\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

ラズパイでもmacOS風のDock(ドック)ランチャー、Bullseye+Plank

メインがmacOSなので、アプリケーションのランチャーとしてDock(ドック)に慣れています。Raspberry Pi OSでもつい癖でカーソルが画面下部へ行ってしまうので、ドックランチャーを常設して使っています。

Linux系で新しいDockアプリケーションは、Raspberry Piに対応していないものもあります。BullseyeではCairo-Dockが依存関係でインストールできなかったので、Plankにしました。

インストールと設定をまとめておきます。

この記事の主な流れ

Plank

Raspberry Pi OS (Bullseye)でPlank

Dockyなどが有名なDockランチャーソフトの中で、Plankはそのコア機能で使われています。コア機能の役割のため。スーパーシンプルなドックです。

アレコレと機能はほとんどありませんが、基本的なアプリケーションのランチャーとして使うには十分です。バージョンも2019年から更新されていないのに上手く動きます。(v0.11.89)

Raspberry Pi OS専用ではないので、場面によっては上手くいかない場合もある

使っていて致命的な不具合はまだ遭遇していません。軽いのでオススメです。

インストール

インストールは至って簡単なaptコマンドOKです。ただ、設定ツールのcomptonも一緒にインストールします。

※comptonはインストールしなくてもplankは動作します。comptonはコンポジットマネージャーの1つで透過処理等を担当してます。

sudo apt install plank compton

インストール後はメニューのアクセサリに追加されています。

Plankをそのまま起動すると、画面下部に表示されると思います。

同じくcomptonをインストールした場合は実行させてください。何も起こりませんが裏で動いています。

設定(compton)

ドックランチャーの設定は、ドックのどこかでCTRL+右クリックで表示されるサブメニューの設定から行います。

設定箇所は主に3つあって、外観、挙動、ドックレットです。

先にドックレットについて、プリセットされたアプリケーションを登録することができます。

ドラッグアンドドロップ

他のアプリケーションを追加する場合、分かりやすく確実な方法をお伝えします。

追加したいアプリケーションを実行させると、デフォルト設定では右端にアイコンが表示されます。それを右クリックして「ドックに追加」するだけです。簡単です。

対象のアプリを実行してから右クリックしてドックに追加

外観はあとでテーマを導入してみます。

このままだと毎回メニューからPlankを実行しないとなりません。先に起動時に立ち上がるよう自動起動の設定を行いましょう。

自動起動させる

Raspberry Pi OSでは、主に5つの方法でプログラムの自動実行ができます。その中のautostartの仕組みに登録させます。

ホームフォルダに隠しフォルダで「.config」フォルダがあります。この中にautostartというフォルダを作成し、そこにWindowsで言うところのショートカットを配置させます。

※Bullseyeで試しました。アプリケーションによっては、この方法で自動起動できない場合もあります。

このショートカットとしてのリンク先は、メニュー内からプロパティを覗くことで分かります。設定で使うcomptonも同時に登録しましょう。

この2つのリンクからコピーし、実行権限を与えます。

cd ~/.config
mkdir autostart
cd autostart

cp /usr/share/applications/plank.desktop ~/.config/autostart
sudo chmod +x plank.desktop

cp /usr/share/applications/compton.desktop ~/.config/autostart
sudo chmod +x compton.desktop

これで再起動してもPlankが実行状態、ドックランチャーが使える状態から始められます。

ユーザーpiの所有権がない場合は別に付与しないとなりません。
ls -al コマンドなどで該当のplank.desktopとcompton.desktopの所有権がpi:piになっていれば必要ありません。
必要なら、sudo chown pi:pi plank.desktop

テーマを変更する

Plankはテーマに対応しています。

サイトはたくさんあると思うので「plank theme」など、検索して出てきたGNOME-LOOKから選んでみます。

高評価順でmacOSは人気ですね
ファイルは沢山

ダウンロードしたら、zipを解凍して所定のフォルダに設置することで、設定画面で選べるようになります。

場所は、/home/pi/.local/share/plank/themesです。

隠しファイルの表示は、表示メニュー「」かショートカットキーCtrl + Hで切り替えできますよ。

Ctrl + H

設定の外観でテーマを選べば、その場で適用されます。

選択肢に現れる
ホワイトの透過デザイン

お気に入りのデザインをダウンロードしてみてください。

参考:Plank | gnome-look

シェアする
  • URLをコピーしました!

Raspberry Pi 4、400、Zero2W

販売価格は、必ず販売サイトで確認してください。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで詳しくみる
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで詳しくみる
RaspberryPi
¥15,987 (2022/11/29 14:24時点 | Amazon調べ)
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで詳しくみる

この記事のコメント(承認後に公開)

コメント一覧 (4件)

  • いつもお世話になっております。plank イイですよね!
    compton は設定ツールではなく、buster 以前の raspi os で plank の視覚効果が動作しなかったのを修正するのに必要だったコンポジットウィンドウマネージャだと思います。ワタシはそうやって使ってました。
    今ウチの bullseye では compton 入れずに動いてます。

    • ええ、Plankいいですね。Raspberry PiOSも古いUIから少し脱してきました。

      comptonがCompositeマネージャーというのは知ってますよ。わざと設定ツールと表現したまでです。
      いつもラズパイダでは、難しい印象を減らすためだいぶ端折って表現しています。文系なんで。

      • あ、余計なコメント書いちゃってスミマセンでした(汗

      • いえ、とんでもない。
        端折り過ぎて伝わらなかったり、正確すぎて難しく感じたり、さじ加減が難しいですよね。

        足りなくてご指摘を受けるのはごもっともなので、少し修正しておきます。
        気が付かなかったので有り難いです。

コメントする

コメントは日本語で入力してください。名前は表示されます。メールアドレスは表示されません。

CAPTCHA

この記事の主な流れ