作ってみた!ラズパイガジェット達はこちら

仮想化マシンにRaspbianをインストール・・・不完全燃焼

paralleles-raspbian インストール(install)
スポンサーリンク

仮想マシンを構築できるParallels Desktop13 for MacにRaspberryPiDesktop(PC用のRaspbian)をインストールしました。結論としてはインストールはできるものの、Parallels-toolがインストール出来ず、使い勝手が悪いので実用的ではありませんでした。

使うとしたらインストールしないLiveDiscとしてでしょう。

仮想マシンにインストール

Raspberry Pi Desktopは、PCおよびMac用のオペレーティングシステム(OS)です。 ライブディスクを作成したり、仮想マシンで実行したり、コンピュータにインストールすることもできます。

Raspberry Pi Desktop - Raspberry Pi
Debian with Raspberry Pi Desktop is the Foundation's operating system for PC and Mac.
Debian with Raspberry Pi Desktop

今回は2018-06-27-rpd-x86-stretch.iso

 

インストール方法

インストールはLiveDiscとして起動せず、メニューのinstallから行います。グラフィカルインストールも選べますが、同じなので速い方を選びました。

 

下から3番目です。

インスト−ルは日本語を選んだ後はしばらく一番上の選択肢で構いません。

ただ、grubのインストール場所はマニュアルでは無く指定されている場所でOKですから2番目です。以下の画像。

インストール自体は簡単です。何も迷う場所はありません。

もしも上手く行かないなら、所詮は仮想マシンですから、サクッと削除してもう一度やり直してみてください。

Parallels-toolがインストールできない

インストールが終われば見慣れた画面が出てきます。

 

これならまぁ、使いやすいか?と思えますけど、これがね、画面サイズが小さい。

変更出来るハズですが、拡張ソフトであるParallels-toolをインストールすると、画面サイズも通常で、何よりもマウスが仮想マシン画面とシームレスに動かせて、クリップボードも共有できるのです。

そもそもCtrlAltで仮想画面からマウスが抜けると書いてあるのに出来ない・・・。

追記:2018-08-24バージョン14にアップグレードしたらこれは解決

 

そのため先ずはそのParallels-toolをインストールするのですけど、これがインストールできない!!

マウントされているのにできない・・・。

 

コマンドが通らない。そんなファイルは無いと怒られます。

なぜか調べてみると・・・

古い情報もあり難儀しました。gccのライブラリが足りないとか、Linux-headerが足りないとか、そういった物は全て足りているようです。

 

唯一、信頼できそうな情報が、root権限で仮想cdromが動作しないというものです。

かといって起動時からroot権限で実行するように設定するのはどうかと・・・。そもそもRaspbianはroot権限で使わないから初期パスワードも無いわけだし。

イケるか?

可能性があったのが以下のフォーラムの記述です。

To make your disk or image executable you have to edit the /etc/fstab file. Normally in the last line you will find something like udf,iso9660 user,noauto. Remove the noautoand insert instead exec. Remount your disk or image and now you can execute the commands from a terminal window.

ディスクまたはイメージを実行可能にするには、/ etc / fstabファイルを編集する必要があります。 通常、最後の行にはudf、iso9660 user、noautoのようなものがあります。 noautoを削除し、代わりにexecを挿入します。

Can't install Parallels Tools on Debian 7.2.0 - Super User

ただ、これもDebian7の話でして、現行は9です。

んー、物は試しです。/etc/fstabのnoautoをexecに書き換えて再起動しました。

 

すると、なぜかコマンドプロンプトのログインでXサーバが起動しない・・・。これは仮想マシンのCD-ROMにParallels-toolを指定してから再起動したら起動しました。

こうなってしまう・・・

 

ただ、それでも/media/cd-rom0にマウントしているCD-ROM内のデータを起動できません。

どうやらlsで中身を見ても出てくるし、installファイルはあるものの、それから起動するハズの/installer/内ファイルが存在しないと言われてしまいます。

 

追記2018-08-24:この問題は、一旦、rootのパスワードを設定し、rootでログインし直すとできました。

sudo passwd root

パスワードを設定してから、suコマンドでスーパーユーザーに変更して実行したらイケた。

結論

んー、何度か試したけどインストールできない!

Parallels Desktop 14 for Macにアップグレードしましたが無理でした・・・。ただ、前回よりは進んでParallels toolのインストールはできた。しかし、再起動後にXが立ち上がらない・・・。どうやら解像度の問題で無理っぽい。うーん。修正を待つしかありませんね・・・。2018-08-22

 

最新バージョン14でPallarels-toolはインストールできたものの・・・。

 

小さい画面でマウスの出し入れなど使い勝手は落ちるものの、何かコマンドを試したいというのなら、いつ壊れても良い仮想マシンなら安心ですから試してみてください。

 

Raspberry Pi 自体が安いから実機を側に置いて、VNCで操作した方が無難ですね。はい。

 

雑誌や書籍で学ぶRaspberry Pi
Raspberry Pi 関連の書籍や雑誌は数多く出回っています。 そんな中、雑誌がリアルな店舗で手に入らないこともしばしばあります。Raspberry Pi が日本でも人気が出てきたとはいえ、あま...(続きを読む)
ご意見・ご感想
お気軽にメッセージください!

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。
コメント欄以外にも、よろしければお気軽にメッセージください。

この記事についてのご感想などはもちろん、間違いのご指摘、またはRaspberry Piの世間話など何でもOKです!

この記事を書いた人
ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

ラズパイダをフォローする
インストール(install)
この記事をシェアしたり自分用に保存してみる。
ラズパイダ

コメント