ラズパイのフォーラムはじめました
[63時間] Amazonタイムセール祭りで買うラズパイ製品

毎月開催されるAmazonの「タイムセール祭り」は8/31〜9/2で開催されます。
今夏、はじめてラズパイを使いたい人は選び方などの参考にしてください。
セールで狙うべき商品などをまとめてみました。

特集ページを読む

ラズパイ4Bはヒートシンク必須、学生こそラズパイ、携帯ゲーム機もラズパイ—海外の記事から

overseas201907-title ニュースと話題
この記事は約4分で読めます。

最新ラズパイ4Bやラズパイに関連する海外の記事を3つご紹介します。

スポンサーリンク

ラズパイ4Bの発熱問題

ラズパイ4BのCPUであるBroadcom BCM2711プロセッサはかなり発熱することが問題になっています。ファームウェアで対処するような情報もありますが、まだ解決されていません。

日本ではまだ手に入りませんが、修正されて販売されることを望みます。仮に未対応のままでもせめてファンは取り付けないとならないかも知れません。

海外のJean-Luc Aufranc氏が「Raspberry Pi 4 ICE Tower CPU Cooling Fan Tested」というタイトルで自作PCのように大きな冷却ファンを装着し、ベンチマークテストから温度の変化を公開しています。

大きな背の高いヒートシンクと真横に取り付けられる(光る)ファンはSBCのラズパイには大袈裟にも映ります。

この冷却ファン(ヒートシンク+ファン)を用いた場合と、ファン無しでヒートシンクのみの場合の比較温度は以下です。

アイドル時最高値
ヒートシンク+ファン約37℃約46℃
ヒートシンクのみ約52℃約63℃

 Broadcom BCM2711プロセッサは、温度が85℃に達するとスロットルをかけるので、ボードは65℃前後で80℃をはるかに超えるまでアイドル状態になり、頻繁にスロットルされます。

このことから、あまり大きくなくても約60℃台を保つにはヒートシンクがあれば充分という結論でした。

むしろ、何も施さないで使用するにはラズパイ4Bの性能は活かせませんね。

ラズパイを使った学生向けのアイディア

Lauren Barack 氏は「Bring physical computing to students with these 3 Raspberry Pi ideas」という記事で学生向けに3つのアイディアを紹介しています。

Raspberry Pi Foundationのおかげで、物理コンピューティングの基本を学生に教えるための安価なツールがすぐに利用できます。

安価で単純な構成でも、ラズパイはいわゆるコンピューターの基板です。余計なリソースはありませんから、素早くコンピューターとして構築して基礎を学び始められます。

順番に基礎から学ぶような学習ツールにはもってこいです。

記事内で紹介された学習アイディア

  1. LEDライトを物理ボタンのON/OFFで制御する
  2. 温度センサーを使い温度をLEDの色で表現する
  3. サウンドセンサー付きサーボで音を検知し静かな方を示す

物理コンピューティング(≒電子工作)

日本でも行われているLチカを代表するように、ボタンを押したら光るといった単純な物も実際のプログラムコーディングによって仕組みを学ぶことができます。

他にもセンサー類、スピーカーやマイクを利用して実用性のある仕組み(システム)も構築できます。

このサイトでも行っているように、何をしたらどうなるかという基本的なことを数行のプログラムで学べます。いずれ徐々に複雑なことも理解して実践できます。

LEDライト部品は300パックで僅かに6ドルの費用しかかからない。

この装置は「本当に頑丈」で、過去5〜6年で壊れたものは1つもなく、学生に使用しています。

このようにあまり費用を掛けずに基本的な電子工作と、プログラム言語(Python、Scratchなど)を学べます。

Raspberry Pi Compute Module 3 Liteの携帯用ゲーム機

本当に海外の人は携帯用ゲーム機がお好きですよね。それも自作するとか行動力がスゴイ。

クラウドファンディング(KickStarter)で話題の「Lyra handheld game console is also a portable, Raspberry Pi-powered PC (Crowdfunding)」をご紹介します。

これ、確かにゲーム機なんですけど、実は本格的なLinuxコンピュータとして使用できます。

というより、Linux環境PCが元で、ゲームマシンとしても構築できるという位置付けのようです。

2019年8月27日で締め切りです。記事執筆時点で、¥6,504,787となっておりました。

Raspberry Pi Compute Module 3 Liteを使用しているのは初めてみました。

マウスやキーボードを繋いでPCとして使用できるものの、これをビジネスで使ったらゲームで遊んでいると思われますね。

興味がある人はプロジェクトに応募してください。

クラウドファンディングキャンペーンの間、Lyra DIYゲーム機は149ポンド(約185ドル)またはRTG(準備完了)バージョンを179ポンド(約225ドル)で予約できます。

コメント