これからのプログラミング教育ならCoderDojoで学ぶっていう方法もある

特集記事

ラズパイの世界ではなく、広くプログラミングという範囲では、現在は習う場所というのはたくさんあります。有料の教室だけではなく無償もあります。Raspberry Pi財団のホームページにも紹介されているので、皆さんはご存じかと思います。

CoderDojo」(コーダー道場)

個人的にはラズパイを購入してから調べる内に知りました。2014〜2015年頃でしょうか、RaspberryPi2Bが発売される頃に、まだ手に入れていないのにネットで調べていました。その際、CoderDojoという組織があることを知りました。

CoderDojo は7〜17歳の子どもを対象にしたプログラミング道場です。2011年にアイルランドで始まり、世界では110カ国・2,000の道場、日本には193以上の道場があります。

https://coderdojo.jp/

RaspberryPi財団でも度々紹介されていて、イギリスをはじめ世界は進んでいるなーと思ったものです。

そんなCodeDojoが日本でも開設されるようになり、もしかたら近くにあるかも?くらいには数が多くなりました。公式ページでは、すべての日本のCoderDojo一覧があります。

え?! いつもの間にこんなに増えたんだー。

初めて知った頃、1件しか無かったと思ったが193以上もあるってことは、47都道府県で考えたら1つの県に2つはあるくらいの規模ですね。

大きな都市に集中してしまうのは仕方ないけど、こういった学びの場があるなら、あとはやる気だけです。

このCoderDojoは無償、つまりボランティアで運営されています。

パイグリーン
パイグリーン

そういえば、プレゼント企画の応募者の中にCoderDojoで活動している人って居たなー。

パイレッド
パイレッド

どんな子供でも平等に学べる環境があるというのは本当に理想的です。本来、教育ってこういう自主性を重んじた無償であるべきと思います。現在の北欧の一部では教育費が無償ですよね。

教育って無償でもいずれその子達が国を背負っていく世代なんだから、その時に恩恵があると思うんですよ。ほら、明治維新だって出身は貧しくとも寺子屋から学んだ人達が中心になっていましたよね。(江戸時代にあった寺子屋は格安の学校で無償ではなかったが)

授業料というより、志っていうか、学ぼうという気持ちや教えたいという気持ちがあれば、ある種の綺麗事かも知れませんが、お互いが心地良い事ってあると思います。そういう人間関係で育った人って優しい人になると思いませんか?

受験戦争も経験した身としては、競うのは良いけど争うものなのかなーと。

このCoderDojoはプログラミングに限った話ですけど、実際にコミュニティなわけだから、その他にも社会的なことも学べるし、学ぶ以前に相談に乗ってもらえるような相手と出会うかも知れません。いや、友達レベルでも有意義な時間だと思います。

scratch_cat3

と言っても・・・。参加する子供ではなく、ボランティア活動する大人からすれば、自らの生活が成り立っていないとボランティア活動どころではないのも事実です。生活が苦しいと心の余裕が無くなります。日本という国にボランティア活動が根付かないのは、ハッキリ言って余裕がないからでしょう。

もちろん、どちらが先かは別にして、ボランティア活動から心の安定を取り戻すこともあるでしょうから、必ずしも生活がきちんと成り立っている人だけが参加するものとは限りません。

特にプログラミングに覚えがある人は、こういった活動に参加するのは新しい発見があるかも知れませんからオススメです。

rpi x raspida

RaspberryPi(ラズベリーパイ)というのもまた、そういった理念から作られたということは有名です。・・・かなり儲かって慌てて財団が設立されたような動きはありましたが・・・。

そのRaspberryPiには最初から「Scratch」がインストールされています。

高価なPC/Macを買わずとも、Raspberry Pi 1台でプログラミングの基本はマスター可能です!

昔、パソコンと言われる前のマイコンの時代では、調べたくても関連書籍は無く、周りに出来る人も居ない中、色んな伝て(つて)を経てやっと手に入れたBASICの本は洋書でした。プログラミングの前に英語を調べるところからやるのは、かなりハードルが高かった・・・。

そういう想い出があるので、現代の子供はプログラミングに関しては環境が整っているというのは羨ましい限りです。

現代は人生そのものが色んな選択肢があり比較的に自由なので、別にプログラミングはできなくても良いとは思いますが、小学校でも必修化されるなら、これまでの英語と同様に当たり前の時代がやってくるでしょう。

合う合わないの確認でもラズパイならお手軽なので本当にオススメですね。

プログラミング教育の必修化で不安に思っている方、よく分からないという方は、CoderDojoに参加するでも良いですし、「Scratch」「Raspberry Pi」というキーワードでラズパイを試してみてはいかがでしょうか。

旧型のRaspberryPi 3BでもScratch程度なら充分です!
Raspberry Pi 3 Model B+  ※RaspbianOSは2018-03-13以降のバージョンが対応。Raspberry Pi 3 Model B用ケース(Clear)、ゴム足+ネジセット
ラズパイダ

ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 はじめて向け
  1. Pimoriniからシンプルスーパースリムな「Audio DAC SHIM」

  2. Raspberry Pi OS のバージョンアップ方法とaptについて

  3. 遊び半分、学び半分でRaspberry Piを活用しよう!

  4. Raspberry Pi Imager更新、イメージ選択数を計測のためデータ収集も

  5. 「fre:ac」はラズパイでもmp3やFLACに変換できる無料のオーディオコンバーター

  1. 【初心者向け】Raspberry Pi 4との接続方法(電源、HDMI)

  2. 【初心者向け】はじめてRaspberry Pi OS をダウンロードする人へ

  3. Raspberry Pi OS のインストールは、公式ツール1つだけでOK

おすすめの記事

  1. DAZNをラズパイのLibreELECで観る方法

  2. TwisterOSで懐かしのWindows、最新macOSの見た目でラズパイを使う

  3. 正式にUbuntuがラズパイ4に対応(Ubuntu 20.10)

  4. ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  5. 期待が高まるWindowsに似ている新しいLinuxのフレーバー「Endless OS」がRaspberry Pi 4用に登場予定

  6. 非公式のLinuxディストリビューション〜Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

今月の人気記事

  1. 1

    Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  2. 2

    ラズパイ4をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)

  3. 3

    初心者でもラズパイでNASサーバーを作ってみよう!

  4. 4

    Raspberry Pi 4の初期設定2020年版

  5. 5

    Raspbian のWi-Fi設定(Raspberry Pi 初期設定)

  6. 6

    Raspberry Pi 4を起動したのにモニターに画面が映らない対処法

  7. 7

    ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  8. 8

    ラズパイで使うmicroSDカードの選び方

  9. 9

    Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  10. 10

    ラズパイ4はPCライクな性能になったけどPCではないよという話

記事ランキングページ

TOP