AWSをも凌ぐ?ラズパイ4のWebホスティングサービスが月額£7.25(約1,000円)から提供開始

ニュース

2019年に知ってとても興味深かったニュースがありました。いつも訪れているRaspberry Pi財団の公式ホームページは、Raspberry Piを18台も繋いだクラスターサーバーで実現しているということです。18枚のボードがどのような役割だったのかというと、14枚のボードがLAMP(Linux、Apache、MySQL、PHP)サーバー、2枚がApacheサーバー、そして残り2枚がメモリーキャッシュに使用されていました。

これはmythic-beastsというホスティング会社が手掛けていたのですね。日本では馴染みが無い英国の出来事だったため、詳しくは知りませんでした。つい、Raspberry Pi財団が自ら手掛けたと思っていました。

世界中で人気のあるRaspberry Piの公式ページには、1日に100万人が訪れていると言われています。これも処理できる性能と証明できましたことになり、2019年当時も単純にスゴイ!と感じました。

これらを経て、手掛けたmythic-beastsは、いよいよRaspberry Pi 4を利用したホスティングサービスの提供を開始しました。

AWS超え?!

ラズパイ4の4GBモデルを利用し10GBのストレージなら、月額£7.25(992円)で提供されます。オンデマンド(使用料により課金)では、£8.34(1,141円)〜となっています。
帯域幅は1TBとありました。

※価格はVAT(付加価値税)を含まず。

支払方法は他にも年払い・四半期ごとの事前請求などが選べます。

mythic-beastsのスペックと価格

引用元:https://www.mythic-beasts.com/blog/2020/06/17/raspberry-pi-4-now-available-in-our-pi-cloud/

最近はAWS(Amazon Web Services)などがホスティングでは有名です。比較表のようにAWSよりもかなり低価格になりますね。価格が5分の1程度なのに速さと処理数は2倍になっています!

公式サイトによると、ストレージはNFSルートファイルシステムにネットブートさせているということで、microSDカードではなくて、そこは安心ですね。

公式による特徴紹介

  • Raspberry Pi 3または4 —クアッドコア64ビットARMv8プロセッサー
  • 10GB-250GBのディスク容量
  • IPv6のみの接続
  • Raspbianプリインストール
  • 瞬時のリモート電源サイクル
  • IPv4からIPv6へのHTTP / HTTPSプロキシ
  • IPv4 SSHアクセス
  • 2分未満で稼働
  • 秒単位のオンデマンド課金が利用可能
  • サーバー管理REST API

Raspberry Pi ってスゴイ

個人的にAWSは使おうと思っていても、大したことしないのに月額でそれなりに掛かってしまうので躊躇していました。ビジネス用途ならAWSで問題ありませんが、個人ベースなら、今回のサービスは現実的な価格帯ですね。

AWSをリアルに使っている人は比べてみてください。

唯一の難点は、耐久性でしょうか?

Mythic Beasts

数年前に自宅のクローゼット内に配置したラズパイでホスティングをしていた人達のニュースを読んだ覚えがあるのですが、この会社と同じなのでしょうか?! 不確かではありますけど、サイトには以下のように記載がありました。

...オランダとカリフォルニアのラック(2018)...

引用元:https://www.mythic-beasts.com/article/about

あのニュースがこの会社なら、本当にスゴイことになっているなーと思います。

Raspberry Pi シリーズは、低価格で購入出来る小さな基板で、とても汎用性が高く、それでいて性能もそれなりにあるというのは、ギークにとっては夢のようなハードですよ。出来ることを考えたら、コストパフォーマンスは抜群だと思っています。

英国ではありますが、AWSをも凌ぐラズパイ4で構築されたWebホスティングサービスが月額£7.25から開始されるニュースでした。

興味がある方は借りてみてはいかがでしょうか?

ラズパイダ

ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 はじめて向け
  1. ラズベリーパイは小さなホームサーバーに最適、自分好みはプライスレスな4選

  2. あのMX LinuxがRaspberry Pi 向けイメージMXFBPをリリース

  3. OMV5のアップデートエラー回避

  4. Raspberry Pi Pico マイコンボード、僅か4ドルで登場

  5. お掃除ルンバのアイロボットから教育用ロボット「Root」発表

  1. お掃除ルンバのアイロボットから教育用ロボット「Root」発表

  2. 【初心者向け】Raspberry Pi 4との接続方法(電源、HDMI)

  3. 【初心者向け】はじめてRaspberry Pi OS をダウンロードする人へ

おすすめの記事

  1. ラズパイ4にも対応している軽量でクールなOS「Manjaro」はアリ

  2. NextcloudとRaspberry Pi 3B+で作る自分専用クラウド

  3. ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  4. Raspberry Pi とLibreELEC9.0で作るAmazonプライム・ビデオプレイヤー

  5. これも動く、風変わりなOS〜Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  6. 非公式のLinuxディストリビューション〜Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

今月の人気記事

  1. 1

    Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  2. 2

    ラズパイ4をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)

  3. 3

    初心者でもラズパイでNASサーバーを作ってみよう!

  4. 4

    Raspbian のWi-Fi設定(Raspberry Pi 初期設定)

  5. 5

    Raspberry Pi 4の初期設定2020年版

  6. 6

    Raspberry Pi 4を起動したのにモニターに画面が映らない対処法

  7. 7

    ラズパイ4はPCライクな性能になったけどPCではないよという話

  8. 8

    ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  9. 9

    Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  10. 10

    ラズパイで使うmicroSDカードの選び方

記事ランキングページ

TOP