Raspberry Pi(ラズパイ)を海外から購入する場合の注意点

Raspberry Pi財団はイギリスです。主に2社が直受けで生産していて、定価はドルで表記されます。海外、特にご紹介する2店舗はイギリスです。

イギリスの2店舗は日本にも発送してくれます。ただ、注意しないといけないことがあります。もしも海外のお店からRaspberry Pi関連を購入したい方のために、知っておいた方が良い情報として残しておきます。

目次

拡張基板や収納ケースがオススメ

海外から購入する際、最も重要なことに技適の問題があります。Raspberry Pi は基本的にWi-Fiが搭載されているため、どうしても電波法の認証がないと使用できません。

つまり、Raspberry Pi本体は避けて購入すれば適法というわけです。

意外と知られていないのは、公式の電源アダプターは1つも日本の技適は通過していません。気をつけましょう。

では、海外のネットショップを利用するメリットは無いじゃないか?と思われますが、実はPimoroni独自の拡張基板(HAT)やキットを販売しています。PiHutも同じように独自キットがありますので、魅力的なんですね。

また、どうしても送料がそれなりにかかる点は致し方有りません。更に到着まで日数がかかりますし、最悪、届かない、どこか行ってしまった!というトラブルも海外では付きものです。

この辺は理解して購入しましょう。

  1. 技適
  2. 送料
  3. 到着期間

特に技適については、未取得の機器は日本国内で違法となります。未取得の機器は特例制度を利用も検討しましょう。

そのため、技適が関係ないRaspberry Piの収納ケースなどは大丈夫です。

イギリスにあるRaspberry Piを送ってくれるネットショップ

他にもあるのでしょうけど、実際に購入したことのあるPimoroniとThe PiHutです。

基本は英語です。お使いのWebブラウザにある翻訳機能などを使えば、それなりに理解できるかと思います。

この後にお伝えしますが、コロナ禍の前と違い送料が上がっています。円安も手伝い、ここ数年は日本で購入した方が安くなっています。

VATは課税されない

注意ではなく知っておいて欲しいのがVATです。

VATというのは付加価値税といって、イギリス版の消費税です。20%が表示価格に含まれています。実際に支払う金額は20%安い金額となります。(内税の20%)

これはイギリス国外からの一部の国では徴収されません。日本は徴収されない国になっています。

カートに追加しただけではそのままで、住所を入力確定することで再計算されます。でも、確認してくださいね。

PimoroniのRaspberry Pi 4(4GB)場合

Pimoroniの例では、カート画面ではなく、サイト上部にあるJPYで表示すれば付加価値税は抜いてある円換算になっています。これは分かりやすいですね。

Pimoroniで£とドル、円と表記を変えてみた図

一方、Pihutはカート画面を進めていき、住所でJapanを選択し画面を進めると再計算された数字に変わります。こちらが一般的です。システムは同じ種類を使っていますからPimoroniも基本は同じです。

Pihutの場合
Pihutの場合

このように£26.9が£22.42になりました。

ただ、最終的に送料がかかる(値上がった!)ため、日本で購入できるなら、送料も含めるとあまり変わりません。

送料は値上がり

2020年のコロナ禍の影響から、どちらのお店も送料は値上がっています。仕方ありませんね。

どちらも同じような送料設定ではありますが、Pimoroniは重量や合計金額の都合で、いくらという表示がなくなりました。

一方、Pihutは何も選ばないスタンダート(追跡なし)の送料は£8と表記されています。

仮に£8なら、税込みなので日本円で約1,298円です。以前は日本円換算で800円くらいでした。もちろん、円とスターリング・ポンドの為替レートが関係します。

Pimoroniの送料例

この場合は£5

以前は、£50以上だったり、重量が増すと送料が変更になるという表がありましたが、現在はそれもなく、定型の送料価格の表示もなくなっています。

最終画面まで行かないと分からない状態です。このように£5が最低かなと経験則で思います。

Pihutの送料例

Pihutでは、£8、£16、£26の表記は配送情報に残っていました。こちらもPimorini同様、商品の大きさや重量によって変わる場合もあると思います。

5点くらい購入した時も£8でしたね。あまり多い・重いのは分かりません。

追跡(トラッキング)は付けたい

実際にPimoroniだけ荷物が行方不明になるトラブルがありました。連絡したらすぐに再送してくれたのに、だいぶ経ってから最初の行方不明の荷物が届くという申し訳ないような出来事もありました。

メールに通常の到着期間(概ね10日間)を超えて20日間くらい経過したら連絡をくれ、という感じだったので、20日間経過後に連絡した覚えがあります。海外ではよくあることです。このとき、トラッキング情報はない最安値の送料でした。

ただ、送料が値上がっているので、トラッキング付きだと£12.5(約2,027円)〜£16(約2,595円)くらいかかってしまいますね。んー、悩ましい。

コロナ禍の影響からか、VATの説明が異なる

ご紹介している2ショップは、どちらも日本へ発送してくれます。これは私が実際に購入しているので確かです。

ただ、送料の説明ページが更新されていて、Pimoroniだけ何やら課税されるような文言です。直近では購入していないので、正確には分かりません。カート画面では付加価値税は入っていない価格でした。

現在、EUのIOSSに登録されています。 150ユーロ以下のすべての注文(送料を除く)については、現地のVAT率で注文するとVATが徴収されます。これは、宅配業者が国境でVATを徴収する必要がなくなることを意味します。これは、これまでに見た多くの遅延の原因でした。

引用元:https://shop.pimoroni.com/pages/shipping-information
Pimoroniの場合

輸入関税
英国外にいる場合は、輸入税、消費税、または通関手数料がかかる場合があります。 私たちが販売する製品の大部分は、EUまたは米国の目的地への輸入関税を引き付けませんが、英国からあなたの場所に商品を輸入するための現地の要件を完全に認識していることを確認するのはあなたの責任です。
現地で予期せぬ料金が発生したため、返金はいたしかねます。 英国を出発するすべての貨物には、商業送り状を含める必要があります。 貨物の価値や内容を誤って報告することは決してありません。

引用元:https://shop.pimoroni.com/pages/shipping-information
pihutの場合

コロナ禍の前はどちらも同じ表現でした。コロナ禍の影響で何か一時的に変わったのでしょうか。実際のカート最終画面は何度か見直してみた方が無難ですね。

基本は日本へ付加価値税は徴収されません。

店舗価格には20%の英国のVATが含まれていますが、英国外から買い物をする場合、これらのVAT料金はチェックアウトプロセス中に削除されます(配送先住所を確認した後)

引用元:https://support.thepihut.com/hc/en-us/articles/360018453197-Brexit-EU-Changes

通貨レート変換手数料がかかる

海外のネットショップで購入するのに支払い方法に悩まれませんか?

昔とは違い、国際ブランドで便利なのはMasterCardだと思っています。昔はVISAでしたよね。JCBは海外のショップではほぼ使えません。

あと、PayPalは便利です。このPayPalにJCBCardを紐付けて使えます。

また、AmazonPayも対応しているショップ(というかシステム)が大半です。今回ご紹介した2ショップもJCB以外は結構使えます。

意外とバカに出ないのは、クレジットカードの手数料です。実は海外から購入する場合、現地の通貨で払う関係で、レート変換の費用がかかるのです。

と言っても金額は僅かなんですけど、このレートはクレジットカード会社毎に変わってきます。この2ショップで言えば、£払いということになります。その通貨変換レートが加算されますので事前に把握しておきましょう。

だから、合計£50が一般的なレート換算でいくらにはなりません。クレジットカード会社の分が乗るためです。
※この記事にある£と円の換算は一般的なレート換算値です。

Pimoroniの支払い方法
PiHutの支払い方法

AmazonPayはAmazonの管理画面から設定する必要があります。PayPalは事前に登録して口座開設するのに時間がかかります。

MasterCardかVISAの国際ブランドをお使いなら心配することはありませんね。


以上、Raspberry Pi関連商品を海外から購入するのに有名な2ショップでした。

追記:2022年もなかなか手に入らない

海外のショップからパーツ類を購入するご紹介をしました。しかし、現在は海外のネットショップでもRaspberry Pi は手に入りづらい状況が続いています。戦争も起きてしまい、余計に流通しない状態になると予想されます。

記事執筆時点でも、ご覧の通り基板である本体のほとんどが在庫なし(Out Of Stock)です。

Pimoroniのページ

こちらPiHutも同じです。

しばらく平常に戻りそうもありません。嫌な世の中でございます。はい。

目次