Raspberry Pi Imager更新、イメージ選択数を計測のためデータ収集も

ニュース

Raspberry Pi 公式ツール「Raspberry Pi OS Imager」がバージョンアップしました。先日、Raspberry Pi OSもバージョンアップした時から僅かな期間でツールソフトが更新されました。

OSイメージのダウンロードとmicroSDカードへの書き込みができるツールソフトとして標準ツールとなっています。

主な変更点

真っ先に分かるのはメニュー構成の変更です。画像で比較した方が早いのでご覧ください。

カテゴライズが変わっています。

目的別、メディアセンター別など新しく分けられています。

すべてをザッと目を通しても各OSのバージョンに変わりはありませんでした。ちょうど前回の更新から、Raspberry Pi 400の表記が目立ちますね。

アイコンが変わった

Raspberry Pi Imagerのサブメニュー

メインのRaspberry Pi OS以外、シンプルな白黒アイコンへ変更になっています。公式のメインとカテゴライズを区別するためと想像します。

…と言っても、メインメニューのカテゴリーアイコンだけなんです。中は各ブランドの色付きままでしたね。

公式サイトのデザインリニューアルなどもこのところ細かく行われていて、サイトのメニューの言葉(HackSpace MagazineがHackSpaceへ変更など)も表現方法の修正が垣間見られます。そもそもサイトの上部メインメニューもだいぶ変わりました。

確かにRaspberry Piはダサ…、デザインがおざなりだったとも思えるので、統一された言葉やデザインで綺麗に分かりやすくなってきていると思います。

データ収集?

このご時世、データをサーバーに送られることは神経質になります。そういった配慮からも公式ブログでも丁寧に説明されていました。

このデータ収集は、Raspberry Pi ImagerでmicroSDカードへ書き込む際、どのOSイメージを選択したのかを計測する目的とあります。人気ランキングを作りたい、といったものです。

無論、それ以外の個人情報は保持も送信もしないと明記され、オプトアウト(拒否する)方法もgithubに公開しているとあります。

選択した計測値は確認できる

この人気投票ともいれるカウントは、専用のページで公開されています。

You can see which OSes are most often downloaded too, on our stats page.

見に行っていただければ一目瞭然です。一応、キャプチャも載せておきます。

計測された割合

6つに別れていました。

上部に日別、週別、月別で最新OSだけのダウンロード数がパーセンテージでランキングされています。
下部には同じく日別、週別、月別の全ての種類(旧バージョン含む)のダウンロード数となっています。

まだ始まったばかりですので、あまり差はありません。メインのRaspberry Pi OS以外だと、Ubuntu→ RetroPie→ LibreELECの順番なんですね。今後が楽しみになりました。

個人的には、LibreELEC→ OMV5→ moOde audioですね。

The measured ranking doesn't include many customized OS, so it's a little less attractive.
”カスタマイズされたOSがあまり入っていないので、計測されても少し魅力が薄いランキングですね。”

\ Raspberry Pi 4はメモリー8GBが最新 /

【セット概要】「データーベース」「Webサーバー」「NAS」「AI処理」「4K画像での2画面処理」などの高負荷がかかる処理を、長時間稼働させるのに必要な負荷テスト行い、当社で厳選した高品質なパーツを組み合わせたセットです。高品質なAnker製USB電源の採用、トラブルの原因になりやすい電源周りをデジタルモニターリングできるをType-Cケーブル、Raspberry財団認定モデル 高速タイプ 100MB/sec 128GB MicroSD、静音FANによる強制冷却など、高負荷運用でも長期に渡る安定稼働が可能です。また単品でご購入いただくよりお得です。

アップデート方法は再度ダウンロード

Raspberry Pi Imagerは単体でバージョンアップ機能を持っていません。最新版を公式サイトのダウンロードページからダウンロードして上書きインストールして更新します。

見た目よりもこの辺を更新して欲しいところではあります。

あと、メニューをスクロールするのが見づらい・・・。

ダウンロードと書き込みは簡単に

ちょうど2020年春頃からこのツールによって個別にOSのイメージをダウンロードしなくなりました。(別途にできます)

そして1つのツールソフトでmicroSDカードのフォーマットと書き込みが可能になったのは便利です。

昨年頃から初期設定ウィザードの充実もあり、特に調べなくてもスンナリと始められるのではないでしょうか。最初からコマンドで設定という場面も少なくなっています。

ラズパイダとしてもまとめることもないくらい簡単になっています・・・。

コロナ禍の影響もある大変な今年「年末は自宅に籠もって Raspberry Pi 4 で家族団らんがおすすめ」のようにマッタリとお過ごしください。

Raspberry Pi Imagerの更新情報でした。

参考https://www.raspberrypi.org/blog/raspberry-pi-imager-update/

ラズパイダ

ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 はじめて向け
  1. Pimoriniからシンプルスーパースリムな「Audio DAC SHIM」

  2. Raspberry Pi OS のバージョンアップ方法とaptについて

  3. 遊び半分、学び半分でRaspberry Piを活用しよう!

  4. Raspberry Pi Imager更新、イメージ選択数を計測のためデータ収集も

  5. 「fre:ac」はラズパイでもmp3やFLACに変換できる無料のオーディオコンバーター

  1. 【初心者向け】Raspberry Pi 4との接続方法(電源、HDMI)

  2. 【初心者向け】はじめてRaspberry Pi OS をダウンロードする人へ

  3. Raspberry Pi OS のインストールは、公式ツール1つだけでOK

おすすめの記事

  1. TwisterOSで懐かしのWindows、最新macOSの見た目でラズパイを使う

  2. ラズパイで実用的な物を作るなら特化したOSから始めてみよう

  3. Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  4. DAZNをラズパイのLibreELECで観る方法

  5. これも動く、風変わりなOS〜Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  6. ラズパイ4で動いたOS一挙に10選とおすすめのデスクトップ代替OS

今月の人気記事

  1. 1

    Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  2. 2

    ラズパイ4をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)

  3. 3

    初心者でもラズパイでNASサーバーを作ってみよう!

  4. 4

    Raspberry Pi 4の初期設定2020年版

  5. 5

    Raspbian のWi-Fi設定(Raspberry Pi 初期設定)

  6. 6

    Raspberry Pi 4を起動したのにモニターに画面が映らない対処法

  7. 7

    ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  8. 8

    ラズパイで使うmicroSDカードの選び方

  9. 9

    Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  10. 10

    ラズパイ4はPCライクな性能になったけどPCではないよという話

記事ランキングページ

TOP