作ってみた!ラズパイガジェット達はこちら

かんたんRetropieのセットアップ手順【Raspberry Pi Zero W/WH編】

設定(setting)
Raspberry Pi 何ができる

Retropieは何度か取り上げました。Raspberry Pi Zero W/WHでも快適に動作します。改めてセットアップの手順をまとめてみたいと思います。ご参考にしてください。
フォントのインストールを追記 2018-05-11、2018-09-13

Retropieのダウンロード

今回は2018年4月4日リリース版「retropie-4.4-rpi1_zero.img」を使用します。

 

Download_-_RetroPie

Download_-_RetroPie

 

公式サイト(https://retropie.org.uk/download/)のダウンロードページには、2種類のimgファイルがあります。今回はRaspberry Pi Zero WHなのでRaspberry Pi 0/1のボタンですね。

microSDカードへの書き込み

分からない方は過去記事を参考にして準備してください。今回は16GBのmicroSDカードです。容量としては8GBでも充分です。余っていたので・・・。

 

16GBのmicroSDカード

 

OSの書き込みは過去記事をご覧ください。

Raspberry Pi で使うSDカードのフォーマット方法とOSの書き込み方法

 

microSDカードはどれを選べばいいの? という場合はこちらをご参考にして相性問題を解消してください。

Raspberry Pi 3modelB+で安心して使えるmicroSDカードはこれだ!

使用するRaspberry Pi Zero Wとケース

今回のRaspberry Pi Zero WのケースはAmazonで購入した物です。[2個] Raspberry Pi Zero W用ヒートシンク アクリルプロテクターケースという最近お気に入りのElecrow製です。しかも2個付き!さらにヒートシンク付き!コスパ最高ですね。

 

非常に簡素で、透明なので見た目も良いですし、埃以外はキチンとカバーしてくれています。GPIOも空いていますのでpHATを載せるにも問題ありません。アクリルの厚さも充分です。最近はもっぱらコレばかりですね。

 

SSHの有効化とWi-Fiへの接続準備

セットアップは主にSSH経由で行います。初めの頃はキーボードとモニターに繋いでいました。しかし、慣れるとSSH経由の方が簡単です。変換コネクタやら周辺機器も用意しなくて良いので、Raspberry Pi Zero Wは特に便利です。

 

SSHはRaspberry Pi のどのディストリビューションでも基本として無効になっています。セキュリティの関係ですね。microSDカードのルートである/bootに「ssh」という空のファイルを置くことで有効になります。

コマンドで実行します。(例:Macならばターミナルアプリ)

touch /Volumes/boot/ssh

 

また、Wi-Fiへの接続はヘッドレスインストール(ケーブルなしモニター無し)では”卵が先か、鶏が先か”状態になってしまいます。そのためこれまたルート領域の/bootに設定を記述した「wpa_supplicant.conf」を置いてあげることで自動的に繋がります。

wpa_supplicant.confの中身は以下のように準備してください。

ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
update_config=1
country=JP
network={
ssid="XXXXXXXXXX"
psk="pasword"
}

色々と試した結果、上記で問題なく繋がります。
ssid=とpsk=はそれぞれのWi-Fi環境に合わせてください。なお、パスワードは平文で構いません。

このwpa_supplicant.confファイルをSDカードへコピーして準備完了です。

Retropieの起動とログイン

ACアダプターを繋いでから1分程度待つと起動しているハズです。(見えませんからテキトーな時間置いて)
Macならターミナルアプリ、WindowsならPuttyなどのソフトから接続してみましょう。

Macからならarpコマンドで、grep検索でフィルタし、Raspberry Pi だけを抜き出します。

arp -a | grep b8:27:eb

b8:27:ebはRaspberry Pi のベンダー固有IDです。そのあとにシリアル番号が続く形になります。

? (192.168.0.3) at b8:27:eb:4c:41:2c on en0 ifscope [ethernet]
? (192.168.0.9) at b8:27:eb:7:c5:54 on en0 ifscope [ethernet]
? (192.168.0.12) at b8:27:eb:b1:14:27 on en0 ifscope [ethernet]

ご覧のように出力されます。ちなみに3台のRaspberry Pi が稼働していますから3つ出ていますw

今回のRetropieは192.168.0.12だったので、sshで繋いでみます。

ssh pi@192.169.0.12

おっと・・・。

 

ssh pi@192.168.0.12
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
@ WARNING: REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED! @
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
IT IS POSSIBLE THAT SOMEONE IS DOING SOMETHING NASTY!

エラーです。
これは以前にこのIPアドレスで別のRaspberry Pi が認識されていたので、同じ定義でっせ〜というエラーです。なので、以前の192.168.0.12の定義を削除する必要があります。

これはknown_hostsに記録されています。Macですと、~/.ssh/known_hostsのファイルです。ファイルの中身をエディタで開いて消しても構いませんけど、間違えるのでコマンドで消したいと思います。

 

ssh-keygen -R 192.168.0.12

簡単ですね。イッツ!マジック!

pi_retropie____—_ssh_pi_192_168_0_12

ログイン成功です!

 

Raspberry Pi 3modelB+で安心して使えるmicroSDカードはこれだ!
Raspberry Pi (通称ラズパイ)に必要な物にmicroSDカードがあります。そんなmicroSDカードはご存じの方も多いように相性問題が存在します。 これはメモリーの類いは昔からあるこ...(続きを読む)

もしもarpコマンドで該当のRaspberry Pi が見付けられない場合は、もしかしたらmicroSDカードがぶっ壊れているかも知れません。microSDカードを変更するか、もしくは一度電源を落として再度、wpa_supplicant.confファイルをコピーしてからやり直してみてください。(経験者は語る・・・)

ROMの転送

ROMの転送は何種類あります。ひとつはsambaサーバをインストールすること。ちょっと手間ですけど、手持ちのパソコンから簡単に転送できますね。

転送する方法

  1. sambaで共有してファイルコピー
  2. SFTPを使う
  3. USBメモリを使って転送

 

Windowsは確認していませんが、Macをお使いですと、Finderでファイルメニューの[移動]-[サーバへ接続]からIPアドレスとユーザーIDとパスワードでも接続できると思います。

sambaの設定は過去記事も参考にしてください。

 

sambaの設定転送方法は新しく書き直しました!

RetroPieへsambaを使ったROM転送の方法(1)

RetroPieへSFTPを使ったROM転送の方法(2)

RetroPieへUSBメモリーを使ったROM転送の方法(3)

著作権フリーの遊べるゲームROM

市販品と変わらない完成度です。ファミコン形式のROM(.nes)です。

bladebuster

人気記事:日本語のPD-Rom「Blade Buster(ブレイドバスター)」をRetropieで遊ぶ

日本語フォントのインストール

ROMのファイル名など日本語を表示させたい場合は、以下のフォントをインストールします。

fonts-droidか、fonts-noto、IPA-fontsなどが良いでしょう。

 

sudo apt-get install fonts-droid-fallback

以前まではfonts-droidでしたが、Debian系のUbuntuでも更新があったようで現在はfonts-notoが基本のようです。

しかし、RetroPieのエミュレータではdroidが決め打ちされています。面倒なので、fonts-droidだけでイイでしょう。

sudo apt-get install fonts-noto

fonts-droid-fallbackというパッケージをインストールすることで新規でfonts-notoがインストール可能です。(2018/05/11)

 

なお、先にsshからsudo raspi-configを起動し、ローカルはja-utf8を選択してデフォルトにしてください。

RetropieからもRaspberry Pi のセットアップ画面に入れますが、コントローラーではフォントの選択でOKまでカーソルが行きません! ハマります。
他のPCからSSH接続での作業をオススメします。

 

いかがでしょう。慣れればほんの30分程度ですね。
Raspberry Pi Zero Wは小さいので、ケーブルと一緒に持ち運べて、友人宅などのテレビにもHDMI端子はあるでしょうから簡単に接続して遊べます。
自前のファミコン&スーパーファミコンクラシックミニのようなものですね。(ちなみにROMは著作権フリーのROMを使用してください)

Raspberry Pi で完全に合法のゲームROMをダウンロードして遊ぶ

コメント