当サイト限定「Raspberry Pi 3B+ のセット品」割引クーポン配布中!この機会に是非!こちらから

[海外]スイッチ3つでラズパイで作るランダムビデオプレイヤー

この記事は約4分で読めます。

海外のtom’s hardwareというサイトは、Raspberry Pi の情報量は少ないものの秀逸な記事が魅力です。たまにチェックしています。

その中で、これは初心者でも出来そうだなーと思えるプロジェクトがありますのでご紹介します。

How to Make a Raspberry Pi Random Video Player

上記記事も元ネタは「Linux Format Magazine」からです。

オブジェとして?

このランダム再生プレイヤーは、一見して実用性があるように思えますけど、実はそうでもないように感じました。映画くらいになると長いので、ランダムでも一度観た映画などの中に何度も観たい映画というのもなかなかありませんからね。

ただ、地上波のテレビを流しっぱなしよりも、ランダムで再生している方が精神的にマシかも知れません。

 

どういう使い方が良いのか、単純な仕組みですから応用が可能ですね。個人的には音声なしで絵画のように壁に溶け込んでいる使い方がステキかも?

仕組み

仕組みは簡単です。紹介サイトにあるようにタスクスイッチ3つの機能を割り当てるだけというシンプルさです。それもPythonでGPIOの制御をするだけです。

キーボードライブラリを使い、キーボードの入力をエミュレートし、プレイヤーを操作するという原理になっています。

配線図

タスクスイッチとかブレッドボードは単品で購入するのには安すぎて、実際にお店で購入した方が良いと思います。が、しかし、田舎では少なくても30キロ圏内にそういったお店はありません・・・。

そこで私は電子工作セットで間に合わせました。

使わない物も入っているものの、はじめてだったので助かりました。少量でも購入出来るネットショップもあります。慣れてきたらそちらを探したら良いでしょう。(どれ買ったらいいか分からないものです・・・)

実際のコード(VideoPlayer.py)

先のサイトに詳しく載っています。当然ながら先にRaspbianデスクトップをセットアップしておいてください。作業自体はSSH接続でも直接キーボード&マウスでも、VNCでもOKです。

必要なライブラリとして2つインストールする必要があります。

sudo pip3 install glob
sudo pip3 install keyboard

メニューのプログラムにあるPython 3エディタを起動し、コードをVideoPlayer.pyとして保存すれば完了です。

3つのボタンの役割は、ランダム再生、ストップ、ポーズです。他にアイディアがあったら別の機能を割り当てるというのもアリですね。

VideoPlayer.py

from gpiozero import Button
from signal import pause
from random import choice
import glob
import subprocess
import keyboard
def play_video():
videos = []
for file in glob.glob("/media/pi/Videos/*.mp4"):
videos.append(file)
print(videos)
chosen = choice(videos) print(chosen)
print(chosen)
subprocess.Popen(['omxplayer’,(chosen)])

def stop_video()
keyboard.press_and_release('q')
def pause_video()
keyboard.press_and_release('space')
randomiser - Button(2)
stop = Button(3)
pause_button = Button(4)
try:
print("Press the GREEN button to startnYELLOW to pausenRED to stop")
randomiser.when_pressed = play_video
stop.when_pressed = stop_video
pause_button.when_pressed = pause_video 
pause()

except KeyboardInterrupt:
print("nEXIT")
Keyboard Library and Privacy

これだけで制御できるというのは本当にお手軽です。

ハードウェアもソフトウェアもこのように用意して仕組みを作れるのは楽しいですね。

手持ちのRaspberry Pi があれば、タスクスイッチとブレッドボードと配線だけですから、費用もかかりません。飽きたらバラしてまた何かに使えます。お試しあれ。

コメント