【コラボ企画】Raspberry Pi 愛に溢れるラズパイダのご訪問者に向けて新型Raspberry Pi 4Bのセット品をプレゼント!——クリックして特集記事へ

ミュージックサーバをVolumio2+pHAT DAC+ZeroWHに入れ替えた

スポンサーリンク
pHAT DAC 作ってみた!
この記事は約4分で読めます。

Raspberry Pi 3Bのミュージックサーバを、先日に購入したpHAT DACとRaspberry Pi Zero WHの構成に入れ替えました。

音を良くするということよりも、より消費電力が低い構成に変更したかったからです。実際に音楽のことはちーとも分かりませんので、音の違いというのはあまり気になりません。

理屈的にはRaspberry Pi 3BだとCPUは速いものの本体で処理していますよね。今回はpHAT DAC側で処理しているので、例えRaspberry Pi Zero WH側のCPUが遅くても充分間に合うということになります。(ハード処理それも別の)

では、セットアップの注意点を載せておきます。

スポンサーリンク
Raspberry Pi 4Bスターターセット
スポンサーリンク
Raspberry Pi 4Bスターターセット

セットアップはこれまでと同じ

Raspberry Pi 3Bと同様のインストール方法になります。

唯一違うのはpHAT DACをI2sとして指定してあげることでしょう。

ここにpHAT DACと選べますが、実際にはhifiberry-dacです。ですから、ここでhifiberry-dacを指定しても同じ結果でしたよ。

{“id”:”phat-dac”,”name”:”pHAT DAC”,”overlay”:”hifiberry-dac”,”alsanum”:”1″,”mixer”:””,”modules”:””,”script”:””,”needsreboot”:”yes”},

https://volumio.github.io/docs/I2S_DACs/Adding_Compatibility_to_your_DAC.html

現在はhifiberry-dacだろうがpHAT DACだろうが、どちらでもOKですね。/boot/config.txtも確認しました。問題ありません。

セットアップのスクリプトは未対応

このpHAT DACに用意されているPimoroniのスクリプトは、最新のOSのStretchに未対応です。

今回はRaspbianではなくVolumio2ですから、そもそも対応していませんね。

This script will set everything up for you whether you are running Raspbian Wheezy or Jessie (including Jessie Lite).

しかし、Volumio2でDAC指定するだけで問題なく再生可能でした。

追加でDual Phono Connector for pHAT DAC(白い奴)を購入して付けました。ついでに購入しただけでそれを繋ぐアンプは持っていませんw 基本はLineOUTで使っています。

Dual Phono Connector for pHAT DACははんだ付けしなくて良さそうでした。しかし、つけてしまった・・・。外れないからまぁいいか。

phat dac

参考までにスクリーンショット

何かと参考になるVolumioの設定画面を載せておきます。ご参考にしてください。

環境は、pHAT DAC、Raspberry Pi Zero WH、Volumio2、アンプ付きスピーカーセットへLineOutで接続しています。

ネットワークHDDをマウントして、Spotifyのプラグインを2つ入れて、Spotifyはプレミアム会員(有料月額980円)です。※無料会員ではVolumioで再生できません。

スクリーンショットはクリックで拡大します。

マイミュージック

プレイバックオプション

プラグイン

システム設定

ネットワーク設定

外観

Raspberry Pi Zero Wでも不足なし

Raspberry Pi 3Bとの組み合わせだとオーバースペックかな?と思っていて、もっと小さくエコなミュージックサーバならRaspberry Pi Zero Wですね。

全くもってスペックに不安もなく、音もイイ。

安いし、簡単だし(はんだ付けは面倒w)、置き場所も困らない。

ケースにこだわってみるのが面白そう。道具がないので先達には叶いませんけど、透明なケースでLEDでも付けたいですね。

最後に、ソウルの女王「アレサ・フランクリン」のご冥福をお祈りいたします。今夜はThnikでも聴きながら・・・。

コメント