Raspbianのなどの書き込み総合ソフト「Raspberry Pi Imager」がリリース

公式Raspberry Pi OS

公式のRaspberry Pi OS(オペレーティングシステム)Raspbianと、他のOSのイメージをmicroSDカードへこれまでより簡単に作成できるユーティリティソフトがリリースされました。
「Raspberry Pi Imager」をご紹介します。

公式イメージ書き込みソフト「Raspberry Pi Imager」

この「Raspberry Pi Imager」は、Windows、macOS、Ubuntuのプラットフォームで利用できます。

公式Raspberry Pi Imager ダウンロードページ

今回、私はmacOS環境なので、その画面です。Windowsの方も見た目以外は概ね同じです。

macOS版

Raspberry Pi Imagerの使い方

Raspberry Pi Imager メイン画面

メインメニューにはボタンが3つ横に並んでいます。

左からOSを選ぶ、書き込むSDカードを選ぶ、となっていて、最後に書き込み(Write)という3ステップです。

左のOSを選ぶ画面からみていきましょう。

メニューは通常、一番上のRaspbianでOKです。
もしも事前にダウンロードしたイメージを選択するなら、一番したのカスタムから選べます。

Raspbian通常版をダウンロードしてからインストールします。
Raspbian(other)ここからフル版とLite版が選択できます。
LibreELEC各Raspberry Pi 別(Pi4/2/3/zero/1)のイメージ
が選択できます。
Misc utility images「Pi 4 EEPROM boot recovery」がダウンロードできます。
Eraseフォーマットができます。(これは便利!)
Use custom事前にダウンロードした.imgファイルを書き込めます。
当然ながらRaspbian~.zipもそのまま可能でした。

Eraseのフォーマットが付いたのは嬉しいですね。

バージョンを重ねてメニューも変更になってきています。

これまではSDカードフォーマッターv5でしていたと思います。これで1つで完結します。因みに消してから書き込んでみましたが問題ありませんでした。

今回は事前にダウンロードした通常版である「2020-02-13-raspbian-buster.zip」をメニューのCustom(カスタム)から選んで書き込んでみました。

慣れてきたらTorrentでダウンロード

Custom(カスタム)以外ですと、直にダウンロードしてからインストール形になるため、それなりに時間がかかります。
オススメはダウンロードサイトから.torrentファイルをダウンロードし、各種Torrentでダウンロードするソフトウェアで手に入れた方が速いと思います。

Torrentダウンロードソフト例:Transmission

transmission_macos

書き込み終了まで特に何も大きな動きはなく、完了するとポップアップで成功!と表示されました。

これまでのbalenaEtcherも他社製とはいえ、シンプルで万能な書き込みソフトでしたが、今回の公式イメージ書き込みソフト「Raspberry Pi Imager」も同じく3ステップで非常に簡単です。

これなら初心者でもお子さんでも簡単にOSが書き込めますね。

UIの色もイメージカラーの赤と白でシンプルです。macOSでの動作では非常に快適でした。ただ、macOSもWindowsもセキュリティの関係で2〜3度管理者パスワードが求められます。これは仕方ないですね。

使い方動画

このRaspberryPi Imagerは僅か3ステップなので、とても簡単に使えます。

動画にもしてみましたのでご覧ください。

動画のように、空(カラ)のsshファイルとwpa_supplicant.confを用意すれば、最初からWi-Fiに設定できます。

\ Raspberry Pi 4はメモリー8GBが最新 /

【セット概要】「データーベース」「Webサーバー」「NAS」「AI処理」「4K画像での2画面処理」などの高負荷がかかる処理を、長時間稼働させるのに必要な負荷テスト行い、当社で厳選した高品質なパーツを組み合わせたセットです。高品質なAnker製USB電源の採用、トラブルの原因になりやすい電源周りをデジタルモニターリングできるをType-Cケーブル、Raspberry財団認定モデル 高速タイプ 100MB/sec 128GB MicroSD、静音FANによる強制冷却など、高負荷運用でも長期に渡る安定稼働が可能です。また単品でご購入いただくよりお得です。

使ってみて

いつものように公式ページを閲覧していると、Raspbianのダウンロードページが変わったなと思っいました。あれ?NOOBSが別ページになってる。ん?
なるほど。「Raspberry Pi Imager」がリリースされたからですね。

どうやらNOOBSの特徴を取り入れたために、NOOBSはお役御免になりそうです。

当サイトでもこれまでbalenaEtcherを勧めてきました。しかし、これからは公式ということもあり、この「Raspberry Pi Imager」を利用することで間違いないでしょう。

他のイメージ書き込みソフトを利用したことがあれば、特に戸惑うことはないかと思います。まだ慣れていない人の為に画像入りでご紹介しておきました。参考にしてください。

これでフォーマットすることと、イメージを書き込むことは、この「Raspberry Pi Imager」で解決します。

何でもシンプルになると他人にも伝えやすいので助かります。

LibreELEC以外も恐らくOSイメージはある程度はイケルと思います。また他のイメージも試してみて、上手く行かない場合は情報をあげようと思います。

参考https://www.raspberrypi.org/blog/raspberry-pi-imager-imaging-utility/

ラズパイダ

ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 はじめて向け
  1. Pimoriniからシンプルスーパースリムな「Audio DAC SHIM」

  2. Raspberry Pi OS のバージョンアップ方法とaptについて

  3. 遊び半分、学び半分でRaspberry Piを活用しよう!

  4. Raspberry Pi Imager更新、イメージ選択数を計測のためデータ収集も

  5. 「fre:ac」はラズパイでもmp3やFLACに変換できる無料のオーディオコンバーター

  1. 【初心者向け】Raspberry Pi 4との接続方法(電源、HDMI)

  2. 【初心者向け】はじめてRaspberry Pi OS をダウンロードする人へ

  3. Raspberry Pi OS のインストールは、公式ツール1つだけでOK

おすすめの記事

  1. TwisterOSで懐かしのWindows、最新macOSの見た目でラズパイを使う

  2. これも動く、風変わりなOS〜Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  3. ラズパイ4をデスクトップPCライクに使えるOSとして個人的に急浮上中のEndlessOS

  4. 非公式のLinuxディストリビューション〜Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  5. ラズパイ4にも対応している軽量でクールなOS「Manjaro」はアリ

  6. ラズパイで実用的な物を作るなら特化したOSから始めてみよう

今月の人気記事

  1. 1

    Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  2. 2

    ラズパイ4をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)

  3. 3

    初心者でもラズパイでNASサーバーを作ってみよう!

  4. 4

    Raspberry Pi 4の初期設定2020年版

  5. 5

    Raspbian のWi-Fi設定(Raspberry Pi 初期設定)

  6. 6

    ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  7. 7

    Raspberry Pi 4を起動したのにモニターに画面が映らない対処法

  8. 8

    ラズパイで使うmicroSDカードの選び方

  9. 9

    Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  10. 10

    ラズパイ4はPCライクな性能になったけどPCではないよという話

記事ランキングページ

TOP