日本語版Raspberry Pi 400、国内販売が開始されました

コロナ禍の中、発表から遅れていたキーボード一体型のラズパイ「Raspberry Pi 400」が、国内RSオンライン代理店「KSY」で販売開始されました。2021年7月29日に販売開始し、既に初回分は発売当日に売り切れています。

KSYの販売価格は、単品9,790円(税込)、マウス、電源アダプター、HDMIケーブル、microSDカードが付いたスターターキットは、13,200円(税込)です。

他の販売店でも徐々に取り扱いが増えてくるでしょう。

製品はキーボード一体型のため、初心者に向いているモデルです。基本の性能は、これまでのRaspberry Pi 4と大きく異なりません。

Raspberry Pi 400の情報は、これまでご紹介してきた記事もご覧ください。

今後、日本でもお子さんを中心に広まってくれたらと期待しています。

記事執筆時点では、Raspberry Pi公式のコンプライアンスページにはJAPANの文字はまだありませんでした。コレまで通り、少し遅れて掲載される見込みです。

なお、総務省の技術基準適合証明等を受けた機器のページで確認したところ、7月13日の日付で適合証明されています。

ラズパイダの使用レビュー

目次

日本語版Raspberry Pi 400販売店の情報

国内で購入できるお店は以下です。Amazonは販売元をご確認ください。他国からですとお届け日がかなり先になっているので気をつけましょう。

それぞれ、単品であったりセット品、付属品の違いからも価格が異なります。

海外ならこの2店

※但し、日本語版は無く、日本の技適に適合していない場合があります。

目次
トップへ
目次
閉じる