待望のRaspberry Pi OS 64bit版が正式にリリース

本体は64bitなのに、肝心のOSが32bitしかなかったRaspberry Piも、長いベータ版を経て、やっと正式にリリースされました。

マニアではなくても、64bitの基板なだから、64bitのOSを積みたいのは素直な感想でした。やっと環境が整ったことになります。

今回の64bit版Raspberry Pi OSのリリースを簡単にお伝えします。(現地時間2022/2/2リリース)

この記事の主な流れ

対応しているのは3系、4、Zero2w

64bit版OSに対応したのは、現行の4B、新しいZero2、そして少し古い3B系です。CPUコアがARM Cortex-A53とA72です。

モデルで表すと、

  • 3B
  • 3B+
  • 3A+
  • 4
  • 400
  • CM3
  • CM3+
  • CM4
  • Zero 2 w

書き込みはいつものRaspberry Pi Imager

いつものごとく、Raspberry Pi Imagerでリストが更新されています。

相変わらずトップは32bit版OSでしたが、2行目のOtherから入ると、すべてのRaspberry Pi OSが表示されます。

最大限の恩恵はメモリー8GB

OSが64bitになれば、64bitのアプリケーションの性能を発揮できることは容易に想像できます。ベンチマークレベルの違いもあれば、今後はアプリケーションによって体感できる差も出てくるでしょう。

何よりも64bitしかないアプリケーションが動作することになります。

ただ、搭載メモリーが1GBしかない3系や4Bの4GBよりも、4Bのメモリー8GBモデルでの恩恵が大きくなるでしょう。

Raspberry Pi の各モデルが新型コロナ禍により価格が上がったり、そもそも手に入りにくい状況が続いているため、64bit版OSのリリースは嬉しい反面、以前のように気軽に楽しむ状態ではないのがツライですね。

現在は、8GBモデルのセット品は以下のような価格で販売されています。

Rブラック

た・高い

GeeekPi
¥28,000 (2022/02/03 09:30時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップセール!/
Amazonで詳しくみる

基板が値上げされたとはいえ、2022年2月以降は出荷もされていくと思われるため、セット品でももう少し落ち着いていくでしょう。

メモリー8GBモデルは、イギリス本国でもほぼ在庫なしの状態のため、日本で在庫ありとなるにはやはりもう少し先になりそうです。

ストリーミング動画の注意点

ラズパイダでも扱ったWidevineCDMライブラリについて、64bit版のChromiumでは搭載されません。そのため、Amazonプライム・ビデオやNetflixといったストリーミング動画をChromiumで視聴することができません。

記事でもお伝えしたように、32bit版Chromiumでは可能なので、敢えて32bit版Chromiumをインストールすることで対処できます。

sudo apt install chromium-browser:armhf libwidevinecdm0

元に戻すコマンドは以下。

sudo apt install chromium-browser:arm64 libwidevinecdm0-

32bit版OSでご紹介した記事

本来の姿?

ベータ版の頃から64bit版を試していました。アプリケーションによってバグが多く、Githubでも公式フォーラムでも意見交換が多かったですね。今もだけど。

64bit版の恩恵は、使うアプリケーションによると思います。

シングルボードコンピューターなので、一般的なPCとは比較できませんが、ちょっと期待してしまいますよね。

少なくても、基板本体は64bitだったため、これでRaspberry Pi 4Bのメモリー8GBモデルが、本来の性能を発揮できる状態が整ったといえるでしょう。

Raspberry Pi 4系をお持ちの方は、64bit版も試してみてください。Raspberry Pi Imagerから一発で書き込めます。

2022年に入り、品薄で価格高騰中のRaspberry Pi

セット品が1.5倍以上の価格になってる…。

Traskit
¥23,900 (2022/02/05 09:40時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップセール!/
Amazonで詳しくみる

8GBの単品は手に入らない状態が続く…。

\最大10%ポイントアップセール!/
Amazonで詳しくみる

ベータ版の時に試した64bitOS

そういえば、SoftEther VPNがarm64bitに対応していた。正式に試せますね。

参考:

シェアする
  • URLをコピーしました!

この記事のコメント(承認後に公開)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。名前は表示されます。メールアドレスは表示されません。

CAPTCHA

この記事の主な流れ