これまでRaspberry Pi をたくさん購入してきたラズパイダのおすすめセット品3選

Raspberry Pi 4箱

私は趣味が高じてRaspberry Piのサイトを運営しています。

これまでに購入してきたRaspberry Piの数は手元に残っているだけでもザッと20台を超えてきました。ケースやmicroSDカード、拡張基盤のpHATなどや、手元を離れた物も合わせたらエラい数です。

台数が多くなるには理由があります。

ラズパイ1台になんでもさせず、用途ごとに使い分けているからです。これから手を出そうとしている人からしたら、「ちょと何言っているのか分からない」かも知れません。

ご安心ください。

1台でもmicroSDカードを取り替えることで、別のOSや別の使用方法に変更できます。それならば最新モデルが1台あれば十分に楽しめます。

自分が皆さんよりもたくさんRaspberry Piを購入してきた経験から、サイト内の記事では「これはオススメ!と思われる商品」や、少し面倒な「インストール・設定方法」をご紹介しています。

ここではセット品で始められるように選びました。

最初にどれを買おうかな、とお悩みであれば参考にしてください。

なお、新型コロナウィルス禍のため、Raspberry Piに限らず世界的に半導体を使った製品が品薄です。2022年以降は徐々に元に戻ってくるとは思われますが、リンク先が売り切れの際はご容赦ください。

購入して良かったRaspberry Piセット品3選

Raspberry Piに慣れてきた今でも、セット品は必要なケーブルを用意する面倒が無いため何度か購入しています。

基板のみとして販売されているラズベリーパイ単品では、ケース以外にも電源やmicroSDカード、ケーブルなどが必要になるからです。

公式からもセット品が販売されるようになりました。しかし、日本国内ではライセンスや技適のため、国内の各販売店が独自に組み合わせたセット品を購入することになります。

Raspberry Pi 本体はどこで購入されても同じです。手軽に始めるには、一式揃っていた方がやりたいことへ直ぐに取りかかれます。

では、セット品のオススメです。

Raspberry Pi 4 アーマード
Raspberry Pi 4 アーマード (4GB基盤, アーマーケース(ゴールド:FAN無), Anker 18W電源, 高速型64GB MicroSD,4K出力用HDMIケーブル2本, スイッチケーブル)

Raspberry Pi 4は性能がアップした分だけ発熱が多くなり、ケースによってはかなり熱を帯びます。
その中でも放熱性が高いアルミ製ヒートシンクがそのままケースの役割を果たすヒートシンクアーマーケースは秀逸です。
2020年、コロナ禍になってからNTT東日本が無償提供した「シン・テレワークシステム」にRaspberry Piが使われました。そのRaspberry Piケースにヒートシンクアーマーが使われていましたね。

見た目がカッコイイ!

色が選べる!

密閉型のケースと比較すれば温度の違いは明白ですよ。
このセットの商品は、動作に不安がない電源やケーブルなどが一緒になっていて直ぐに始められます。

TRASKIT Raspberry Pi 4 Model B Starter Kit
TRASKIT Raspberry Pi 4 Model B Starter Kit/ラズベリーパイ4B(4GB RAM)技適マーク付/MicroSDHCカード32GB NOOBSプリインストール/簡単に取り付けるケース/5.1V/3A Type-C スイッチ付電源/2つのMicroHDMI-to-HDMIケーブルライン/3つヒートシンクと2つの静音冷却ファン/カードリーダ /GPIOリファレンスカード/日本語取扱説明書/2年保証付

透明なケースと冷却ファンが特徴です。他のセットと同様に過不足はありません。
セット品の中では安価な商品で人気です。
密閉型のケースを探しているか、透明なケースに魅力を感じるならこちらはオススメです。

Raspberry Pi 4B Server 4GB エキスパートセット
Raspberry Pi 4B Server 4GB エキスパートセット (高速型128GB MicroSD, 18W電源, Digital USB Cablae, Cooling FAN Case, USB3.0 SATAアダプター)

Raspberry pi 4 (4GB) に冷却FANもついた開放型のケースです。

Raspberry Pi 4から発熱が大きく、負荷の掛かる利用や長時間の駆動の時にケース内の熱が気になります。
その点、このような密閉していないケースであれば冷却に悩まされることはありません。

初めての人も余計な心配もなくトライすることができます。

デスクトップPCライクに使用したいならオススメです。

細いナイロンケーブルや大型ヒートシンクは他のセットにはない付属品なのも特徴です。

GPIO端子を利用する場合も取り回しが楽です。

【運用テスト】開放型ケースと特殊形状の大型ヒートシンク、空冷ファンの組み合わせで効果的な放熱を実現しています。
室温28℃ CPU100%使用状態・24時間テスト CPU温度53℃、消費電力 5.16V、1.6A で安定稼働しました。

Raspberry Pi の最初の1台を購入するのに、何がどうだかよく分からないのは仕方ありません。

セット品のメリット

  1. 付属品の種類を調べなくてイイ
  2. 購入してすぐに始められる
  3. 個別に購入するよりも少しだけお得

初めはセットになったRaspberry Piを購入し、必要な付属品の性能や種類を真似て、次から個別に購入すると良いでしょう。

モデルによって異なる規格

HDMIケーブルの種類、USB電源アダプターの必須アンペア数の違い、ラズベリーパイのモデルによっていくつか異なっています。

Raspberry Pi 4 と過去モデルとの違い例
  • ラズベリーパイ側がmicroHDMI端子
  • 電源は5V3Aが必要

USB電源アダプターとしてAnker製の電源コア等が使えるため、これまでと異なりRaspberry Pi専用品では無くても良くなってきました。(※2021年現在、公式から発売されている電源アダプターが、実は日本の技適を通っていない)

セット品であれば、付属品のスペックを気にすることはありません。

特に電源アダプターは、安定動作に5V3Aが必要です。(※ラズパイ4)スマホやタブレットのアダプターではアンペア数が足りません。お気をつけください。

適したモデル

汎用的に使えるRaspberry Pi はモデルによって性能が異なります。当然ながら価格も異なります。

使う仕組みによってはオーバースペックになったり、コストが高くなるのは避けたいでしょう。同じように購入してから性能が足りないと気づくのも嫌なものです。

ザックリですけど、現在手に入る各モデル別に適している用途をご紹介します。

モデル主な用途例購入しやすさ
(2021年)
Raspberry Pi 400お子さん向け学習
プログラミング等
Raspberry Pi 4Bファイルサーバー
デスクトップPCライク
Raspberry Pi 3B+メディアサーバー
デジタルサイネージ
Raspberry Pi 3BWi-Fiを重視しない3B+の代用
Raspberry Pi Zero WHデータの計測
Raspberry Pi 3A+HDMIを重視するZero系の代用
※Raspberry Pi 400は2021年7月29日〜

Raspberry Pi は汎用的に使えますので、あくまでも各モデルの特徴を活かした使い方例です。

今後、新しいモデルが登場すれば、用途や購入のしやすさも変わっていくでしょう。

予め各種の情報をご存じの人や、2台目の購入を検討している人は、セット品ではなくても良いです。むしろ、使ってみてから感じる不都合から、もう少し良い周辺機器に変更したくなるものです。

でも、面倒だから私も未だに買ってしまうけど…。

favorite-armorcase-title
Piレッド
Piレッド

アーマーケースは本当にアイディア商品でしたね。

どうせ買うならメモリー8GBのRaspberry Pi 4B
\ 2台目からは単品でケースも探して、初めてなら全部入りセットが便利! /

 

※おすすめしている商品は適時、更新していきます。

タイトルとURLをコピーしました