RaspbianをeeePC901xへインストールする

公式Raspberry Pi OS

一時期ブームになったネットブックのASUS eeePC901-XにRaspbianをインストールします。

2017年8月現在、公式サイトにてPCやMACへインストールできるRaspberry Pi DESKTOPというイメージファイルが公開されています。先日まではLiveDVDとしてお試しができ、USBメモリにデータを保存できるという形でした。インストーラーも付いて通常のPCへインストールできます。

ただ、まだまだ未完成のようで、PCには相性により立ち上がらない物もあるかと思います。

eeePC901へはこれといった問題なくインストールできました。

RASPBERRY PI DESKTOP (FOR PC AND MAC)

公式サイトからイメージファイルをダウンロードします。記事執筆時点では2017-06-22のイメージです。バージョンはJune2017になっています。

https://www.raspberrypi.org/downloads/raspberry-pi-desktop/

ヒント:eeePC901-XはF2キーでBIOS画面に入れます。

今回、イメージはいつものようにEtcherでUSBメモリへ焼き付けました。もちろんDVDROMで構いません。このUSBメモリから立ち上げたい場合は、BIOSにてRemovable DISKを一番上にした起動順序に変えてください。

インストールはグラフィカルインストールもあり初心者でも容易にできます。元はDebian8なので、Debianが動作するPCならば概ね可能だと思います。トラブルシューティングもDebianで検索すると出てくるでしょう。

 

4行目のインストールまたは5行目のグラフィカルインストールです。今回はグラフィカルを選びました。パーティションの選択などはグラフィカルインストールの方が分かり易いと思います。

通常は途中のYES/NO選択はYESで構わないです。万が一間違ってしまう恐れがある場合は、事前にデータを退避させて全てフォーマットしても構わない状態のPCを使うと無難です。

このeeePC901は2台のSSDから選びます。容量の関係で8GBのsdbにインストールさせ、grub(簡単に言うと起動用のプログラム)もまたsdbを指定しました。

BIOS側で優先度が選べますので、8GBのsdbを1番上にしてください。

インストール方法の選択

インストール中

インストール完了(グラフィカルインストール)

使用感

eeePC 901とは、

225(幅)×39(高さ)×175.5(奥行)mmで重量約1.1kgのコンパクトボディに、8.9型ワイド液晶を搭載し、従来機種「EeePC 4G-X」の7型より拡大。インテルのモバイルCPU「Atom N270」や、512MBから増量された1GBのメモリー、4GBと8GBと計12GBのフラッシュメモリードライブ「SSD」を採用している。

また、Draft2.0 IEEE802.11n準拠の無線LANを装備。Bluetooth+EDR、130万画素Webカメラ、メモリーカードスロットなどを装備。OSには「Windows XP Home Edition」を搭載する。

価格.com - ASUS Eee PC 901-X (パールホワイト) スペック・仕様
http://kakaku.com/item/00200916913/spec/#newprd

元々、ネットブック(UMPC)は性能が低いです。特にCPUはAtomが基本で、メモリも512MBまたは1GBが多く、このeeePC901は2GBまで対応していおりそこまで載せた状態でもかなり遅く感じます。

速度のネックなポイントはSSDにあります。当時のSSDはいわゆるプチフリーズするような性能で、容量も4GBや8GBでした。

このeeePC901もマスター側のSSD4GBであれば多少はマシなのですが、Raspbian自体は8GBの容量を求められます。ですので今回、セカンダリSSDの8GBへインストールし、grubもセカンダリに入れ、BIOSにて起動順序を変えてからインストールしました。

 

4GBの方はFATにてフォーマットしてデータ保存場所とネットワーク共有先にし、WindowsやMACとファイルをやり取りし易いようにしています。お試しください。

eeePC 901はサイズが小さく(厚いが)、Wi-Fiも搭載し、BluetoothやD-sub端子も装備しているため、他のRaspberry Pi とSSHにて遠隔操作するには最適です。

 

古くて他に使う用途も見出せないのならばRaspberry Pi 専用にしてしまいましょう。ヤフオクなどの中古価格では3千円〜5千円前後で入手可能です。(2008年当時は5万円前後でした)

ASUS eeePC 901-X スペック詳細

インストールOSMicrosoft Windows XP Home Edition Service Pack 3
CPUインテル Atom プロセッサー N270 (1.6GHz、HyperThread対応)
メモリ1GB/最大2GB
メモリスロットSO-DIMMスロット×1
HDD(SSD)12GB(4GB+8GB)
無料Webストレージ20GB(YoStoreサービス)
ディスプレイ8.9型ワイドTFTカラー液晶
ディスプレイ最大解像度1,024×600ドット(SWVGA)
グラフィック機能インテル チップ
外部ディスプレイ出力最大2,048×1,536ドット
サウンドインテル ハイデフィニション・オーディオ準拠 / ステレオスピーカー
LAN10/100BASE-TX
ワイヤレスLANIEEE802.11b/g、IEEE802.11n(Draft 2.0)
BluetoothBluetooth Version 2.0+EDR(Enhanced Data Rate)
インターフェイスUSB2.0×3,D-sub15pin×1,ヘッドフォン×1,マイク×1
メモリーカードスロットSDメモリーカード / マルチメディアカード
キーボード84キー日本語キーボード
マウスUSBマウス
ポインティングデバイスタッチパッド(4方向スクロール機能付)
バッテリ駆動時間約8.3時間
バッテリ充電時間約3.5時間
付属品ACアダプター、バッテリー、USBマウス、専用ソフトケース、取扱説明書、簡単セットアップガイド、ASUSサポートDVD、保証書
付属ソフトウェアStarSuite8、ASUS Update For Eee PC、Super Hybrid Engine、Tray Utility、WinDVD、等
外寸(W×D×H)225×175.5×22.7mm 最厚部39mm (バッテリ装着時)
重量約1.1kg
Webカメラ130万画素 webカメラ搭載

 

ラズパイダ

ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 はじめて向け
  1. Raspberry Pi OS のバージョンアップ方法とaptについて

  2. 遊び半分、学び半分でRaspberry Piを活用しよう!

  3. Raspberry Pi Imager更新、イメージ選択数を計測のためデータ収集も

  4. 「fre:ac」はラズパイでもmp3やFLACに変換できる無料のオーディオコンバーター

  5. Googleアカウントスレージの規約変更でクラウドストレージを整理した話

  1. 【初心者向け】はじめてRaspberry Pi OS をダウンロードする人へ

  2. Raspberry Pi OS のインストールは、公式ツール1つだけでOK

  3. Webサーバーを公開したいならリスクも知ろうという話

おすすめの記事

  1. 期待が高まるWindowsに似ている新しいLinuxのフレーバー「Endless OS」がRaspberry Pi 4用に登場予定

  2. ラズパイ4にも対応している軽量でクールなOS「Manjaro」はアリ

  3. DAZNをラズパイのLibreELECで観る方法

  4. TwisterOSで懐かしのWindows、最新macOSの見た目でラズパイを使う

  5. Raspberry Pi とLibreELEC9.0で作るAmazonプライム・ビデオプレイヤー

  6. NextcloudとRaspberry Pi 3B+で作る自分専用クラウド

今月の人気記事

  1. 1

    Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  2. 2

    ラズパイ4をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)

  3. 3

    Raspberry Pi 4の初期設定2020年版

  4. 4

    初心者でもラズパイでNASサーバーを作ってみよう!

  5. 5

    Raspbian のWi-Fi設定(Raspberry Pi 初期設定)

  6. 6

    ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  7. 7

    Raspberry Pi 4を起動したのにモニターに画面が映らない対処法

  8. 8

    ラズパイで使うmicroSDカードの選び方

  9. 9

    Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  10. 10

    ラズパイ4はPCライクな性能になったけどPCではないよという話

記事ランキングページ

TOP