買ってよかったラズパイで使う周辺機器 プライムデー

特集記事

Amazonプライムデーなどの大型セールでは、ラズパイで使う周辺機器をいつも物色しています。購入した中で良かったモノをご紹介します。

android-おすすめに表示された記事

追記 2019/07/21 Google Chromeのアプリ(iOS、Android)にはトップ画面に「おすすめ記事」という欄があるのは知りませんでした。どういった基準か分かりませんけど、こちらに掲載され多くの人にお読み頂けました。日頃、訪れていただける方、フォーラムに登録していただけた方、Twitterでフォローしてくださった方、皆さんのおかげです。ありがとうございます。

ディスプレイ

ディスプレイ(PCモニター)はかなり安くなって考え方が変わりました。

ラズパイ用に小さなモニターは魅力的ですが、コスパが悪すぎる品も多い。3.5インチ〜7インチならば小さい利点が活かせても、10インチくらいになると1万円程度になってしまいます。

ある程度デスクトップ環境も使うなら通常のPCモニターが大は小を兼ねるのでオススメです。

12月のサイバーマンデーでDELL製の23.8インチモニターを購入してから安いなーと思っていました。(簡単なレビューは以下記事です)

https://raspida.com/sale-monitor-info

ラズパイ用にわざわざ買いました。10インチを買うのと価格は変わりませんね。

他人にラズパイをセットアップする機会がありまして、10インチで仕上げたのですけど、やはり小さいということでした。大画面ではなくても自宅で使うサイズよりだいぶ小さいですからね。(なお、お子様用としては気に入ってくれました)

そんな中、23.8インチが10インチと同じような価格帯まで値下げされるなら、設置場所だけ確保して快適に使用できます。

今回のプライムデーでは、お目当てのメーカー製はセールになっておらず残念だったものの、スピーカー付きで2番目に欲しかったASUS製が購入できました。

VZ249

これもDELL製同様にIPS液晶で同じ23.8インチです。こちらはスピーカー付きでベゼルが狭いのが特徴です。

現在、どうやら23.8インチというのは最もコスパが良いサイズのようです。

主にアイオーデータ、Acer、DELL、ASUSといった主要メーカーが似たような性能です。

このASUS製はDELL製とほぼ同じ性能です。比較した感想としては、反射がより少なく感じられ落ち着いています。応答速度‎‎はDELL製が6msで、このASUS製は5msです。

大きな違いは無い物の、ベゼルが狭い分だけ小さくスッキリした印象ですね。購入価格は9,346円とDELL製と変わらずにお安かったです!

ASUSの方が好みでした。

スピーカーの必要性によってオススメ度は変わります。また、設置する場所は考慮しないとなりません。DELL製のは四角い台座で垂直気味で、ASUS製は丸い台座で斜めの設置です。奥行きは気をつけましょう。

ラズパイだけではなく、セカンドディスプレイとしても充分な性能です。
もしもラズパイ用であれば快適すぎて笑えます。

前回と今回の23.8インチ2枚をRaspberry Pi 4Bでデュアルディスプレイを楽しみたいと思っています。(4Kではないけど)

お子様用に最適なマウス&キーボード

このサイトでも何度かご紹介しているキーボード&マウスを買いました。これまた頼まれて小学生高学年のお子様専用ラズパイに接続するためです。

正直、お子様には安いキーボードで充分です。かなり早い時期で壊れます・・・。

今回はホワイトにしました。ブラックもあります。価格は変わりません。

テンキーが邪魔なんですよ。子供にフルサイズキーボードだとデカすぎて毛嫌いされます。特に女の子。

これは特にセール品ではありませんでした。

キーの機構は、一番安いメンブレン式です。

これは性能よりもサイズ感と低価格で選びました。壊されても怒らないで済みそう?!

次はマウスです。

これも女の子ということでピンクにしました。

また、ケーブルが無い方が初心者は使いやすいみたいです。

このELECOM製はサイズMとSがあるみたいで、これはMサイズです。Sサイズはあまり見かけませんね。

無線式のマウスもWi-Fiならレシーバーを差せばスグに使えます。Bluetoothではペアリングが必要なのでRaspbianのようなOSでは避けた方が無難です。使い方は有線のそれと変わりません。

この顔が描いてあるのは女の子にはウケが良かったのでいつもこれをオススメしています。でも、このピンクがいつも在庫切れで困ります。今回はセール品でもあり無事に購入できました。

たまにクーポンで10%オフやってます。キーボード&マウスで2,000円程度なら気軽に買えます。

ちなみにケースも赤にしてあげました。これは別にKSYで購入したケースです。

Amazonオリジナルマグカップ

Amazonロゴ入りマグカップ 日本製

セールでよくある、Amazonのマグカップをつい買ってしまいました・・・。これも一応は特選タイムセールだったんですよ。

しかし、侮れないのは品質です。

これ「有限会社名古屋工芸」とあり、なんとメイドインジャパンです!

最近はこういう小物は全てチャイナが多い中、日本製なら定価でも安いと思いませんか?

Amazonマグカップ 日本製

それなりに大きなマグカップです。

若い頃、アメリカで大きなマグカップを目にして、日本のは小さいなー、湯呑みと変わらないなー、と思ったことがあります。このAmazonマグカップは中くらいの大きさですけど、日本のに比べれば充分な大きさです。

他のお気に入りと比べてみます。

お気に入りのマグカップ3つ

一応、左から右へと大きくなります。

Raspberry Piのものは、どちらかというと小さいカップです。

ちょっと遠近感が分かりづらいので、底の写真の方がいいかな。

マグカップの底

底に何も記載が無いのはちょっと残念? でも、Amazonだけ内側にロゴがあるから同じかな。(ダ・ヴィンチコードのはアメリカ旅行で買った物です。)

これでガブガブとコーヒーを飲んでいます!

\ Raspberry Pi 4はメモリー8GBが最新 /

【セット概要】「データーベース」「Webサーバー」「NAS」「AI処理」「4K画像での2画面処理」などの高負荷がかかる処理を、長時間稼働させるのに必要な負荷テスト行い、当社で厳選した高品質なパーツを組み合わせたセットです。高品質なAnker製USB電源の採用、トラブルの原因になりやすい電源周りをデジタルモニターリングできるをType-Cケーブル、Raspberry財団認定モデル 高速タイプ 100MB/sec 128GB MicroSD、静音FANによる強制冷却など、高負荷運用でも長期に渡る安定稼働が可能です。また単品でご購入いただくよりお得です。

デジタルサイネージの本

ラズパイを使ったデジタルサイネージも一般的になってきました。本格的に作れますし、小規模・零細企業や商店ではまさにラズパイで作った方が良いでしょう。

そんなデジタルサイネージの今を知るのに丁度良い本を購入しました。

横書きの本で、どちらかというと教科書ちっくでした。

内容は秀逸で、本当に今のデジタルサイネージ事情が把握できます。オススメです。

社団法人デジタルサイネージコンソーシアムという大元から出版されていることから結構まともです。昔々、デジタルサイネージ黎明期を少しだけ知っている者として、当時の実情などを思い出すと内容は充分です。ラズパイのことは一瞬だけ触れられています。

お仕事でデジタルサイネージを導入したい、もしくは手掛けたいという人は基本として読んで損はありません。

デジタルサイネージの歴史、これまでの経緯などが2019年〜2020年の事情と共に非常に分かり易くまとまっています。

本当に街の商店だってラズパイと汎用PCモニターで安くスグに設置できますよ。

問題はコンテンツです。

デジタルサイネージ用のOSもあります。興味のある方はご覧ください。

Screenly OSE(無料版)は簡易的なデジタルサイネージとしてはOK

以上、Amazonプライムデーで購入したラズパイで使える周辺機器のご紹介でした。

※記事内の価格や情報は、セール当時の価格です。現在の価格や在庫は必ずAmazonの公式ページでご確認ください。

ラズパイダ

ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 はじめて向け
  1. お掃除ルンバのアイロボットから教育用ロボット「Root」発表

  2. 【海外】プライステーション2の中にラズパイ4を組み込んで多目的マシン

  3. openSUSEがRaspberry Pi 4と400、Compute Module 4をサポート(まだバグあり)

  4. Pimoriniからシンプルスーパースリムな「Audio DAC SHIM」

  5. Raspberry Pi OS のバージョンアップ方法とaptについて

  1. お掃除ルンバのアイロボットから教育用ロボット「Root」発表

  2. 【初心者向け】Raspberry Pi 4との接続方法(電源、HDMI)

  3. 【初心者向け】はじめてRaspberry Pi OS をダウンロードする人へ

おすすめの記事

  1. NextcloudとRaspberry Pi 3B+で作る自分専用クラウド

  2. 正式にUbuntuがラズパイ4に対応(Ubuntu 20.10)

  3. 非公式のLinuxディストリビューション〜Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  4. 期待が高まるWindowsに似ている新しいLinuxのフレーバー「Endless OS」がRaspberry Pi 4用に登場予定

  5. これも動く、風変わりなOS〜Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  6. ラズパイ(Raspberry Pi)を使ってできるメディアセンター3選

今月の人気記事

  1. 1

    Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  2. 2

    ラズパイ4をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)

  3. 3

    初心者でもラズパイでNASサーバーを作ってみよう!

  4. 4

    Raspberry Pi 4の初期設定2020年版

  5. 5

    Raspbian のWi-Fi設定(Raspberry Pi 初期設定)

  6. 6

    Raspberry Pi 4を起動したのにモニターに画面が映らない対処法

  7. 7

    ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  8. 8

    ラズパイで使うmicroSDカードの選び方

  9. 9

    Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  10. 10

    ラズパイ4はPCライクな性能になったけどPCではないよという話

記事ランキングページ

TOP