作ってみた!ラズパイガジェット達はこちら

Raspberry Pi はどれを買ったらいいの?歴代Modelを簡単に比較してまとめてみました!

model-hikaku ノウハウ(know-how)
スポンサーリンク

Raspberry Pi には種類があります。ナンバリングタイトルはこれまで開発されリリースしてきた歴史です。そのため同時期に発売された別の種類という訳ではありません。

「ラズパイを始めたいけど、どれを買ったら良いのか分からない??」

そういう人のために比較してご紹介します。

どれを選ぶ?

Raspberry Pi は現行モデルを購入しておいて間違いはありません。厳密には、自分が構築したいプロジェクトのコストパフォーマンスを考えて購入するのが正しいとは思います。しかし、初めての場合や、それほど拘らなくても、そもそも消費電力も少なく、大部分の機能は同じです。進化している分だけ、新しいバージョンの方がより良いのは言うまでもありません。

Raspberry Pi 1A+(2014年11月)

現在の現行モデルは、先日から国内でも販売開始した「Raspberry Pi 3B+」です。

これまで3 modelBであった製品の機能向上版となり、4というナンバーを付けるものではないため、プラス記号が付きました。

これは簡単に言うと、Raspberry Pi には2つの種類がありました。modelAとBです。基板を見ても分かるように、Bが現行の通り横長です。Aは正方形に近いです。

 

Pi 1A+

Raspberry Pi 1A+

このModel A は現在では「RASPBERRY PI 1 MODEL A+」が手に入ります。今となっては特殊で、CPUはシングルコアの低クロック周波数、メモリは256MBしかありません。HATなどを取り付けるGPIOも26ピンです。(現在は40ピン)

一番の違いは無線LANがないどころか有線LANも標準にはありません。最新モデルを考えると、使用する用途が限られます。玄人好みする基板になっています。

Raspberry Pi 1B+(2014年7月)

もう一つのModelであるModelBに「RASPBERRY PI 1 MODEL B+」があります。これは現在も購入可能です。※ノーマル1Bは2012年4月

現行の3B+の元となった製品です。この後、2B、3B、3B+と続いています。ModelA系統は続いていません。

この特徴は、基板の形が見た目で違います。GPIOも40ピンになっています。他には、メモリが1Aの倍の512MBになり、有線LANが付いた点が大きな違いになっています。

 

Raspberry Pi 1B+

Raspberry Pi 1B+

この後続くB系統の基本はほぼこの形です。各性能がUPしたに過ぎず、追加要素が大きく加わった時点で2、3とナンバーが上がっていきました。

これも1A+と同様に、性能の上限から使う用途が限られます。やはり玄人好みする基板です。

Raspberry Pi 2 Model B(2015年2月)

1Bから2Bとナンバーが上がった分、性能や機能が変わりました。但し、次の3Bまで1年足らずだったため、3Bのベーシック版のように感じました。

ガンダムで例えるなら、RX-78ガンダムの前のRX-77ガンキャノンにあたるのが1A+または1B+で、2Bプロトタイプガンダムと言えるでしょう!(余計分からないか・・・(笑))

基板の写真では、素人には違いが分かりにくいです。

 

Raspberry Pi 2B

Raspberry Pi 2B

Raspberry Pi 2Bナンバーが上がったことから分かるように、性能が一気に上がりました。CPUがシングルコアからクアッドコアへ(1個→4個)増え、メモリも更に倍の1GB、GPUも250MHzから400MHzへ大幅アップしています。

そのため2となりましたが、その後すぐにWi-Fi(無線LAN)を積んだ3Bが発売されたので、低性能を活かすプロジェクト以外では選ぶ理由も無くなりました。低価格だったので有利でしたが、今ではあまり恩恵はありません。

この2Bを選ぶ唯一の理由は、Wi-Fiが要らない場合だけになったと言えます。

Raspberry Pi 3 Model B(2016年2月)

このノーマル3Bが1つ前の機種になります。そういう意味ではまだまだ現役バリバリです。これまでほとんどの人はこの基板からラズパイに触れたと思います。

現行の3B+との価格差を考えると、敢えてノーマル3Bを選ぶ意味は充分にあります。現状でやりたいことは過不足なく達成できると思います。価格もこなれてきて安く手に入ります。ケースや周辺機器もこのノーマル3B対応製品が圧倒的に多いです。

見慣れた基板です。RaspberryPiはコレというくらいな基板ですね。

 

Raspberry_Pi_3_Model_B本体

Raspberry Pi 3 Model B

さっきのガンダムで例えるなら、RX-78ガンダムという主役機がこのノーマル3Bと言えます!(もうイイって?w)最新の3B+はニュータイプ専用機!・・・みたいな感じです。

Raspberry Pi 3 Model B +(2018年3月)

最新の3B+は過去記事をご覧ください。

新型Raspberry Pi 3 model B+ のスペックと機能の違い

主なRaspberry Piの比較

これまで紹介した主なRaspberry Piをいくつかの性能で比較してみます。詳しくは載せていませんので予めご了承ください。

1A+ 1B+ 2B 3B 3B+
CPU シングルコア
700 MHz
クアッドコア
900 MHz
クアッドコア
1.2 GHz
クアッドコア
1.4 GHz
メモリ 256MB 512MB 1GB
通信 I/F 有線LAN 有線LAN /
Wi-Fi(IEEE 802.11 b/g/n 2.4 GHz)
有線LAN /
Wi-Fi(2.4GHz and 5GHz IEEE 802.11.b/g/n/ac)
USB2.0 1 4
推奨電源 0.7 A
(3.5 W)
1.8 A
(9.0 W)
1.8 A
(9.0 W)
2.5 A
(12.5 W)
2.5 A
(12.5 W)
設定価格と実売 20ドル

実売
約3,000円〜

25ドル

実売
約3,500円〜

35ドル

実売
約4,800円〜

35ドル

実売
約4,320円〜

35ドル

実売
約5,000円前後〜

補足 この表以外の項目はそれぞれ異なります。主なポイントに絞った表です。

表の通り、実売価格と性能が比例しています。現在、ノーマル3Bよりも新型3B+の方が価格が同じであればお得になっています。価格差があるならば、全体の速さとの兼ね合いでコストパフォーマンスを考えてください。

なお、2Bは品薄のためか新型よりも高い価格で販売されていることもあり、あまりお得ではなくなりました。

迷ったら新型

比較してみても元々省電力で省スペースのラズパイは、新しいモデルの方が圧倒的にコストパフォーマンスは良いでしょう。古い機種を購入するには、何か用途が特別な場合になりますので、迷ったらその時点の最新モデルで間違いないとオススメできます。

大は小を兼ねるとも言います。用途によってはオーバースペックであっても、SDカードを交換すれば別のプロジェクトにも使えます。仮に複数台が必要な場合は、機能を絞った下位モデルで安く購入するのもアリです。

この系統とは別に、Raspberry PiにはZero系があります。現在はRaspberry Pi Zero、Zero W、Zero WHの3種類がラインナップされています。それは次の記事でご紹介したいと思います。

※なお、特殊な「Raspberry Pi Compute Module」は個人利用では購入することがないでしょうから敢えてご紹介していません。

Amazonなら送料無料で購入可能です。
初めての人はコンプリートキットなら別に買い揃える必要もなく、手持ちのマウスとキーボード、ディスプレイでスグにRaspberry Pi が使えるのでお得です。

当サイトでは、キーボードとマウス、ディスプレイなしでもセットアップ、操作できるようやり方をご紹介しています。ご参考にしてください。

Raspberry Pi zero W のヘッドレスインストール(キーボードやマウスなしでRaspbianをインストールする方法)

難しい?Wi-Fiの設定に迷ったら読んでください! 当サイトナンバーワンの記事です。

Raspbian のWi-Fi設定(Raspberry Pi 初期設定)

今後も分かりやすい記事を目指して更新いたします。Raspberry Pi なら「ラズパイダ」と思われるメディアにしていきます!

コメント