NOOBSライクなPINNを使ってRaspberry PiにOSをインストール

microSDカードへOSイメージファイルを書き込むツールソフト「Raspberry Pi Imager」で、OSリストが更新されていました。あれ、jsonファイルで時々アナウンスなしにアップデートされています。

ユーティリティイメージ内に「PINN」が追加されていました。

PINNは”PINN Is Not NOOBS”の略みたいです。NOOBSv1.9を元に開発されているため、見た目も使い勝手もNOOBSです。NOOBSのカスタマイズ版といった感じでしょう。Raspberry Piオフィシャルではありません。

RaspberryPi用の拡張オペレーティングシステムインストーラーで基本はNOOBSと同じでも、更に高機能で使いやすいインターフェイスを備えています。

OSのマルチブートをPINNでも試してみました。

目次

Raspberry Pi Imagerから書き込む

PINN自体はRaspberry Pi Imagerで書き込みました。小さいプログラムなので一瞬で終わります。

書き込まれたmicroSDカードで起動した後、もしもWi-Fiで使うなら、最初に行うのはWi-Fiへの接続です。

PINNのメリットとデメリット

Raspberry Pi Imagerの登場により、NOOBSは一定の役割を終えました。NOOBSは公式ページのダウンロードセクションにもうありません。

Raspberry Pi Imagerも同じOSのインストーラーです。ただ、少しアプローチが異なります。Raspberry Pi Imagerはインストールするツールソフトです。母艦が必要です。(他のマシンが必要)

NOOBSとPINNはmicroSDカードから起動させます。母艦が必要ありません。

OSを選択してインストールできる点や、インターネット経由でOSをダウンロードしてくるなどの基本性能は同じです。

OSをダウンロードしてからインストールするのは同じでも、読み書きが遅いmicroSDカード上で行うため、かなり時間がかかってしまいます。

想像を超える時間です!
ファイルサイズにもよりますが、16GBに3つのOSを入れた場合でも、約2時間弱もかかります。

主なメリット主なデメリット
他のマシンが必要ない
OSブートセレクターがある
OSインストールに時間がかかる

PINNでインストールできるOS

今回、Raspberry Pi Imagerから書き込んだPINNでバージョンが3.8.3でした。

OSが何か分からない場合、上部メニューのinfoボタンを押すと、ブラウザが立ち上がって、選択したOSの公式ページを表示してくれます。どんなOSかある程度は分かるでしょう。

OSは最初、ジャンルごとにタブ分けされて表示されます。

収録リストは次の通り、32bit/64bitのバリエーションがあるため多く見えます。中には3B用もありましたので気をつけてください。

なお、Minimalはデスクトップがありません。コマンドUIです。

General

  • Raspberry Pi OS Full 32bit
  • Kali Linux Full 32bit
  • Raspberry Pi OS 32bit
  • Raspberry Pi OS 64bit
  • RISC OS
  • TLXOS
  • linege OS(17〜19)
  • Twister
  • Ubuntu2010
  • Ubuntu2110
  • Ubuntu MATE 2010 64bit
  • Ubuntu MATE 2110 64bit
  • Ubuntu MATE 2110 32bit

Minimal

  • Arch4
  • DietPi 32bit
  • DietPi 64bit
  • Raspberry Pi OS Lite 32bit
  • Raspberry Pi OS Lite 64bit

Testing

  • debian64pi4
  • Raspex4

Games

  • batocera RPI4
  • recalbox7-rpi4
  • Recalbox Pi4
  • Lakka RPi4
  • Lakka RPi4 64
  • Retropie4

Legacy

  • Raspberry Pi OS old_stable
  • Raspberry Pi OS Lite old_stable

Media

  • Volumio
  • LibreELEC RPi4
  • moode
  • OSMC Pi4
  • piCorePlayer
  • piCorePlayer 64
  • XBian_RPi3

Utility

  • Data Partition(データ用パーティション)
  • ProjectSpace -1〜8(予約用OSパーティション)

※リストは記事執筆時点の情報

OSのインストール

OSを選択してからメニューのインストールボタンを押すことで、インストールが開始されます。

先ずはOSのダウンロードから始めるため、かなりの時間がかかることは覚悟してください。

日本語表示を選べるというのもあり、操作もシンプルなので迷うことはないと思います。

空き容量に気をつけよう

microSDカードの容量が少なければ、OSマルチブートしたくても、いくつもインストールできません。必要な容量が赤字になっていると書き込めません。

ちなみに、PINN自体は60MBくらいしか使用していません。

ブートメニュー

複数のOSをインストールすると、PNNでOSを選択して起動できるブートメニューが表示できます。

起動時、左上にメッセージが点滅します。(デフォルトで10秒間)

このとき、SHIFTキーでPINNの設定画面へ入れます。マウスをクリックすることでブートメニューが表示されます。何もしなければ、デフォルトに設定したOSが自動的に立ち上がります。

  • SHIFT → PINNの設定
  • マウスクリック → OSのブートメニュー
ブートメニュー画面

PINNはNOOBSより高機能

NOOBSを使ったことのある人なら直ぐに感じてもらえると思います。かゆいところに手が届くような便利さがありました。

役割はNOOBSと同じでも、細かい部分がよく出来ています。特にconfig.txtとrecovery.cmdlineを簡単に編集できるオプションが便利です。

Edit Optionsなら選ぶだけ

NOOBSでもそうだったように、テキストを書き込むことで反映させます。改行できない、スペルミスなど書式を間違えられませんから、選ぶだけで記述してくれるオプション画面はスゴイ助かります。

PINNの使い勝手

PINNはNOOBSの代わりに使えます。それ以外にも、OSをマルチブート化させるため、知らないOSを試用する目的などで使えます。

Utilityにあるデータ用のパーティションと、プロジェクトスペースというのが秀逸です。

データパーティションは、空の512MB領域を作ってくれます。複数のOSをインストールした時に、それぞれのOSからこのパーティションをマウントして共有のデータ置き場として使えます。

プロジェクトスペースは、パーディションとして分けておくことで、後から別のOSをインストールすることが可能になります。予めスペースを確保しておくため一種のダミーのような存在です。

ブートローダーでOSを選べるようにしたまま空の領域を確保してくれます。

通常だとOSのインストール時に、ドライブ内の全てのスペースを使い切ってしまうためです。パーティションの容量などは融通が効きませんが簡単な仕組みですね。


マルチブートさせるのに、以前はBerryBootもご紹介してきました。PINNはマルチブート用としても使えます。

PINNで気軽にOSを試してみましょう。

複数のOSをインストールするのに64GB以上を使うと、3〜4つのOSを入れても作業領域が残るので安心です。

目次
トップへ
目次
閉じる