\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

Raspberry Pi へOSのセットアップ方法

購入したRaspberry Pi を使うにはmicroSDカードへOSを書き込んで使います。基本は公式のOSである「Raspberry Pi OS」というLinux(Debian)系のOSとなります。

いくつかのLinux系OSはRaspberry Pi 用も開発しています。Ubuntuが有名です。

STEP
「Raspberry Pi Imager」のダウンロード

STEP
microSDカードへ任意のOSを書き込む

STEP
起動後の初期設定ウィザードで設定する

STEP
Raspberry Pi を使う

統合型ツールソフトのダウンロード

2020年からはOSのイメージをダウンロードするのではなく、ダウンロード&インストール&フォーマットをまとめてできる統合型ツールソフトを公式サイトからダウンロードします。

1つのソフトウェアで済んでしまうのは簡単になりました。

microSDカードへ書き込む

「Raspberry Pi Imager」ならば、必要に応じて指定したOSの最新版をダウンロードしmicroSDカードへ書き込んでくれます。簡単ですね。

Raspberry Pi Imagerにもフォーマット(削除)の機能が付いています。それ以外でフォーマットするなら「SDカード フォーマッター」がおすすめです。

初期設定ウィザード

書き込んだmicroSDカードをRaspberry Pi本体に差し込み、USB電源をコンセントに差し込むとRaspberry Piが起動します。

一般的なパソコンのような電源ボタンは付いていません。電源を切るのはスタートボタンからシャットダウンを選んで終了させます。これは一般的なパソコンと同じです。

初回の起動時に画面が出た後、初期設定ウィザードが出てきます。

以前と異なり、ウィザードである質問に答えていく形で初期設定が済んでしまいます。

もしも間違えても大丈夫です。もう一度始めることも可能です。

Wi-Fiの設定で悩んだら・・・

もしもWi-Fiの設定が上手くいかない時に読んでもらいたい記事です。