Raspberry Pi High Quality Camera

Raspberry Pi High Quality Camera
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

Raspberry Pi High Quality Cameraは、Raspberry Piにリボンケーブルで繋ぐカメラモジュールです。

これまでも単焦点レンズの付いたカメラモジュールがありました。(V1.3、V2.1※2016年4月〜はV2.1のみ)

新しいハイクオリティカメラモジュール

CおよびCSレンズマウントにより、限られますが、既存のカメラレンズが取り付けられます。

Raspberry Pi High Quality Camera
画像引用:https://www.raspberrypi.org/blog/new-product-raspberry-pi-high-quality-camera-on-sale-now-at-50/

三脚穴が付いた

V2までのカメラモジュールでは、カメラ基板を固定するのには別途にケースが必要です。

カメラの向き

しかし、今回は三脚マウント(1/4” -20)がありますので、手持ちの物で代用できます。

カメラレンズが重いので、当たり前と言えば当たり前です。逆に専用ケースは裏側を保護する物が望まれます。

カメラレンズは別売り

公式からもカメラレンズが発売されています。

逆に言うと、今回のカメラモジュールにはレンズが付属していません。

画像引用:https://www.raspberrypi.org/blog/new-product-raspberry-pi-high-quality-camera-on-sale-now-at-50/

広角6mmと望遠16mmでどちらもRaspberry Pi財団のテスト済みです。

カメラモジュール本体の小売り価格は6,600円〜、この2つのレンズは日本で3,300円〜、6,600円〜で販売されております。

海外で購入しても送料を考えるとほぼ変わりません。

カメラモジュール本体、レンズを購入すると、広角レンズで9,900円〜、望遠レンズで13,200円〜となり、Raspberry Pi 4B本体などのセットと合わせておよそ2万円以上になってしまいますね。

これまでよりもレンズ代が上乗せされるくらいの価格帯です。

スペックの比較

旧型カメラモジュールの比較です。

High Quality CameraV2V1
rpi-hightquality-camerapicamera-v2V2とV1
センサーSony IMX477Sony IMX219OmniVision OV5647
静止画
解像度
4056 × 3040 pixels
(12.33Mピクセル)
3280 × 2464 pixels
(8Mピクセル)
2592 × 1944 pixels
(5Mピクセル)
付属品リボンケーブル200mm
C-CS アダプター
リボンケーブル150mmリボンケーブル150mm
価格約6,600円〜
(レンズ含まず)
約3,850円〜メーカー販売終了
※価格は目安です。

ビデオ

主なビデオモードのスペックは同じです。

1080p 30fps
720p 60fps
640×480p 60/90fps

ただ、細かくはかなり異なります。センサーモードを含め動画については、以下のPicameraのページか、今回の公式ガイドブックが詳しいです。(英語)
少し専門的なので、ここでは省略しますね。

picamerahttps://picamera.readthedocs.io/en/release-1.13/

製品概要PDFhttps://static.raspberrypi.org/files/product-briefs/Raspberry_Pi_HQ_Camera_Product_Brief.pdf

操作は同じ

新旧共にコマンドで操作する方法は大きく変わりません。

画像はraspistill、ビデオがraspividです。

raspistill -o test.jpg

こちらの記事で実際に試しています。

raspistillコマンドでカメラモジュールを使う基本編
Raspberry Pi Zero W/WHにカメラモジュ...

リボンケーブルの表裏

毎回のように一瞬「ん?」と悩んでしまうのが、カメラモジュールとラズパイを繋ぐリボンケーブルの差し込み方向です。

ケーブルに青い色が付いている方をどちらにするか・・・。公式サイトでもガイドブックでも掲載されています。

この絵は分かり易いと思います。

簡単に言えば「3.5mmステレオジャック側が青、カメラ本体の裏側が青」のように接続します。

V1.3とV2.1を利用した当時の初めての感想は「かなり綺麗に撮れるじゃん?」でした。基板剥き出しのオモチャみたいなサイズ感で、静止画も動画もコマンドで操れるというのは新鮮でしたね。

今ならAI画像認識もトライできますし、単純に写真を撮るだけでも楽しめます。

タイムラプス映像などは上手く固定できれば手軽でオススメです。

パイレッド
パイレッド

レビューはこちら

ミラーレス一眼カメラの初心者はRaspberry Pi High Quality Cameraの画像で満足できた—ラズパイHQカメラとレンズのレビュー
ども。ミラーレス一眼カメラは初心者のラズパイダです。ラズパ...
Twitter、フォーラム、メールで購読
それぞれ更新情報をお伝えしています。
皆様のフォローをお待ちしています!
\ FOLLOW ME /
/ 最新記事をお知らせしています! \
ラズパイダ
タイトルとURLをコピーしました