ラズパイでもmacOS風のDock(ドック)ランチャー、Bullseye+Plank

メインがmacOSなので、アプリケーションのランチャーとしてDock(ドック)に慣れています。Raspberry Pi OSでもつい癖でカーソルが画面下部へ行ってしまうので、ドックランチャーを常設して使っています。

Linux系で新しいDockアプリケーションは、Raspberry Piに対応していないものもあります。BullseyeではCairo-Dockが依存関係でインストールできなかったので、Plankにしました。

インストールと設定をまとめておきます。

目次

Plank

Raspberry Pi OS (Bullseye)でPlank

Dockyなどが有名なDockランチャーソフトの中で、Plankはそのコア機能で使われています。コア機能の役割のため。スーパーシンプルなドックです。

アレコレと機能はほとんどありませんが、基本的なアプリケーションのランチャーとして使うには十分です。バージョンも2019年から更新されていないのに上手く動きます。(v0.11.89)

Raspberry Pi OS専用ではないので、場面によっては上手くいかない場合もある

使っていて致命的な不具合はまだ遭遇していません。軽いのでオススメです。

インストール

インストールは至って簡単なaptコマンドOKです。ただ、設定ツールのcomptonも一緒にインストールします。

※comptonはインストールしなくてもplankは動作します。comptonはコンポジットマネージャーの1つで透過処理等を担当してます。

sudo apt install plank compton

インストール後はメニューのアクセサリに追加されています。

Plankをそのまま起動すると、画面下部に表示されると思います。

同じくcomptonをインストールした場合は実行させてください。何も起こりませんが裏で動いています。

設定(compton)

ドックランチャーの設定は、ドックのどこかでCTRL+右クリックで表示されるサブメニューの設定から行います。

設定箇所は主に3つあって、外観、挙動、ドックレットです。

先にドックレットについて、プリセットされたアプリケーションを登録することができます。

ドラッグアンドドロップ

他のアプリケーションを追加する場合、分かりやすく確実な方法をお伝えします。

追加したいアプリケーションを実行させると、デフォルト設定では右端にアイコンが表示されます。それを右クリックして「ドックに追加」するだけです。簡単です。

対象のアプリを実行してから右クリックしてドックに追加

外観はあとでテーマを導入してみます。

このままだと毎回メニューからPlankを実行しないとなりません。先に起動時に立ち上がるよう自動起動の設定を行いましょう。

自動起動させる

Raspberry Pi OSでは、主に5つの方法でプログラムの自動実行ができます。その中のautostartの仕組みに登録させます。

ホームフォルダに隠しフォルダで「.config」フォルダがあります。この中にautostartというフォルダを作成し、そこにWindowsで言うところのショートカットを配置させます。

※Bullseyeで試しました。アプリケーションによっては、この方法で自動起動できない場合もあります。

このショートカットとしてのリンク先は、メニュー内からプロパティを覗くことで分かります。設定で使うcomptonも同時に登録しましょう。

この2つのリンクからコピーし、実行権限を与えます。

cd ~/.config
mkdir autostart
cd autostart

cp /usr/share/applications/plank.desktop ~/.config/autostart
sudo chmod +x plank.desktop

cp /usr/share/applications/compton.desktop ~/.config/autostart
sudo chmod +x compton.desktop

これで再起動してもPlankが実行状態、ドックランチャーが使える状態から始められます。

ユーザーpiの所有権がない場合は別に付与しないとなりません。
ls -al コマンドなどで該当のplank.desktopとcompton.desktopの所有権がpi:piになっていれば必要ありません。
必要なら、sudo chown pi:pi plank.desktop

テーマを変更する

Plankはテーマに対応しています。

サイトはたくさんあると思うので「plank theme」など、検索して出てきたGNOME-LOOKから選んでみます。

高評価順でmacOSは人気ですね
ファイルは沢山

ダウンロードしたら、zipを解凍して所定のフォルダに設置することで、設定画面で選べるようになります。

場所は、/home/pi/.local/share/plank/themesです。

隠しファイルの表示は、表示メニュー「」かショートカットキーCtrl + Hで切り替えできますよ。

Ctrl + H

設定の外観でテーマを選べば、その場で適用されます。

選択肢に現れる
ホワイトの透過デザイン

お気に入りのデザインをダウンロードしてみてください。

参考:Plank | gnome-look

目次
トップへ
目次
閉じる