「fre:ac」はラズパイでもmp3やFLACに変換できる無料のオーディオコンバーター

公式Raspberry Pi OS

オープンソースでマルチプラットフォームで動作する「fre:ac」は、無償で利用できるオーディオコンバーターソフトです。元々は「BonkEnc」という名前で2001年から存在する超老舗のソフトウェアで、2014年に「fre:ac」に改名していました。

2014年11月から2020年6月まで更新されていなかったのに、活発に更新し始め、とうとうmacOSのBig Sur、Mac silicon対応という勢いです。

マルチプラットフォームということは、当然Linuxもなんですけど、Raspberry Pi OSでもバッチリ動作し便利だったので皆さんにご紹介しておきます。どうやらUbuntu版が中心に開発されているようですね。

ダウンロードや公式ページは記事の最下部にまとめて記載してあります。

fre:acはマルチプラットフォーム

「fre:ac」はマルチプラットフォームで主にWindows、macOS、Linux、FreeBSDに対応しています。

Linuxではx86もARMにも対応し、それぞれ64bit、32bitにも対応しています。(Raspberry Pi OSはCPUアーキテクチャはARMです)

WindowsやMacではインストール式ファイルをダウンロードしてインストールすればOKです。

Linux版のダウンロード

「fre:ac」をRaspberry Pi OSで使う方法は主に2つ。

AppImage形式か、Snappyでインストールする方法です。Snappyはsnapコマンドを使います。

ちょっと聞き慣れないですね。

AppImage

このAppImageの場合は簡単です。先ほどのダウンロードページから「.AppImage」のファイルをダウンロードして実行するだけです。

freac-1.1.3-linux-armhf.AppImage(これは32bit版)

Linuxの場合、Windowsと違い、実行する権限を与えてあげないとなりません。

先ほどの32bit版に実行権を与えます。

chmod a+x freac-1.1.3-linux-armhf.AppImage

chmodはファイルやディレクトリのアクセス権(実行権等)を変更する場合に使うコマンドです。(参考【Raspbian】よく使うコマンド一覧

オプションの「a+x」の「a」は全ての意味、「x」は実行権限の意味です。

デフォルトではWEBブラウザからダウンロードしたファイルは./Downloadに入ります。

先のchmodコマンドを実行した後、「fre:ac」を実行するには以下です。

./freac-1.1.3-linux-armhf.AppImage

実行権限を与えているので、ファイルを直接にマウスでダブルクリックしても起動します。

簡単ですね。

AppImage形式を起動したfre:acのメイン画面
.AppImage形式を起動したfre:acのメイン画面

直接実行している

実はこの.AppImage形式というのは、Windowsで言えば、ダウンロードしたEXEファイルを直接実行している状態です。

そのため、ファイル自体を移動してしまうとパスが変わってしまいます。ファイルアイコンをダブルクリックしても起動できます。

そういう使い方なのでインストールしたとは異なります。インストールしたから要らないファイルとはなりません。(.AppImage)

分かりやすいように専用のフォルダに.AppImageを格納して使うのが良いでしょう。

Snappy

fre:acのsnapcraftの画面

Raspberry Pi OSでもsnapをインストールしてコマンドが使えます。こちらはaptのようにアプリ管理システムとしてSnappyを使うことになります。インストールする形なので、aptと同じように思えますけどかなり変則的です。

SnappyはUbuntuのCanonical社がパッケージ管理システムとして開発しました。

結論からいうと、Raspberry Pi OSでSnappyはあまりおすすめできません。

今回、試してみるとfre:acでは日本語が文字化けしました。

snapコマンドでインストールしfre:acは文字化け
snapコマンドでインストールしfre:acは文字化け

snapコマンド

今後のバージョンアップで対応するかも知れないので、Raspberry Pi OSにsnappyを導入する方法を記しておきます。

sudo apt update
sudo apt install snapd

aptからsnapdをインストールした後、snapコマンドでFre:acをインストール。

sudo snap install freac

実際に使う場合は、ターミナル画面にそのままソフトウェア名です。

freac

これで先ほどのようにfre:acのメイン画面が表示されます。

こんなエラーが出ます。

/bin/bash: warning: setlocale: LC_ALL: cannot change locale (ja_JP.UTF-8)

localeをイジってみても変わりませんでした。画面表示にgtkが使われているのでそのせいか、Dockerのように仮想的に実行されているからなのか、そもそもsnap形式の開発段階でのlocale問題なのか、適格な理由が見つかりませんでした。

別途にフォントを入れても意味はありませんでした。そもそもlocaleの設定は合っています。個人的にはバグとして諦め、snapコマンドの場合は、fre:acの設定画面から言語を英語に変更して使うしかないですね。

https://raspida.com/wp-content/uploads/raspida-green-face-300x300.jpeg
パイグリーン

いや、分かるならフランス語でもいいけどね

日本語もバッチリ

流石に長い歴史があるだけに日本語化もバッチリ対応済みです。普通に使う分には何ら問題ありません。(※snapでのインストールでは文字化け)

翻訳言語サポートは40以上

画像は途中で切れています。100%翻訳済みの言語をざっと数えても25言語ありました。

英語が苦手な人には日本語表示は有り難いです。.AppImage形式は日本語で快適に利用できます。

バグは多い

クラッシュします。ええ、落ちます。とは言ってもバグなので特定のパターンだけです。

それにAppImage形式で使う場合は、macOS版との比較でRaspberry Pi OSでは安定していました。

mac版のfre:acのメイン画面
mac版のfre:acのメイン画面

私が経験したのは読み込むファイルを条件指定して開くという場合に落ちました×3。ただ、これはmacOS版です。

他にもファイルをドラッグ&ドロップしようとすると、なかなか受け取らないで2テンポくらい遅れました。

Githubを覗いてみると、4、5ファイルのエンコードでクラッシュしたともあります。(Windows10版)

この辺は各自使ってみて確かめてください。皆さんがフィードバックすれば徐々にバグは減っていくでしょう。

(ごめんなさい。Windows10ではまだ試していません)

変換出来た

なんだ、バグばっかりでつかえねーじゃん?

いやいや、AppImage形式で実行すれば、そこまで醜くありません。実用的です。

それに無料で使えるマルチプラットフォームのソフトウェアは貴重です。

バグが出た場合も何度かトライしてエンコードは出来ましたよ。macOS独自のm4aからmp3へもできました。

どうやらFLACやm4aといった可逆圧縮音声ファイルフォーマットだとバグる確率高いみたいな印象でした。テストとして50ファイルくらい小分けに試してみたところ出来ましたけどね。

まぁ、バグはなんでもつきものです。

個人的に音楽ファイルは随分前からFLAC形式で再生させています。これまでCDからリッピング&エンコードするのに「XLD」を使っていました。この「fre:ac」の方が今後は良いかも?
※XLDは新しいmac silicon版ではまだ動作しません。

\ Raspberry Pi 4はメモリー8GBが最新 /

【セット概要】「データーベース」「Webサーバー」「NAS」「AI処理」「4K画像での2画面処理」などの高負荷がかかる処理を、長時間稼働させるのに必要な負荷テスト行い、当社で厳選した高品質なパーツを組み合わせたセットです。高品質なAnker製USB電源の採用、トラブルの原因になりやすい電源周りをデジタルモニターリングできるをType-Cケーブル、Raspberry財団認定モデル 高速タイプ 100MB/sec 128GB MicroSD、静音FANによる強制冷却など、高負荷運用でも長期に渡る安定稼働が可能です。また単品でご購入いただくよりお得です。

マルチコーデックで相互エンコード

この「fre:ac」は、多くの主要なオーディオコーデックに対応しています。

  • MP3
  • M4A/AAC
  • FLAC
  • WMA
  • Opus
  • Ogg Vorbis
  • Speex
  • Monkey's Audio (APE)
  • WavPack
  • WAV

しかもこれらを決まったパターンではなく相互に変換できる優れものです。

昔みたいに追加でコーデック入れなくてもOKなんです。

フリーの楽曲データベースにも対応

音楽CDのリッピングをしたことがある人はご存じの「freedb/CDDB」に対応しています。GNUdb CDデータベース「gnudb.org」です。

実は有名な「freeDB.org」がちょうど2020年3月に終了してしまいました。その後継にいくつかありまして、海外だと「MusicBrainz」なんか有名です。

この辺は私は専門ではないのでこの辺にして…。

とにかく、日本語の楽曲もちゃんと取得できますよ、ってことです。

ラズパイでもLet'sエンコーディング

動画(Video)全盛の時代で音楽などのオーディオエンコードはあまり容量も食わず、一般的なPCやラズパイのようなSBC(シングルボードコンピューター)でも扱うのが楽になりました。

有料でも仕方ないレベルの機能が無償で使えるのは助かります。オープンソースならではですね。

ラズパイでも音楽を扱うのは容易です。バグは多いとはいえ、このソフトウェアで好きな形式に変換して個人で楽しんでください。

気になるオープンソースのソフトウェア「fre:ac」でした。

公式https://www.freac.org
ダウンロードページhttps://www.freac.org/downloads-mainmenu-33
githubhttps://github.com/enzo1982/freac

ラズパイダ

ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 はじめて向け
  1. Pimoriniからシンプルスーパースリムな「Audio DAC SHIM」

  2. Raspberry Pi OS のバージョンアップ方法とaptについて

  3. 遊び半分、学び半分でRaspberry Piを活用しよう!

  4. Raspberry Pi Imager更新、イメージ選択数を計測のためデータ収集も

  5. 「fre:ac」はラズパイでもmp3やFLACに変換できる無料のオーディオコンバーター

  1. 【初心者向け】Raspberry Pi 4との接続方法(電源、HDMI)

  2. 【初心者向け】はじめてRaspberry Pi OS をダウンロードする人へ

  3. Raspberry Pi OS のインストールは、公式ツール1つだけでOK

おすすめの記事

  1. TwisterOSで懐かしのWindows、最新macOSの見た目でラズパイを使う

  2. これも動く、風変わりなOS〜Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  3. ラズパイ(Raspberry Pi)を使ってできるメディアセンター3選

  4. 期待が高まるWindowsに似ている新しいLinuxのフレーバー「Endless OS」がRaspberry Pi 4用に登場予定

  5. Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  6. ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

今月の人気記事

  1. 1

    Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  2. 2

    ラズパイ4をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)

  3. 3

    初心者でもラズパイでNASサーバーを作ってみよう!

  4. 4

    Raspberry Pi 4の初期設定2020年版

  5. 5

    Raspbian のWi-Fi設定(Raspberry Pi 初期設定)

  6. 6

    Raspberry Pi 4を起動したのにモニターに画面が映らない対処法

  7. 7

    ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  8. 8

    ラズパイで使うmicroSDカードの選び方

  9. 9

    Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  10. 10

    ラズパイ4はPCライクな性能になったけどPCではないよという話

記事ランキングページ

TOP