[クーポン配布] LABISTS JP製ラズベリーパイ4Bセット品に使用出来る割引クーポンはここから
AmazonでラズパイのカテゴリーはベアボーンPCです。ご存じでしたか?

Pirate Audio 4種発売(Pimoroni製)

new-pirate-audio-titleラズパイ本体について
この記事は約5分で読めます。

Twitterで販売することは知っていたのですが発売されました。「Pirate Audio」という名称で、これまでの「pHAT Speaker、pHAT DAC、pHAT Beat」を全部足して、LCDディスプレイとボタンを4つ付けた完成形のHATです。

これ、4種類同時に発売となっていまして、一見すると同じように見えますけど、コレだいぶ異なります。

ちょっとややこしいので、比較してみました。参考にしてください。

スポンサーリンク

4種類を写真で比較

Pirate Audio: Line-out for Raspberry Pi

これは4つの内の1つで、ライン接続(3.5mmジャック)できるバージョンです。

他に、ヘッドフォンに最適化された同じく3.5mmジャック接続できるもの、赤黒のステレオ線を繋げるステレオAMP、小さなスピーカーコーンが付いているスピーカータイプというラインナップです。

価格は全て同じ£19.50
  • Pirate Audio: Line-out for Raspberry Pi
  • Pirate Audio: Headphone Amp for Raspberry Pi
  • Pirate Audio: 3W Stereo Amp for Raspberry Pi
  • Pirate Audio: Speaker for Raspberry Pi

これ、とっても迷いますね。

それぞれが特徴的で機能も異なります。裏面が一番分かり易かったので比べてみましたが、これ、全部の機能が使えたら良かったのに!って思いますよね。

4種類をスペックで比較

Pirate Audio Line-outPirate Audio HeadphonePirate Audio 3W Stereo AmpPirate Audio Speaker
pa-DAC-LineOutpa-Stereo_Headphone_Amppa-stereo_Amppa-Smol_Speaker
Line-level digital audio
(24-bit / 192KHz) over I2S
Amplified digital audio
(24-bit / 192KHz) over I2S
MAX98357A DAC
/ amplifier chip x2
MAX98357A DAC
/ amplifier chip
PCM5100A DAC chipPCM5100A DAC chipMAX98357A DACMAX98357A DAC
PAM8908 headphone amplifier chip
3.5mm stereo jack3.5mm stereo jackStereo 3W (per channel)
audio out
Mini speaker付き
(1W / 8Ω)
Push-fit speaker terminalsPush-fit speaker terminals
Switch for stereo
/ mixed-down mono modes
利用方法
ライン接続スピーカー
ミュージックプレイヤー
利用方法
ポータブルプレイヤー
ヘッドフォン向け
利用方法例
スピーカーと接続する
ミュージックプレイヤー
組み込み向け
利用方法例
ラジオ
効果音プレーヤー
ライト向けゲーム機
共通
1.3″ IPS colour LCD (240x240px) (ST7789 driver)
Four tactile buttons
Mini HAT-format board
Fully-assembled
Compatible with all 40-pin header Raspberry Pi models
Pirate Audio software
Dimensions: 65×30.5×9.5mm

Line-outとHeadphoneタイプがこれまでのpHAT DAC?

3W Stereo AmpがpHAT BEAT?

Speakerは、pHAT Speakerと同じような作りをしています。

まとめ

いずれも共通しているのは、LCDディスプレイとボタンが付いていることです。更に全てのDACは24-bit / 192KHzのハイレゾ対応です。

耳が貧乏な私でも音が良いことは明白に感じます! pHAT DACも1,600円くらいなのにいい音だと思います。

dtoverlay=hifiberry-dac

とあるため、これまでのpHAT DACと性能は同じでしょう。

また、LCDディスプレイはSPI接続なので、GPIOを使っていません。

制御はPython言語で可能で、ドライバなどを含めてPimoroniらしくコマンド一発でインストール可能です。

git clone https://github.com/pimoroni/pirate-audio
cd pirate-audio/mopidy
sudo ./install.sh

MPDのmopidyとして入っていますね。

Mopidyならカスタマイズ可能

もちろんSpotifyやMoodeでも利用可能です。

自分でボタンを増設しなくても最初から4つ付いているため、再生、停止、曲送り戻しなどでこれまでよりも簡単に割り当てできそうです。

これにBluetoothボタンの制御まで入れれば、凝った使い方が出来そうな感じがします。

注意:ケースの上面と裏側が干渉するため、ヘッダーを底上げするブースターヘッドが必要です。

何よりもディスプレイの制御がしてみたいと思います。楽曲のカバー画像は元より、イコライザーやその他の情報を表示できるとアイディアが膨らみそう。

これで古いラジオを魔改造してオリジナルのオーディオ機やポータブルプレイヤーが作るのは夢が膨らみます。電子工作が苦手な人にとってはとても魅力的に思いませんか?

価格はどれも£19.50となっていて、付加価値税を抜くと£16.25 (VAT抜き)、日本円で2,224.11円になります。

Pimoroni側の表示では¥2,277でした。

これに送料が£6.50(889.6円)かかります。

さて、どれを買おうか。

公式:https://shop.pimoroni.com/collections/pirate-audio

届いた!さて、どうしてくれよう;)

とても魅力的なpHATの情報でした。

コメント

  1. Pimoroniから広告メール来てたので記事見る30分前に買っちゃいました。
    ミニマムさがカッコいいので。(ただダサいロゴは入れないでほしかった)
    しかし、まさか4モデルに分かれていたとは..サイトわかりずらい!

    なにをかったのかみてみると…ああああ「Pirate Audio: Speaker for Raspberry Pi」でした。
    違う、欲しいのは「Pirate Audio Headphone」なのに….使ってみてから買い増すか考えます・

    • 一見すると1種類のようで紛らわしいですね。
      私は、「Pirate Audio: Line-out for Raspberry Pi」と「Pirate Audio: 3W Stereo Amp for Raspberry Pi」を買いました。
      今観ると、Line-outの方は売り切れになりましたね。