OMV6とRaspberry Pi 4で作るNASサーバーの設定

Openmediavault(OMV6)のインストールはRaspberry Pi OS bullseyeにOMV6を新規インストールの通りです。ラズパイダでは、これまでOMV4、OMV5の記事はたくさん読まれてきました。今度はOMV6とバージョンが上がっていますが、基本はOMV5と変わりません。

見た目と操作感が変わったので、改めてご紹介しておきます。

HDDがある人は、Raspberry Pi OS Lite(32bit) bullseyeでトライしてみてください。

目次

WebGUI画面にログイン

ログインする画面で右上の地球儀アイコンから日本語を選べます。あとからも設定できます。

初期のIDとパスワード: admin / openmediavault

管理者adminのパスワードはログイン後に変更しましょう。

omv6-adminpassword

変更後に適用

WebGUIの設定画面で、内容を変更したら上に黄色いバーが現れます。チェックを押して適用させることで、変更した箇所が確定します。

面倒ですが間違えない仕組みです。「ヤッパリ、やーめた」ができる。

ユーザーの追加

NASで使うことを前提に、その時にログインさせるユーザーを新規に作成します。

他のPCやスマホから、sambaサーバで共有接続するとき、ユーザー名とパスワードを聞かれますが、ここで設定したユーザーを使います。

※ユーザー名はシステムに登録されている名前は利用できません。

グループに割り当てるのに、公式では最低でも「adm、root、ssh、sudo、users」に追加とあります。sshは使わないのであれば必要なく、任意で必要なグループに加えます。

例えば、Raspberry Pi 4のGPIOを使うのなら、gpioのグループにも加えます。

デフォルトでは、ユーザーpiと、グループpiが有るはずです。最終的にはユーザーpiは削除した方が安心です。piと同じような権限を持つユーザーを作るのも良いですね。

設定手順3ステップ

追加でユーザーを作成した後、大まかな手順としては3ステップで最低限のNASとして機能します。

ここではUSB接続の外付けHDDを1台用意し、USBポートに接続した状態で進めます。

HDDをOMV6のRaspberry Piにマウントし、HDD内に共有フォルダを指定、sambaサービスを有効にしてsamba共有フォルダとユーザーを指定することで共有できます。

ステップ
HDDをマウント

メニューのディスクでHDDを指定し、次にファイルシステムでマウントします。

その後にファイルシステムをマウント

ステップ
共有フォルダの指定

マウントしたHDDのどこを共有フォルダにするか指定します。

ACL(アクセスコントロールリスト)から、パーミション(権限)をユーザー毎に指定します。

ステップ
sambaを有効、共有フォルダを指定

サービスのSMB/CIFSの共有から、先程の共有フォルダを指定します。

omv6-permission-eg
SMB/CIFSサービスの有効

同内にある設定から、一番上にある有効にチェックを入れるとsambaサーバが有効になります。これで他のネットワークからアクセス可能になります。デフォルトで参照可能になっていますので、PCのネットワークで表示されます。

新しく作ったユーザー、共有フォルダ → sambaの共有フォルダとアクセスユーザーに指定

設定はこれだけに限りません。最低限はこれでNASとして機能します。

読み書き権限について

samba共有ができて、他のマシンから閲覧できても、ファイルの読み書きが出来ない場合、パーミションが適切に設定できていません。

一概には言えませんが、HDDや共有フォルダ、ユーザーに以下の箇所を確認しましょう。

  • ACL(アクセスコントロールリスト)
  • 再帰的
  • 権限の継承

これも使い方によるので、1つの答えはありません。

設定する場所は主に3箇所

権限(パーミション)を設定する箇所は、主に2箇所あります。

ユーザーマネジメントにある「共有フォルダの権限」

ストレージメニュー内の共有フォルダには、特権とACL(アクセスコントロールリスト)があります。

そして、SMB/CIFSを有効にする画面にもあります。

例えば、ストレージの共有フォルダにACLか特権で読み書きを指定し、SMB/CIFSでは「ACLを継承」にもチェックを入れるとファイルがコピー出来たり新しいフォルダが作成できるでしょう。

複数のユーザーを混在させたり、1つのユーザーで全てをまかなうこともあるため一概には言えません。最初は新しく作成したユーザーだけで設定してみてください。

ダッシュボードウィジェット

OMV6からは、ダッシュボードに色々な情報を選んで表示できるようになりました。特に重要というわけではありませんが、一度に必要な情報を得られるウィジェット機能は気に入りました。

omv6-dashboard

初めてログインした直後の画面では、インフォーメーションにあるリンクから設定できます。

デフォルトではこのリンクから

表示したいウィジェットを選ぶだけです。

あとから設定する場合は設定アイコンの中にあります。

HDDがあれば簡単

USBで接続する外付けHDDは何でも構いません。外部電源が付いている機種なら、気にせず2台をUSB3.0接続で利用できます。

この記事でご紹介したのは以下のSeagate 外付けハードディスクです。

簡易的とはいえ、本格的なファイルサーバーとしてのNASをRaspberry Pi 4で構築するのは実用的な方法です。特にネットワーク周りに詳しくもなれると思います。

市販のNASの半額程度で構築できるのも嬉しい。もしもHDDが余っているのなら、有効活用の1つで使ってみてください。

Raspberry Pi 4は、NASとして24時間365日で使う前提なら、冷却ファンがあると更に安定するでしょう。
新しくなったRaspberry Pi OSとOMV6でした。

冷えてカッコイイ! Raspberry Piのケース

\【最大60%OFF】 Kindle本 目標応援セール/
Amazonで詳しくみる
\【最大60%OFF】 Kindle本 目標応援セール/
Amazonで詳しくみる

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。お願いいたします。

CAPTCHA

目次
トップへ
目次
閉じる