\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

「ラズパイダ通信」はRaspberry Pi 情報が毎週配信されるコミュニティ重視のニュースレター

ニュースレターをはじめてみたのは、ブログ型から移行することができるのかと考えたからです。不特定多数へ情報を公開していくことに疲れたのかも知れません。

目指すはコミュニティサイトなのかも知れないと想い始めました。

情報サイトだと、正しい情報を求められ大手メディアや組織には到底敵いません。もっとレベルの低い情報でも、生の情報というか、リアルな情報というか、人が伝える情報が欲しいとは思いませんか?

これまでもコメント機能でやりとりしたり、会員制フォーラムだったり、不特定多数を対象に繋がりが持てました。ただ、これはリテラシーや道徳観があることを前提としてです。現在だと難しいかな。それに海外から攻撃されるし!

そこでニュースレター。

コミュニティも完全にクローズドな世界では、仮に参加したくても見つけられないというデメリットがあります。

その点、ニュースレターという仕組みは、内容をWebで広く公開したり、登録者限定にできたり、または途中まで公開できたり、オープンとクローズドの塩梅がちょうどいい印象です。

しかも基本はメルマガと同じで、メールボックスに届くというのも私好みです。少し前時代的なメールという形式は、むしろ年齢問わず、誰でも利用に抵抗感がないツールになっているからです。

読者登録はこちら

読者登録するのは、以下のボックスにメールアドレスを入れてSubscribeボタンを押すだけです。

Webサイトで閲覧するなら、ラズパイダ通信のトップページへどうぞ。

無料登録でもコンテンツは配信しています。先ずはお試しください。

この記事の主な流れ

ラズパイダ通信

ラズパイダのお送りするニュースレターは、無料の配信と有料の配信に分けてお届けします。4月19日から試験的に配信中です。

予定としましては、火曜日と土曜日に配信していくつもりです。土日は多くの方がお休みで、Raspberry Piに取り組むパターンが多いと想像するからです。

火曜日は、単純に月曜日って嫌な曜日じゃないですか? 月曜からRaspberry Piの話は別にいいやと思う人も大半でしょう。(もっと大事なことがある?!)このラズパイダが最も読まれる曜日が火曜日だからというのもあります。→ 月曜日も試しています。

有料購読の方には週に1回(月に4回〜5回)、無料版も含め週に2回でスタートします。配信頻度や曜日が変更になる際は事前にお知らせします。

有料購読された読者さんは、無料も含めて登録後はすべてメールで届きます。Webでも制限無く読めますので、アーカイブとして以前の記事もお読みいただけます。

また、有料購読の読者さんは、配信した投稿にはコメントが付けられます。別の専用のスレッド(掲示板)記事に書き込むこともできます。積極的にRaspberry Piについて意見を交換できます。無料の読者さんはできません。ごめんなさい。

ラズパイダ通信が利用しています「Substack」の設定は、月額と年額払いしかありません。現時点では、日本円は対応していません。

月額で料金を頂戴するサブスクリプションです。年額まとめ払いの人がお得になるように設定しました。(年額の人は33%オフ!)

Visa、MasterCard、Discover、AmericanExpressなど、ほとんどの主要なクレジットカードをご利用いただけます。

ニュースレターの解除方法は先に読んでおくと安心です。

「Raspberry Piについてコミュニケーションが取れること」に価値を見出せる読者さんは、是非ご参加ください。月に数回(有料4回予定、無料数回)は、Raspberry Piの読み物としてお届けいたします。

有料購読者に開放しますスレッドは、Webサイトから見ると、鍵がかかって途中から閲覧できません。他にも個別に執筆者である私にメールを送る機能もあります。

読者登録はこちら

読者登録するのは、以下のボックスにメールアドレスを入れてSubscribeボタンを押すだけです。

Webサイトで閲覧するなら、ラズパイダ通信のトップページへどうぞ。

無料登録でもコンテンツは配信しています。先ずはお試しください。


ラズパイダとして配信するニュースレターの価値は、自分ではどのくらいのものなのかは検討も尽きません。料金をお支払いいただける読者さんも数名に過ぎないでしょう。

この「ラズパイダ通信」に限っては、読者さんが少なくても続けていくつもりなのでご安心ください。私にとっても、Raspberry Pi で繋がれる唯一の手段になっているからです。

今後もブログとは連携していきます。しかし、時間は有限なのでブログの更新は少なくなっていくと思います。

ニュースレターの方が余計な機能がない分だけ書きやすいんですよね。PVも気にしなくて良くて、登録してくれている人にお届けするシンプルな状態だからだと思っています。

では、またニュースレターの方でもお待ちしています。

シェアする
  • URLをコピーしました!

Raspberry Pi 4、400、Zero2W

販売価格は、必ず販売サイトで確認してください。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで詳しくみる
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで詳しくみる
RaspberryPi
¥15,987 (2022/11/29 14:24時点 | Amazon調べ)
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで詳しくみる
この記事の主な流れ