次世代E-ink カラー電子ペーパーはRaspberry Pi でも利用できそう

特集記事

Raspberry Pi 関係で気になった情報をお届けします。E-Ink社が新たにカラー電子ペーパーを市場に出そうとしています。

最初に知ったのは海外の記事でして、調べてみると日本で11月に「Wacom Connected Event」というイベントがあり、そこでブース展示した様子です。あのワコムですか。ほう、持っていましたよタブレット。

現在ではKindle Paperwhiteなどが有名ですし、身近になりました。Raspberry Pi に適した製品だと思っています。

確かに小さな電子ペーパーも多くなりましたが、用途的に使いづらい。これがカラーで普及すればまた違う表現が期待されます。

E-Inkは、 'Print-Color E Ink'に加えて、高品質で全反射色の電子ペーパーディスプレイであるAdvanced Color ePaper(AceP)を開発、販売しています。これにより、より豊かな色の体験が可能になり、低電力消費と日光下での可読性が維持されます。AcePはデジタルサイネージおよび小売顧客を対象としており、現在、13.3インチデモキット形式のパッケージ化されたRaspberry Pi 3で利用可能です。

引用元:https://www.industryherald24.com/e-ink-screen-guides-for-e-readers-and-e-notebooks/

「Advanced Color ePaper」というのはカラーE-inkの上位版のようで、まさにディスプレイとして使えるのですね。デモキットを試してみたい!

動画がリンクされていたので、貼っておきます。百聞は一見に如かず。

しかし、充分に綺麗ですし、マジで神!いや紙のようだ。

動画の中でもスライド資料でも、電子ペーパーにペンで線を引けるとなると、本当に紙の代替になるでしょう。画面というには薄いですから、曲がるディスプレイよりも省電力で用途は広そうです。

各種ポイントカードが磁気式からこっちへ行くのかなーと想像します。

イベントのスライド資料も必見でした。直リンクはマズイので該当ページから探してください。PDFです。

Connected Ink 2019
http://connectedink.wacom.com/ja/#un_ancBlock_timeTable

記事(industryherald24.com)によるとPrint-Color E Ink、つまり下位版?の場合は、資料と動画から2020年第2四半期までに大量生産され、2020年第3四半期までに商品として出荷されるらしい(?)と書かれています。

A paper and video from the case suggest that by Q2 2020 it will be in mass production and delivered in goods by Q3 2020.

引用元サイト:https://www.industryherald24.com/

但し、「suggest」という単語の表現なので可能性は低いか・・・。

しかし、これは夢があります。個人でも購入できるようになれば、あまり電力を伴わない仕組みが可能になり、Raspberry Pi にはピッタリですね。

現在は小さい画面しかなく、高価なためあまり実用性はありません。

E-ink社とワコムは、ラズパイダ的には注意してみていたい会社だなと思いました。

ラズパイダ

ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 はじめて向け
  1. Raspberry Pi Pico マイコンボード、僅か4ドルで登場

  2. お掃除ルンバのアイロボットから教育用ロボット「Root」発表

  3. 【海外】プライステーション2の中にラズパイ4を組み込んで多目的マシン

  4. openSUSEがRaspberry Pi 4と400、Compute Module 4をサポート(まだバグあり)

  5. Pimoriniからシンプルスーパースリムな「Audio DAC SHIM」

  1. お掃除ルンバのアイロボットから教育用ロボット「Root」発表

  2. 【初心者向け】Raspberry Pi 4との接続方法(電源、HDMI)

  3. 【初心者向け】はじめてRaspberry Pi OS をダウンロードする人へ

おすすめの記事

  1. ラズパイ4で動いたOS一挙に10選とおすすめのデスクトップ代替OS

  2. DAZNをラズパイのLibreELECで観る方法

  3. 正式にUbuntuがラズパイ4に対応(Ubuntu 20.10)

  4. 期待が高まるWindowsに似ている新しいLinuxのフレーバー「Endless OS」がRaspberry Pi 4用に登場予定

  5. ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  6. ラズパイ4をデスクトップPCライクに使えるOSとして個人的に急浮上中のEndlessOS

今月の人気記事

  1. 1

    Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  2. 2

    ラズパイ4をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)

  3. 3

    初心者でもラズパイでNASサーバーを作ってみよう!

  4. 4

    Raspberry Pi 4の初期設定2020年版

  5. 5

    Raspbian のWi-Fi設定(Raspberry Pi 初期設定)

  6. 6

    Raspberry Pi 4を起動したのにモニターに画面が映らない対処法

  7. 7

    ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  8. 8

    ラズパイで使うmicroSDカードの選び方

  9. 9

    Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  10. 10

    ラズパイ4はPCライクな性能になったけどPCではないよという話

記事ランキングページ

TOP