当サイト限定「Raspberry Pi 3B+ のセット品」割引クーポン配布中!この機会に是非!こちらから

AFPとRaspbian——Macとファイル共有

afp-title コマンド
この記事は約3分で読めます。

Raspberry Pi にインストールしたRaspbianとファイルをやり取りするためにsambaをインストールしておけば好都合です。私が作ったRaspberry Pi のプロジェクトはsambaは必須になっています。

しかし、テスト的に利用した場合などは非常に面倒なうえ、近いうちに別の使い方をするならsambaは必要無いこともしばしばあります。それでも数ファイルだけコピーしたい場合などでもUSBメモリなどの外部デバイスで抜き差しするのも・・・。しかもそういう時に限ってコピーしたいファイルが増える始末です。

そこで、MacOSとのファイル共有としてApple Filing Protocol(AFP)を利用します。これはNetatalkをインストールすることで可能です。

単にWi-Fi内のRaspberry Pi を操作実行するだけなら、sshで接続することと、AFPでファイル共有させることで事足ります。

非常に簡単ですからMac環境の人は覚えていて損は有りません。

Netatalkのインストール

以下コマンドでインストールします。通常は設定は必要ありません。

sudo apt-get install netatalk

他に書くことないくらい簡単ですね。

AFPでMacから接続

Mac側から接続するには、Finderの[移動]-[サーバへ接続](⌘K)で移動先にafp://IPアドレスで接続できます。

afp-dialog

 

接続を押下するとユーザーIDとパスワードを聞かれるダイアログが出ます。そこにはRaspberry Pi のユーザーIDであるpiとそのパスワードを入れてください。

Raspberry Pi を初期セットアップした際、パスワードを変更しているのなら、変更したパスワードです。特に変更していない場合は初期パスワードです(「raspbery」)

これで基本的なファイル共有は可能です。

どういった時に利用するの?

個人的にテスト環境で利用しています。画像ファイルやログなどをRaspberry Pi から抜きたい時は便利ですね。

Macなど外部から操作するのにいくつかパターンがあります。

  1. モニター、キーボード、マウスを使わずにsshのみで接続している場合
  2. Raspberry Pi にディスプレイモニターのみ接続している場合
  3. Raspberry Pi のVNCを有効にしてVNCビューワで操作している場合

他にもそれぞれキーボードだけとか、マウスだけとか、限定的な使い方もありますね。

この中でもファイルを視覚的にやりとりしたい時はAFPは役立ちます。特にただRaspbianをセットアップしただけの状態では便利です。sambaをインストールして設定する程のことではない場合ですね。

分かり易いのが、キャプチャ画像です。キャプチャを撮るのにキーボードを繋いでいてPrintScreenボタンで撮ると、ホームフォルダに保存されます。それを抜き出すのにドラッグアンドドロップなのは簡単です。

インストール後初期画面

Macなら非常に簡単なのでおすすめです。

コメント