\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

Raspberry Pi OSのデスクトップに壁紙4Kバージョンを適用

Raspberry Piに限らず、OSに標準で用意されている壁紙って素敵な写真が多いですね。4Kモニターにしても引き延ばして表示するのではなく、大きなピクセルサイズの画像で観てみたい。

公式の壁紙で4K対応があります。バージョンアップで追加されました。あまり気が付かないと思いましたのでご紹介します。

この記事の主な流れ

Recommend Software

4Kの壁紙が入っていない場合は、Raspberry Pi OSのメインメニューの「おすすめソフトウェア」から適用させます。

おすすめソフトウェアは、Recommend Softwareです。

Rブラック

日本語化されていても、英語の表記も多いRaspberry Pi OSは、なんでこうなんでしょう。チャンポン。

Otherの中に4K用の壁紙とあります。ダブルクリックまたは右端のInstallにチェックを入れて下部にある適用ボタンでインストールします。

変更は外観の設定

壁紙の変更は、デスクトップを右クリックかメインメニューから「外観の設定」を選びます。

画像のファイル名をクリックすることで一覧から選びます。

場所は/usr/share/rpd-wallpapaerにあります。

同じshareの階層にあるwallpapaerがあります。そちらはDebianのWallpaperで、Raspberry Piは頭にrpd-と付いているフォルダです。フォルダファイルブラウザから辿っていくと気が付きます。

ちゃんと4K用がありますね。

便利なプリセット

しばらく気が付きませんでした。同じ外観の設定に、大きな、普通、小さな画面向けのデフォルトへ戻すボタンがあります。

外観を色々と変更して、元が分からない場合に便利なプリセットツールです。

これ、4Kモニターで大きな画面向けのデフォルトを選ぶと、解像度はそのまま3840×2160で、メニューバーやらアイコンなどを大きめに表示してくれました。

一瞬、解像度が下がった?と思いましたが、ピクセル数は4Kのままでした。

使い方は私の勘違いかも知れませんが、大きい画面だと全体的に小さく表示されてしまうのを、アイコンとフォントサイズを合わせるのに好都合です。まぁ、個別に変えても同じですけどね。

壁紙もデフォルトに戻ります(赤い夕焼けの画像Clouds)

大きな画面向けだと、アイコンは特大の48ピクセル、フォントサイズは16ポイントになります。(通常は32と12ポイント)

小さな情報でした。

シェアする
  • URLをコピーしました!

Raspberry Pi 4、400、Zero2W

販売価格は、必ず販売サイトで確認してください。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで詳しくみる
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで詳しくみる
RaspberryPi
¥15,987 (2022/11/29 14:24時点 | Amazon調べ)
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで詳しくみる

この記事のコメント(承認後に公開)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。名前は表示されます。メールアドレスは表示されません。

CAPTCHA

この記事の主な流れ