作ってみた!ラズパイガジェット達はこちら

Raspberry PiにNOOBSでOSをインストールする方法

スポンサーリンク
NOOBS インストール(install)
Raspberry Pi 何ができる

Raspberry Pi にOSをインストールするには大きく2つの方法があります。

ひとつは各OSのイメージファイルをSDカードに書き込んで(焼き付け)そのSDカードから起動し設定する方法と、もう一つが公式で用意されたNOOBSというインストールソフトウェアを利用してインストールを行う方法です。

この記事では、各種Raspberry Pi にNOOBSを利用してRaspbian(OS)をインストールするやり方を説明しています。

NOOBSとは読みづらいうえに、意味が分かりませんよね。ヌーブスの読み方だと・・・思います。

 

NOOBSとは、New Out Of Box Softwareの略です。意味は恐らく3つを合わせています。

一つはことわざのような言い回しで固定観念に囚われない、イコール箱から出るという意味の”新しい型破りな(常識破りな)ソフトウェア”でしょうか。

もう一つは、正に言葉の通りの箱から出して使う。ということは箱から出してそのまま使える。It is available for all users by default.即ち、何も設定しなくても(セットアップしなくても)デフォルトでそのまま使えるソフトウェアという意味です。

このNOOBSとRaspberry Pi はそのどちらの意味も持っている非常に簡単なツールだと言えます。

更に「Noob」というスラングが「新入り」「初心者」という意味ですから、「初心者達」という意味も合致しますね! (ちなみにNoobはNewBieのスラング)

参考: Out of the box (feature) – Wikipedia
out-of-the-boxなソフトウェアの意味とは – IT系の英語表現を学ぶ

 

もう一つ、ソフトウェアとしてのNOOBSは、マルチインストール機能を持ったマルチブートソフトです。

OSをインストールするためのインストーラーではあるものの、複数のOSを選んで使えるという側面も持っています。

起動時に表示されることで、OSを選んで起動ができます。
デフォルトのOSも設定できるので、特に触らなければ時間がかかるだけで通常と変わらずに使用できます。

初心者の方や、時々、違う環境のOSを試してみたい方にはとても重宝するソフトです。SDカードも安いですから、実験用に1枚インストールしておいてもいいかも知れません。

使い方

このNOOBSの場合はSDカードにファイルをコピーするだけですので、書き込むための作業も要りません。

しかも、パーティションは自動で可変させてくれるので不必要な領域なくコンパクトに利用できます。(※使い方によっては困る場合もありますが・・・)

初心者用に用意されているだけあって考え方がシンプルです。

ダウンロード

NOOBSのダウロードは、Raspberry Pi 公式ページのダウンロードからダウンロードします。初めての場合はLiteではないNOOBSが簡単でしょう。

ただし、ネットワーク環境によってはLiteの方が無難です。ある意味で全部入りなんです。だからどうしてもファイルサイズが大きい。回線が細いなら無理せずにLite版にしてください。
こちらでも触れています。

NOOBSはLiteをダウンロードすべし!
Raspberry Pi 公式サイトには、Raspbianのイメージだけでなく、「NOOBS」というイメージファイルがあります。 これは初心者にも簡単に各種OSを導入できる公式のカスタマイズイメ...(続きを読む)

 

公式サイトのダウンロードページ: https://www.raspberrypi.org/downloads/noobs/

 

SDカードのフォーマット後にコピー

zipファイルを解凍し、SDカードにNOOBSフォルダ内の全てのファイルを先程フォーマットしたSDカードへコピーします。

フォーマットはWindows、Mac問わずSD/SDHC/SDXC用SDメモリカードフォーマッター5.0を別途も入手してフォーマットしてください。

2017年7月に最新版5.0が公開されており、画面もよりシンプルに簡単にフォーマットできるインターフェイスになっています。

 

SDカードフォマッター5.0

こちらは4.0

SDFormatter

 

ソフトウェア名が変更になっているようです。SDFomattery → SD Card DFormatter

コピーするだけ

ダウンロードしたNOOBSのZIP形式

ダウンロードしたNOOBSのZIP形式

解凍後のフォルダ

解凍後のフォルダ

ZIP圧縮されている物を解凍してください。

このフォルダの中身だけをmicroSDカードへコピーします。全部選択してドラッグアンドドロップでOKなので簡単ですね。

NOOBS_lite_v2_8の中身だけでNOOBS_lite_v2_8フォルダそのものはコピーしませんよ。

 

SDカードへコピー

SDカードへコピー

 

このように中身だけをコピーします。ブート直下と呼ばれる場所です。

microSDカードをFinderやエクスプローラーで開いた場所です。一番上ということになります。

 

起動

このmicroSDカードを挿したでRaspberry Piを起動するだけです。入力用のキーボードやマウス、もちろん表示用にHDMI接続のモニターも繋いでください。

電源アダプターを差せば起動します。

 

起動するとメニューにはOSを選択する画面になります。

ここで、Raspbianとそれ以外にインストールしたいOSを複数チェックし、インストールを開始してください。

それなりに時間がかかります!

Lite版であれば先ずはダウンロードしてからです。

Wi-Fiへの接続は画面の上から接続ウィザードが出て接続が出来ます。

もちろん有線であればそのままでインストールを始めても問題ありません。Raspbianだけでも大きいので、どれもこれもインストールするとなると2〜3時間はかかります。

 

現在のバージョンStretchでは、RaspbianとLibreelecはNOOBSのLite版でなければ既にSDカードに入っているのでダウンロードの時間はかかりません。

インストールできるOS

 

 

同じNOOBSの記事はこちら

NOOBSはLiteをダウンロードすべし!
Raspberry Pi 公式サイトには、Raspbianのイメージだけでなく、「NOOBS」というイメージファイルがあります。 これは初心者にも簡単に各種OSを導入できる公式のカスタマイズイメ...(続きを読む)
インストール(install)
スポンサーリンク
この記事をシェアしたり自分用に保存してみる。
[特集] Raspberry Pi はAmazonでの購入が最もおすすめ!

Raspberry Pi 関連商品は、Amazonのセールが絡むと途端に手に入りやすくなります。価格だけでは無い利点が多いので、もしもプライム会員なら必要な関連品も含めてチェックしてみてください。
利点をまとめてみました。

こちらの記事もオススメです♪
この記事を書いた人
ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

ラズパイダ——利用しているWEBサービス
ラズパイダ

コメント