スポンサーリンク

Raspberry Pi OS 64bitベータ版でrpi-eeprom-update

rpi-eeprom-0318公式Raspberry Pi OS
公式Raspberry Pi OS

bootloaderとUSB接続起動できるEEPROMのgithubサイトを覗いてみたら、ちょうどバージョンアップしていたので試してみました。2021年3月時点まだベータ版である64bit版Raspberry Pi OSを試している人に向けての記事です。

正式に64bit版が公開されたり、公式からの正式なバージョンアップを待ってください。

ここではダウンロードするリリースチャンネルを変更して実現しています。海外では変更によってシステムを再インストールしないとならない事例も報告されています。あまり強くはオススメできません。

通常通りにコマンドで実行しても、アップデートがあるとは出ませんでした。調べて対応したことをご紹介します。

※注意 64bit版Raspberry Pi OSをテストしている環境です。通常版に利用している人はあくまでも自己責任で行ってください。

スポンサーリンク

アップデートを確認する

念のため、いつものようにリポジトリをアップデート、そしてアップグレードしておきます。

sudo apt update && sudo apt upgrade -y

これで先ずはOSを最新にしました。

EEPROMはUSB接続のSSDドライブで起動するため、以前にインストールしていたので、アップデートで確認してみます。まだインストールしていない人は入れないとなりません。(sudo apt install rpi-eeprom

sudo rpi-eeprom-update

すると、以下のように表示されます。

BCM2711 detected
 VL805 firmware in bootloader EEPROM
 Checking for updates in /lib/firmware/raspberrypi/bootloader/default
 Use raspi-config to select either the default-production release or latest update.

 BOOTLOADER: up-to-date
 CURRENT: 2020年  9月  3日 木曜日 12:11:43 UTC (1599135103)
  LATEST: 2020年  9月  3日 木曜日 12:11:43 UTC (1599135103)
 RELEASE: default
 VL805: up-to-date
 CURRENT: 000138a1
  LATEST: 000138a1

CURRENT(現在): 2020年 9月 3日と出ています。その後のリビジョン番号は1599135103となっています。バージョンアップでこの日付と数字が上がっていくわけです。

ただ、LATEST(最新)とある部分も全く同じで、VL805: up-to-date(最新)とあるように、新しいバージョンが表示されません。

どうやらリリースチャンネルが違うようなのです。

スポンサーリンク

リリースチャンネルを変える

画像のように3/18に更新したバージョンがあります。

しかし、アップデートチェックしているのは先のログにあるように、defaultなんです。

プログラマーではないのでよく分かりませんが、このdefaultはcriticalとほぼ同じ意味で使われています。表記としては、default/critical らしい。

素人としてはstableが安定版と思ってしまいます。

バージョンアップをしたいので、リリースチャンネルを変更します。

sudo nano /etc/default/rpi-eeprom-update

ここに記載されているFIRMWARE_RELEASE_STATUSをstableに書き換えて再度バージョンアップコマンドを実行してみましょう。

FIRMWARE_RELEASE_STATUS="default"

↓

FIRMWARE_RELEASE_STATUS="stable"

先程と同じように、バージョンアップチェックをします。

sudo nano /etc/default/rpi-eeprom-update
BCM2711 detected
 VL805 firmware in bootloader EEPROM
 *** UPDATE AVAILABLE ***
 Checking for updates in /lib/firmware/raspberrypi/bootloader/stable
 Use raspi-config to select either the default-production release or latest update.
 BOOTLOADER: update available
 CURRENT: 2020年  9月  3日 木曜日 12:11:43 UTC (1599135103)
  LATEST: 2021年  3月 18日 木曜日 08:54:11 UTC (1616057651)
 RELEASE: stable
 VL805: up-to-date
 CURRENT: 000138a1
  LATEST: 000138a1

今度は出てきました。

アップデートチェック場所も4行目にstableとなっていて、アップデート可能の文字が見えます。日付も2021年 3月 18日、番号も1616057651に上がっています。

早速アップデートしてみました。

手動でupdateするには-aオプション

先に記載しておきます。現在のRaspberry Pi OSでは、すべて諸々をアップデートするのに便利なコマンドがあります。full-upgradeです。

sudo apt update
sudo apt full-upgrade
sudo reboot

基本はこの3行でOKです。

ここでは手動でEEPROMのファームウェアをアップデートするコマンドで実行します。

sudo rpi-eeprom-update -a
sudo reboot

アップデートするには、先程のチェックしたコマンドに、-aオプションを付ければOKというわけです。

公式Raspberry Pi 4 boot EEPROM

sudo rpi-eeprom-update -a
BCM2711 detected
 VL805 firmware in bootloader EEPROM
 *** INSTALLING EEPROM UPDATES ***
 Checking for updates in /lib/firmware/raspberrypi/bootloader/stable
 Use raspi-config to select either the default-production release or latest update.
 BOOTLOADER: update available
 CURRENT: 2020年  9月  3日 木曜日 12:11:43 UTC (1599135103)
  LATEST: 2021年  3月 18日 木曜日 08:54:11 UTC (1616057651)
 RELEASE: stable
 VL805: up-to-date
 CURRENT: 000138a1
  LATEST: 000138a1
 BOOTFS /boot
 EEPROM updates pending. Please reboot to apply the update.

3行目に*** INSTALLING EEPROM UPDATES ***とあり、最後の行にアップデートを適用するには再起動しろとあるので再起動します。

再起動後に再び確認してみます。

三度、アップデートチェック。

sudo rpi-eeprom-update
 BCM2711 detected
 VL805 firmware in bootloader EEPROM
 Checking for updates in /lib/firmware/raspberrypi/bootloader/stable
 Use raspi-config to select either the default-production release or latest update.
 BOOTLOADER: up-to-date
 CURRENT: 2021年  3月 18日 木曜日 08:54:11 UTC (1616057651)
  LATEST: 2021年  3月 18日 木曜日 08:54:11 UTC (1616057651)
 RELEASE: stable
 VL805: up-to-date
 CURRENT: 000138a1
  LATEST: 000138a1

このように、現在と最新の日付が同じになりました。UTCの後にある番号が変更されました。

2020年 9月 3日 木曜日 12:11:43 UTC (1599135103)

2021年 3月 18日 木曜日 08:54:11 UTC (1616057651)

リリースもstableですね。

Firmwareアップデート内容

アップデート内容は難しいと思います。私も詳しく分かっていません!ただ、9月3日から更新していないので、バグも治ったのかなと期待してアップデートしました。テスト用として稼働させている64bit版のため、できることが増えていればいいなと思ったからです。

普通に利用している人は、試す必要はありません。詳しくはリリースノートを読んでください。

githubRaspberry Pi4 bootloader EEPROM release notes

正式が待たれる

別の記事でご紹介しますが、2020年にRaspberry Pi Imagerから直接SSDドライブメディアに書き込めるようになっていました。

そして、先のRaspberry Pi Imager v1.6からは、隠しオプションで指定もできます。

これで64bit版Raspberry Pi OSが正式にリリースされれば、かなりデスクトップPCライクなマシンに仕上げることも簡単になりますね。SSDドライブ起動なら実用的です。

USB接続のSSDドライブ起動は、非エンジニアの人にとって少し難しいと思われます。私がトライした記事はお陰様でたくさん読まれています。同じように実現してみてください。

EEPROMのバージョンアップについてでした。

※注意 64bit版Raspberry Pi OSをテストしている環境です。通常版に利用している人はあくまでも自己責任で行ってください。

Raspberry Pi OS 64bit版

ベータ版である64bitのRaspberry Pi OSのダウンロード先URLは以下です。
現時点では8月24日版が最新でした。

Index of /raspios_arm64/images

raspios_arm64-2020-05-28/ 2020-05-28 06:01
raspios_arm64-2020-08-24/ 2020-08-24 18:56

(おまけ)リビジョンについて

Raspberry Pi 4GBと8GBの区別が付かず、あれ?これって4GBだっけ?8GBだっけ?という時は、サクっとリビジョンを調べてください。

cat /proc/cpuinfo

ダラダラっと長く表示されますが、一番最後に記載されています。

Hardware    : BCM2835
Revision    : c03114
Serial      : 1234567890123456(シリアルの値)
Model       : Raspberry Pi 4 Model B Rev 1.4

リビジョンだけ知りたいなら、grep検索で。

cat /proc/cpuinfo | grep Revison

Raspberry Piのリビジョン

よく使うRaspberry Pi 4や3B+のリビジョンはこうなっています。(記事公開時点)

リビジョンコードモデル名リビジョン搭載メモリーメーカー
a020d33B+1.31GBSony UK
c031114B1.14GBSony UK
c031124B1.24GBSony UK
c031144B1.44GBSony UK
d031144B1.48GBSony UK
c03130Pi 4001.04GBSony UK

リビジョンコードの最後の2桁はリビジョンそのものです。先頭の英字はcが4GB、dが8GB、031が4Bなので、ケースにしまって見えない基板も直ぐに分かります。覚えておける桁数です。

公式Raspberry Pi revision codes

\ 初めてのRaspberry Pi はセットで始めよう /
NewLife NewDesingストア

2台目にも最適な最小基本セット!

\ 初めてのRaspberry Pi はセットで始めよう /
NewLife NewDesingストア

2台目にも最適な最小基本セット!

スポンサーリンク
ラズパイダ

コメント ご感想をお願いします。

  1. jazzwalker より:

    64bit正式版を待つことにします。

    早く、raspistill を使えるようにしたいです。

タイトルとURLをコピーしました