新しいJetsonNanoはメモリー2GBのお手軽モデル

ニュース

Raspberry Piのようなシングルボードコンピューター(SBC)はいくつも種類があり各社で販売されています。日本では技適の問題もあり、Raspberry Piの名前に似たなんとかPiの類いは一般的ではありません。日本ではRaspberry PiとArduinoが双璧を成す存在です。

中でも少し方向性が違うのはこのNVIDIA Jetson Nanoシリーズでしょう。主にAIやディープラーニング、ロボティクス分野で人気を博しています。

NVIDIA Jetson NanoはSBCの中では比較して高価な部類です。Raspberry Piと似たようなことをするにしても、少し敷居が高いような印象です。エンジニアの方には魅力が増すのでしょう。

機能削減の廉価版

今回、機能を限定しながらも、価格でRaspberry Pi 4と遜色ない価格で販売されます。公式サイトには2020年11月〜とあり、日本販売モデルはWiFiを搭載しないモデルと記載がありました。
日本では10月末から手に入れることができ、本日10/6から先行予約販売が開始されます。(菱洋エレクトロ株式会社、株式会社マクニカ、株式会社ネクスティ エレクトロニクス)

比較表をご覧いただければ、大まかに半分の機能と言えそうです。

Jetson nano 2GB の主な仕様/ Jetson Nano2GB 開発者キット
GPU128-core Maxwell
CPUQuad-core ARM A57 @ 1.43 GHz
Memory4 GB 64-bit LPDDR4 25.6 GB/s
StoragemicroSD (not included)
Video Encode4K @ 30 |4x 1080p @ 30|9x 720p @ 30 (H.264/H.265)
Video Decode4K @ 60 |2x 4K @ 30|8x 1080p @ 30|18x 720p @ 30 (H.264/H.265)
Camera2x MIPI CSI-2 DPHY lanes
ConnectivityGigabit Ethernet, M.2 Key E
DisplayHDMI and display port
USB4x USB 3.0, USB 2.0 Micro-B
OthersGPIO, I2C, I2S, SPI, UART
Mechanical69 mm x 45 mm, 260-pin edge connector
Jetson nano 2GBのスペック

価格が54ドルとあります。通貨レートがありますので単純計算はできませんが、USドルベースでRaspberry Pi 4(4GB)とほぼ同じ価格です。(Raspberry Pi 4の4GBは定価55ドル)

先行販売するベンダーの1社である菱洋エレクトロ株式会社のRYOYO Direct OnlineShopを確認したところ、概ね6,200円(税別)Raspberry Pi 4B(4GB)と同じように、税込みで通貨換算+1,000円程度となっています。

取り扱うショップによって販売価格は異なります。恐らくRaspberry Pi 4(4GB)と同等の価格帯になるでしょう。

価格だけで言えば戦略的な販売だと感じます。特に初心者、未経験者、Raspberry Piに興味があるような層にも手が出しやすい価格帯と言えるでしょう。(私も興味が沸きましたから!)

ただ、ラズパイダでは今のところJetson nanoは詳しく扱う予定はありません。Twitterでラズパイダをフォローしてくださっているフォロワーさんには詳しい方も多いようです。ぜひ、そちらから情報を得てください。

Amazonのセールなどもそうですが、安ければ良いという風潮はさておき、未経験者にとって手が出しやすい価格は必要だと思います。

安かろう悪かろうにならなければ安いことに越したことはありませんから。

このJetson nano2GB開発キットは、今月のAmazonプライムデーには間に合いませんが、AIやロボティクスにRaspberry Piより適していると思いますので、現行モデルのセールにも期待したいところです。

AmazonプラムデーはAmazon製品の購入が最もおすすめ

Iot分野が注目

基本はどちらも同じようなことは可能です。
NVIDIAはグラフィックボードで有名な企業です。更に先日、NVIDIAがRaspberry PiのCPUでもお馴染みのArm社をソフトバンクから買収したことで注目されています。

マイクロソフトもArm版のWindows10において、x86(32ビット)に続き、x64エミュレーションながら64ビットのアプリが動くというニュースがありました。こうなるとアプリケーションの資産が多いWindowsは魅力的ですね。(ARM 版 Windows 10 のドキュメント

2021年はArm、NVIDIA、Windows10、そしてできればRaspberry Piも含め、Iot分野の魅力が加速するように期待してしまいます。

一先ず、今回の廉価版にあたるJetson nano2GB開発キット、そしてRaspberry Pi 4でIotを初めてみるのはいかがでしょうか。

新しくJetson nano2GB版が追加されるニュースでした。

公式https://nvidianews.nvidia.com

ラズパイダ

ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 はじめて向け
  1. ラズベリーパイは小さなホームサーバーに最適、自分好みはプライスレスな4選

  2. あのMX LinuxがRaspberry Pi 向けイメージMXFBPをリリース

  3. OMV5のアップデートエラー回避

  4. Raspberry Pi Pico マイコンボード、僅か4ドルで登場

  5. お掃除ルンバのアイロボットから教育用ロボット「Root」発表

  1. お掃除ルンバのアイロボットから教育用ロボット「Root」発表

  2. 【初心者向け】Raspberry Pi 4との接続方法(電源、HDMI)

  3. 【初心者向け】はじめてRaspberry Pi OS をダウンロードする人へ

おすすめの記事

  1. あのMX LinuxがRaspberry Pi 向けイメージMXFBPをリリース

  2. TwisterOSで懐かしのWindows、最新macOSの見た目でラズパイを使う

  3. ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  4. 期待が高まるWindowsに似ている新しいLinuxのフレーバー「Endless OS」がRaspberry Pi 4用に登場予定

  5. ラズパイ(Raspberry Pi)を使ってできるメディアセンター3選

  6. 正式にUbuntuがラズパイ4に対応(Ubuntu 20.10)

今月の人気記事

  1. 1

    Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  2. 2

    ラズパイ4をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)

  3. 3

    初心者でもラズパイでNASサーバーを作ってみよう!

  4. 4

    Raspbian のWi-Fi設定(Raspberry Pi 初期設定)

  5. 5

    Raspberry Pi 4の初期設定2020年版

  6. 6

    Raspberry Pi 4を起動したのにモニターに画面が映らない対処法

  7. 7

    ラズパイ4はPCライクな性能になったけどPCではないよという話

  8. 8

    ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  9. 9

    Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  10. 10

    ラズパイで使うmicroSDカードの選び方

記事ランキングページ

TOP