Retropie

あのPicadeがRaspberry Pi 4Bに対応しUSB-Cバージョン販売中

picade-rpi4Retropie
スポンサーリンク

久しぶりにPimoroniを覗いていたら、いつの間にか「Picade」がRaspberry Pi 4Bに対応していましたのでお知らせします。

スポンサーリンク

Raspberry Piで作るPicade

Picadeは昔のアーケードゲーム筐体をイメージしたキットです。現在は、8インチモニター10インチモニターの2種類が販売されています。

Picadeのスペック一覧
 Raspberry Pi 4 Picade Consoleの特徴
 – Raspberry Pi 4との互換性
 –黒の粉体塗装パネル
 –レトロなアートワークを備えたアクリルコンソール
 –プッシュフィットアーケードボタン
 –黒いボールトップのジョイスティック
 –スピーカー(3W、4Ω、2.5インチドライバー)
 –取り外し可能な背面パネルで簡単にアクセス
 –専用の照光式電源ボタン
 –滑りにくいゴム足–寸法(組み立て済み):245x120x140mm
 Picade X HAT USB-Cの機能
 –ボタンおよびジョイスティック用のイージーデュポンコネクタ
 –プッシュフィットスピーカーターミナル
 – 3Wアンプ付きI2SオーディオDAC(モノ)
 – USB-C給電
 –電源管理、電源スイッチピン、電源ボタン
 –専用Picadeプラズマボタンコネクタ
 – 4ウェイジョイスティック入力
 – 6プレーヤーボタン
 – 4ユーティリティボタン
 – Picade X HAT USB-Cを安全に保持する金属製スタンドオフ
 – Picadeコンソールポスター/組み立て説明書
 – Picadeステッカー

Raspberry Pi(別売)を中に仕込み、Retoropieを使って各種ゲームを楽しむキットです。これまではPicade X HATがRaspberry Pi 4Bには対応していませんでした。USB-CバージョンのHATに変更になっています。

PicadeはRaspberry Pi 4と互換性があり、Picade X HATの新しいUSB-Cバージョンが含まれています。

https://shop.pimoroni.com/products/picade

このキット以外に必要な物は、Raspberry Pi本体基板、USB-C電源アダプター、micro-SDカードだけです。

基本のラズパイ部品3点ですね。つまり一体型のケースみたいな物です。

しっかりした筐体だけに販売価格もしっかりしています!

Picade Price

ただのRaspberry Pi好きではなく、ゲームマニアであれば安いものでしょうか?

筐体自体はそれなりの大きさであっても机上に置けるのでインテリアとしてもイイかも。

Picade Build - Section 11 - Getting Up and Running

RetropieもRaspberry Pi 4Bに対応

2020年4月30にバージョンアップしてRaspberry Pi 4Bに対応しました。

ラズパイ4に対応したRetroPie 4.6がリリース
長らく更新されていなかったRetroPieがRaspber...

問題はRetoropieか?

retropie-logo

実は2020年2月の時点でもRetoropieは正式にRaspberry Pi 4Bに対応していません。これではちょっと意味がありませんね。
主にRaspberry Pi 4Bの電源周りの不具合で、RetroPieの最新のイメージファイルはv4.5.1(2019年7月17日リリース)のままです。
ただ、公式のフォーラムを覗くと、動いているようです。
Bluetoothと接続問題、サーネルの更新の影響、そしてオーバークロックすると起動しないなど、いくつも課題は残っているようです。
せっかくPicadeがRaspberry Pi 4Bに対応しても肝心のOSとしてRetoropieが不安定ではなかなか勧められませんね。価格もそれなりにしますから。

これで正式にPicadeRaspberry Pi 4Bに対応となりましたね。

グレーなゲームROM

もっと問題なのは、やはり遊ぶゲームROMです。

このラズパイダでも何度か取り上げていますが、日本においては合法的に市販ゲームを遊ぶ手立てはありません。

そういう意味でこのPicadeに私はあまり興味が沸きません。

この筐体は良く出来ているみたいですから、ラズパイの筐体としてモニターやコントローラーが付いているのは魅力的です。

個人でゲームなどを開発されている方には最適なんじゃないでしょうか。

著作権フリーの遊べるゲームROM

市販品と変わらない完成度です。ファミコン形式のROM(.nes)です。
ブレイドバスターはPD-ROM(パブリックドメイン)でほぼ合法的にダウンロードして遊べます。

日本人により開発されています。

bladebuster

ブレイドバスターみたいなゲームがたくさんあれば良いですけどね。あとはPico-8かな。

Raspberry Pi 4Bに対応が多くなる?

Pimoroniの製品は予めスクリプトが用意されており、ハードウェアの初期設定がとても楽です。

Picadeも下記のようにcurlでダウンロードしてインストールするだけで設定が終わります。

curl https://get.pimoroni.com/picadehat | bash

こういったスプリクトもRaspberry Pi 4Bに対応していくでしょう。

偽物Fake-Case-Logo

これまでのRaspberry Pi基板はなかなか手に入らない状態になっています。Raspberry Pi 4Bの性能が一気に上がったせいで、販売価格は高くなりましたが性能でのコスパは最も良いと思われるからです。

大は小を兼ねるではないですが、スペック的に過不足ないのは確かにRaspberry Pi 4Bです。Raspberry Pi Zero W系のような小ささを活かした利用以外であればほとんどのプロジェクトに活用できます。

個人的にはRaspberry Pi Zero Wが好みです。あまり高機能は望みません。

デスクトップ環境PCとしても使えるくらいに高性能になったRaspberry Pi 4Bは学習用にもってこいです。

単機能を割り当てて自宅で活用するのに、高価なラップトップPCも要りません。Raspberry Pi未経験の人は、このPicadeなどキットから入ると楽しいので挫折しないかも知れません。

PicadeがRaspberry Pi 4Bに対応したお知らせでした。Retoropieが正式に対応するのも時間の問題かと思いますので期待したいですね。

Retoropie公式https://retropie.org.uk/
Pimorinihttps://shop.pimoroni.com/products/picade

スポンサーリンク
ラズパイダ

コメント ご感想をお願いします。

タイトルとURLをコピーしました