Raspberry Pi OSアップデート9/6版リリース、バグ修正とPythonで扱えるPicamera2ライブラリの追加

現地時間の9/6に公式Raspberry Pi OSがアップデートされました。前回から5ヶ月ぶりの更新で、バグ修正がメインです。

唯一、新しい機能としてPythonで使うPicamera2ライブラリが追加されました。これまでのlibcameraよりも機能が豊富です。

また、ネットワーク設定のモジュールであるNetworkManagerについて言及されています。しかし、まだテスト的な要素があるのでデフォルトでは機能しません。

今回のアップデートが気になる人に向けてご紹介します。

2022.9.14 検索機能の補足を追記しました。

この記事の主な流れ

リリースノート

リリースノート原文と翻訳は次の通りです。

アップデートはバグ修正や調整の内容です。メインメニュー内に検索窓の追加されます。タスクバーにマイクのボリュームコントロールが追加されます。これらは見た目が変わることになりますが、他のほとんどは目に見えない変更点です。バグに悩まれていた人には嬉しいものの、悩んでいなかった人には変化に気が付かないでしょう。

特定条件で起こるファイルマネージャーのCPU100%解消など、意外と重要なバグ修正も含まれています。

2022 年 9 月 6 日:
lxpanel - テキスト検索を備えた新しいメイン メニュー プラグイン

lxpanel - マイク音量と入力選択を備えた新しい個別のオーディオ入力プラグイン

lxpanel - wifi および bluetooth プラグインを開くためのキーボード ショートカットが追加されました

lxpanel - 通知は、起動後およびそれぞれの間に短い遅延で表示されるようになりました

rc_gui - 有効なホスト名のみを設定できるようにする

piwiz - ユーザー名として「root」を使用できなくなりました

gtk3 - 描画後にメニューのサイズを変更できるようになりました

raspi-config - dhcpcd と Network Manager を切り替えるオプションが追加されました

lxpanel - Network Manager と互換性のある新しいネットワーク プラグインが追加されました

piwiz - Network Manager との互換性が追加されました

バグ修正 - デスクトップ アイテムがマウント解除されたときのファイルマネージャーでの 100% の CPU 使用率

バグ修正 - ウィンドウ マネージャーがインターナショナル キーボード レイアウトの切り替えを妨げていた

バグ修正 - システム トレイの再描画がより堅牢に

バグ修正 - さまざまな lxpanel プラグインで翻訳が表示されない

バグ修正 - アップデータ プラグインが x86 イメージで失敗する

バグ修正 - rfkill でブロック解除されたときに Bluetooth ハードウェアの電源を強制的にオンにする

バグ修正 - rc_gui のメッセージ ボックスが正しく中央に配置されない

バグ修正 - Wayland と X11 間のセッションの切り替えがより堅牢になりました

バグ修正 - raspi-config での ALSA デバイスの切り替えがサードパーティ デバイスと互換性を持つようになりました

NetworkManager をインストール (デフォルトでは無効)

フル イメージに OpenJDK 11 ではなく OpenJDK 17 をインストールする

picamera2 をインストール

metadata_csum オプションを使用してルート パーティションをフォーマットする

パフォーマンスをわずかに向上させるために、クラスタごとに 4 セクタでブート パーティションをフォーマットします

ブート パーティションから「フラッシュ」マウント オプションを削除

Raspberry Pi firmware 48cd70fe84432c5d050637b61e4b7b9c831c98bf

Linux kernel 5.15.61

https://www.raspberrypi.com/software/operating-systems/

既存のBullseyeから更新

既に使用しているRaspberry Pi OS Bullseyeからの更新は、いつものアップデート&アップグレードコマンドで可能です。

sudo apt update && sudo apt full-upgrade

ただ、ネットワーク設定に使用されているdhcpcdからNetworkManagerへの切替は、sudo raspi-configから変更する必要があります。

個別にインストールするコマンドはaptです。

sudo apt install network-manager

新しいイメージファイル

これまで同様に、新しいイメージファイルをmicroSDカードに書き込む場合は、更新がすべて適用されています。しかし、NetworkManagerだけはデフォルトで機能していません。コレまで通りにdhcpcdが司り、任意で切り替える必要があります。

v1.7.2からv1.7.3へ

これに合わせてOSを書き込むツール「Raspberry Pi Imager」もv1.7.3がリリースされています。

Picamera2

Raspberry Pi には専用のカメラモジュールが販売されています。bullseyeからlibcameraに置き換えられました。更に今回のアップデートからPicamera2がインストールされます。

変遷:raspistill → libcamera → Picamera2

カメラモジュールを使用するには、config.txtにdtoverlayを記載する必要があります。カメラモジュール毎に値が異なります。

Camera ModuleIn /boot/config.txt
V1 camera (OV5647)dtoverlay=ov5647
V2 camera (IMX219)dtoverlay=imx219
HQ camera (IMX477)dtoverlay=imx477
IMX290 and IMX327dtoverlay=imx290,clock-frequency=74250000 or
dtoverlay=imx290,clock-frequency=37125000 
(両方のモジュールが imx290 カーネル ドライバーを共有します。
正しい周波数については、モジュール ベンダーの指示を参照してください。)
IMX378dtoverlay=imx378
OV9281dtoverlay=ov9281

Picamera2の詳細な説明書は、数日中に完成するとありました。現時点でも下書きとしておよそまとまっていました。元記事中にPDFへの直リンクがあります。

PDF:https://datasheets.raspberrypi.com/camera/picamera2-manual.pdf

カメラモジュールは、公式以外にサードパーティー製も存在します。

\最大10%ポイントアップセール!/
Amazonで詳しくみる

ラズパイダ内のカメラモジュール記事は、raspistillコマンド時代のものです。bullseyeではエラーになります。古いOSでない限り、参考程度に留めてください。

検索機能が付いた

メニューにインクリメンタルサーチが追加されたとあっても、検索窓が出ないけど?

検索窓を出すには、キーを入力することがきっかけになっています。分かりにくいですよね。

メインメニューボタンをマウスで押すか、キーボードのスーパーボタン(Windows用キーボードならロゴマーク)を押してメニューを表示させた状態で検索したいキーを押すと出てきます。

画面のような状態でキーを打ちます。

すると出てくる検索ボックス。

この例ではgキーを押すと出てきた

うーん、分かりづらい。

しかもアプリや設定しか検索できないので、あまり使い勝手は良くないと思います。

そう、Raspberry Pi OSってデフォルトで検索ができない! まぁ、検索するほどたくさんファイルは無いので支障は無かったけど。

これがテキストや画像といったすべてのファイル検索に進化してくれると助かりますが、9/6リリース時点ではまだアナウンスはありません。

今回のアップデートで感じること

引用元:https://www.raspberrypi.com/news/the-latest-update-to-raspberry-pi-os/

OS名がRaspbianからRaspberry Pi OSに変わりだいぶ経ちました。デスクトップ画面も数年前とは違い格段に良くなり、何よりも初期設定や各種設定がコマンドに頼らずユーザーフレンドリーになりました。

ここ1年はバグの更新が目立ちます。機能や設定が増えた影響でしょうか。今回触れられていたネットワークの設定は、現行のdhcpcdからNetworkManagerへ将来変更するとあります。Linuxの中では古い状態なんです。

今回のアップデートでNetworkManagerはインストールされますが、まだテスト的な意味合いで切り替わっていません。

NetworkManagerなら、VPNで接続、ホットスポット設定などの機能を使用するのに、設定ファイルやコマンドは必要無く設定できるようになります。スタンダードなNetworkManagerへの変更は歓迎できます。

次回の更新から標準仕様になってくれると、ネットワーク設定が他のOS同様に楽になると思います。今回から任意で切り替えられますから試してみてはいかがでしょうか。

Rレッド

大変なのでしょうけどバグが多いよね、Raspberry Pi OS

Rグリーン

バグよりも気軽に買えないことが問題だ

参考:https://www.raspberrypi.com/news/the-latest-update-to-raspberry-pi-os/

シェアする
  • URLをコピーしました!

この記事のコメント(承認後に公開)

コメント一覧 (2件)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。名前は表示されます。メールアドレスは表示されません。

CAPTCHA

この記事の主な流れ