OpenMediaVaultのメール通知をGmailでおこなう設定方法

openmediavault

OpenMediaValt 5(OMV5)の設定に、システムの状態異常を知らせるためにメールで通知する機能があります。しかし、これがちょっと分かりづらい。特にみんな大好きGmailで設定するのは、公式のドキュメントを読んでもそのままの答えが見つかりませんでした。

ミュージシャンのアルバムからシングルカットのように、これはっ!という箇所だけ抜き出してご紹介します。Gmailを利用したメール通知以外の設定やインストール方法などは元の記事をご覧ください。

元記事はこちら!

間違えると

メールの通知を間違えるとシステムログにfailureの記載が見つかります。postfix/errorなどがfailureとなっています。成功すればpostfix/smtpなどになっているハズです。

設定する場所にテストメール送信ボタンがあります。押せば、本来はスグにメールが届きます。しかし、設定を間違えると何も起こりません。

ここで何度もテストメール送信を押すと、あとでまとめて送信されてくる場合がありますから注意してください。

設定のキモは2つと暗号化モード

Gmailが他のメールと異なるのは、2段階認証が必要且つ、アプリパスワードが必要な点と、OMV5のアカウントユーザー名の項目は@以下のドメインも含める点です。

  1. Gmailの設定で2段階認証の設定をしてアプリパスワードを発行する
  2. アカウント名はメールアドレス全部(@以下も入れる)

Gmailは通知で使用できます。但し、アカウントで2段階認証(2FA)を有効にしている場合、アプリパスワードを作成する必要があります。
Googleのアプリパスワードの生成はGoogleで調べてください。

暗号化モード

更にうまく行かない場合は、SSL/TLSではなくSTARTTLSに暗号モードの項目を変更してください。(ハンドシェイクエラーと出ていたので認証で引っかかっているみたい)

どうやらSTARTTLSは専用のポートでなくても送信できてしまうので、メリットとしてとにかく送信できる反面、セキュリティとしては弱いことになります。届いたメールの詳細を確認すると、暗号化の鍵マークがありません。

STARTTLSの詳細

SSL/TLSやSTARTTLSについては専門的になるので、ご自分で調べてみてください。
ちなみに、サーバーとどういうやり取りをしているのかは、テストできるサイトがあったので試してみました。興味がある方は合わせてどうぞ。

TLSをテストしてみた

このようにSTARTTLSとありますよね。
どうやらGmailとiCloudはSTARTTLSをメール送信のために提供しています。

starttls

テストしたのはwww.checktls.comにある https://www.checktls.com/TestReceiver です。

セキュリティ対策を考えれば、Gmail以外のメール送信サーバーを設定したいですね。

成功したGmailでの設定

問題無く成功した例を載せておきます。ご自分の環境と照らし合わせてみてください。

キモは、アプリパスワードを使う点と、ユーザー名にドメインまで入れる
そして上手くいかない場合はSSL/TLSではなくSTARTTLSにする。

もしかしたらSSL/TLSでもOKなのかも知れない??
試してみたら、だいぶ遅延して届きました。・・・ちょっと分かりません。
STARTTLSにするとスグにメールが来ました。

成功!

検索用としてsyslogのエラーメッセージを残しておきます。

omv openmediavault
postfix/error
status=deferred (delivery temporarily suspended: Cannot start TLS: handshake failure)

メール通知のタイミング

通知タブでどういったタイミングで送信するのか決められます。
S.M.A.R.T.が有効だと、ハードディスクドライブの容量が足りないだけでも通知があるので、インターバルを1日の秒数(86400)に変えるなどした方が良いです。

インターバルはS.M.A.R.T.の設定タブ有効ボタンの下です。

また、Webの管理画面にログインしても、ログインされましたと通知が来ます。これはファイルシステムが無効でも来ました。

後ほど、S.M.A.R.T.の設定とモニタリングを有効にすることで検知できます。

モニタリングは有効(緑色)にするだけです。

S.M.A.R.T.に未対応のHDDならここは選べません。新しいものなら大抵はありますけどね。

以上、「ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法」からのシングルカットでした。

ラズパイダ

ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 はじめて向け
  1. ラズベリーパイは小さなホームサーバーに最適、自分好みはプライスレスな4選

  2. あのMX LinuxがRaspberry Pi 向けイメージMXFBPをリリース

  3. OMV5のアップデートエラー回避

  4. Raspberry Pi Pico マイコンボード、僅か4ドルで登場

  5. お掃除ルンバのアイロボットから教育用ロボット「Root」発表

  1. お掃除ルンバのアイロボットから教育用ロボット「Root」発表

  2. 【初心者向け】Raspberry Pi 4との接続方法(電源、HDMI)

  3. 【初心者向け】はじめてRaspberry Pi OS をダウンロードする人へ

おすすめの記事

  1. これも動く、風変わりなOS〜Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  2. ラズパイ4で動いたOS一挙に10選とおすすめのデスクトップ代替OS

  3. DAZNをラズパイのLibreELECで観る方法

  4. ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  5. ラズパイ(Raspberry Pi)を使ってできるメディアセンター3選

  6. NextcloudとRaspberry Pi 3B+で作る自分専用クラウド

今月の人気記事

  1. 1

    Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  2. 2

    ラズパイ4をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)

  3. 3

    初心者でもラズパイでNASサーバーを作ってみよう!

  4. 4

    Raspbian のWi-Fi設定(Raspberry Pi 初期設定)

  5. 5

    Raspberry Pi 4の初期設定2020年版

  6. 6

    Raspberry Pi 4を起動したのにモニターに画面が映らない対処法

  7. 7

    ラズパイ4はPCライクな性能になったけどPCではないよという話

  8. 8

    ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  9. 9

    Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  10. 10

    ラズパイで使うmicroSDカードの選び方

記事ランキングページ

TOP