はPCライクな性能になったけどPCではないよという話

  10. 10

    ラズパイで使うmicroSDカードの選び方

記事ランキングページ

TOP