Raspberry Pi は一般的なPCのハードディスクにあたる部分がmicroSDカードになっています。そのためOSをインストールするには、microSDカード

以前までは公式ではなく有名な書き込みソフトウェアを使う方法が一般的でした。Etcher(balenaEtcher)が有名です。

2020年以降、公式のRaspberry Pi 財団側からツールソフトウェアがリリースされました。「Raspberry Pi Imager」です。

Raspberry Pi Imger

Raspbianのなどの書き込み総合ソフト「Raspberry Pi Imager」がリリース

ツールソフトはマルチプラットフォームで動作します。Windows版、macOS版、そしてUbuntu版(Debian系Linux)と3種類あります。

もちろんRaspberry Pi OSでも使えます。この場合はコマンドでインストール可能です。

sudo apt install rpi-imager

Raspberry Pi OS のインストールは、公式ツール1つだけでOK

他のツールでも可能(Etcher)

公式からリリースされたOSイメージ書き込みソフトウェアはRaspberry Pi OSだけではなく、サポートしているOSは同じく書き込めます。

また、FAT32へフォーマット(削除)やカスタムとしてメニューにないOSの書き込みにも対応しています。

Raspberry Piで動くOSは何でもOKではありません。microSDカードへの書き込みは出来るということです。

Raspberry Pi Imagerのメニュー画面

一方、単にmicroSDカードへOSイメージファイルを書き込む意味では、他のツールでも同様に可能です。

有名なのは「Etcher」です。

途中から「balenaEtcher」と名前が変更になっています。主な機能はこれまでと同じです。

balenaetcher

Raspberry Pi Imagerと同様に3ステップで完了します。簡単ですね。

balenaEtcherでOS「Raspbian」を書き込む

NOOBSは特殊なケース

microSDカードへOSを書き込むことに以前は公式Raspberry Piでは「NOOBS」を推奨していました。しかし、Raspberry Pi Imagerの登場により初心者でも難しくなくOSは書き込むことが可能になりました。

NOOBSは厳密に言うとOSの書き込みソフトウェアとは言えません。書き込むことにはなりますが、どちらかと言うとOSインストールランチャーに近い部分があります。

microSDカードにNOOBSを入れておけば、基本のRaspberry Pi OSに限り、インターネットへの接続が無くてもインストール可能です。

もしくは改めてツールをダウンロードせずにRaspberry Pi OSのインストールが始められるメリットがあります。

デメリットは基本のRaspberry Pi OSと一部OS以外は、NOOBS側でネットからダウンロードをおこなうことと、考えられないくらい終了するまで時間がかかる点が挙げられます。

ラズパイダとしてもRaspberry Pi OS Imagerを強くおすすめします。

NOOBSも特殊なケースでは重宝すると思います。

TOP