フォーラムの会員登録はメールを受信してパスワード設定です。

公式Raspberry Pi OSダウンロードページがリニューアル

rpios-newdownloadpage-titleニュース
この記事は約4分で読めます。

Raspberry Pi は公式のOS「Raspberry Pi OS」が基本です。セット品に含まれていない場合は、自分でmicroSDカードへOSを書き込まないとなりません。今回、公式サイトが変更になり分かりやすくなったのでお知らせします。

スポンサーリンク

DownloadがSoftwareへ

公式サイトの中身については変わっていません。表現方法が変わり、とても分かりやすくなりました。

目立ったのは上部のメニューにあった「Download」メニューが「Software」という記載に変更になりました。

download2software-menu
白地に画像も大きくなり見やすくなったページ

これまではRaspbianとNOOBSがメインであり、イメージを直接ダウンロードするページでした。現在はご存じのように「Raspberry Pi Imager」というソフトウェアをWindows、macOS、Linux用にダウンロードし、そのソフトウェアを使ってmicroSDカードへOSをインストールする形になっています。

2020年3月に「Raspbianのなどの書き込み総合ソフト「Raspberry Pi Imager」がリリース」されラズパイダでも取り上げました。もうEtcherなど別の書き込みソフトを使わなくても良くなっています。

これまでも少しずつ変わってきた公式ページは、よりシンプルな表現へ変わってきて好感が持てます。以前のDownloadページは配色も含めて少し分かりにくいと思っていました。

分かりやすい方が良いですね。

※ラズパイダの過去記事は随時手直ししていきます。

Raspberry Pi Imagerのダウンロード

Raspberry Pi Imagerのダウンロードはお使いの環境によって3つあります。(Windows、macOS、Ubuntu)

aptコマンドも用意されています。対応しているLinuxOSでもインストール可能です。

rpi-imager-download-section
OS別ダウンロード

Raspberry Pi Imagerの使い方ガイド動画も公式から公開されています。日本のYoutubeでもたくさん紹介動画はあると思います。流れを知るためにも一度視聴することをオススメします。(公式動画もシンプルになった?)

更にページ下部には、マニュアルダウンロードである個別にOSイメージファイルをダウンロードできます。

See all download optionsをクリックすると、それぞれのRaspberry Pi OSをダウンロード可能です。
Raspberry Pi OS Imagerを使えばダウンロードから書き込みまでしてくれます。通常は個別にダウンロードする必要はなくなりました。

OSをイメージファイルとして保存したい場合は、ここからダウンロードすることになります。

individual-os-pattern
全部入り、通常版、Lite版

今後は64bitと32bitの展開になります。ここに追加されていくと思われます。(記事執筆時点では32bit)

Raspberry Pi Imagerで一元管理

これまでRaspberry Piの敷居を上げていたOSのダウンロードやmicroSDカードへの書き込みという準備が、専用のダウンロード&書き込みソフトが提供されたため、少しは簡単になったのではないかと思われます。

本来、microSDカードのフォーマットに別の手段を使い、書き込み際も汎用のツールを使う必要性がありました。今後はセット品やキットにはmicroSDカードへインストールされて販売されれば、そのまま始められるでしょう。(現在はNOOBSが入っている)

NOOBSについては「Raspberry PiにNOOBSでOSをインストールする方法」をご覧ください。

NOOBSが役割を終えた形になっています。(ダウンロードが圧倒的に遅い弱点がある)
インストールするOSの選択肢を与えるために1つになることはまだ無いと思います。

Raspberry Piを手に入れた後、準備するOSは母艦と呼ばれる別のマシンでmicroSDカードへ書き込むことは変わりません。ツールであるRaspberry Pi Imagerを使えば他のソフトウェアは必要なく、microSDカードのフォーマットや、Raspberry Pi OSやサードパーティのOSをインストールすることができます。

公式サイトも分かりやすくなってきて、全体的にRaspberry Piの敷居が低くなっています。興味が沸いたら一度手にしてみて欲しいと思います。1万円程度のシングルボードコンピューターに驚くことがあると思いますよ。


ラズパイダではいくつか事例もご紹介しています。個人ベースで楽しむには最適なコンピューターです。マニアックな私でさえ、初めてRaspberry Pi 2Bを手に入れて試した時、非力なスペックにも関わらず、スムーズに処理できることにとても驚きました!

Iotが叫ばれてから時間が経ちます。マニアックではあるのは変わりませんが、ITが苦手な人こそRaspberry Piから初めてみてはいかがでしょうか。

公式サイトが更新された情報でした。

公式Softwereページhttps://www.raspberrypi.org/software/

Raspberry Pi Imager がリリース

2020年3月、公式からOSの書き込みソフトがリリースされています。
NOOBSとbalenaEtcherを足したような機能と使い勝手です!
今後はこちらがスタンダードになり、NOOBSは以前の方法になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました