Raspberry Pi Pico マイコンボード、僅か4ドルで登場

Raspberry Pi Picoがラズパイの新しくラインナップに加わりました。RaspberryPi財団によって設計されたRP2040マイクロコントローラーで、CPUにデュアルコアArmCortex-M0+を採用し、最大で133MHzで動作します。

SRAMとして264KB、フラッシュメモリーとして2MBがそれぞれオンボードされています。

Raspberry Pi Picoはいわゆるマイコンのため、一般的なPCやこれまでのラズパイのようにOSを実行することはできません。

形状からも分かるように、ArduinoのAdafruit FeatherシリーズやSparkFunシリーズと同じようなボードです。Adafruitでも「Adafruit Feather RP2040」として発売予定です。

マイクロコントローラーがESP32ではなく、Raspberry Pi ArmCortex-M0+で高性能という点が異なります。

Arduino同様、以前にご紹介した「ようこそM5Stack!はじめてのレビュー(M5Stack Gray)」のM5シリーズのように、外部で開発したプログラムを転送して実行させる形になります。

ブレッドボードや専用のキャリアボードなどに接続し、豊富なインターフェイスを使って使用します。

CやMicro Pythonでプログラミング出来る点も、ArduinoやM5シリーズと同じのため、既に経験している人にとっては敷居は低いでしょう。

このRaspberry Pi Picoは、人気を二分しているArduinoのRaspberry Pi版といった側面が感じられます。これまでのRaspberryPi のように全く新しい製品とは異なり、Raspberry Pi Zero よりも小さい新製品とはなりません。

ラズパイブランドのマイコンボード?!

ArduinoとRaspberry Piをそれぞれ使っている人にとって朗報と言えるリリース情報です。

価格も子供や学生にも嬉しい僅か4ドル。日本では550円前後で発売される見込みです。

OSを使いたいならRaspberry Pi OSの3B+、4B、400、Zero系になります。

参考:Raspberry Pi Pico

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。お願いいたします。

CAPTCHA

目次
トップへ
目次
閉じる