[購入と価格] 新型「Raspberry Pi 3Model B+」各店で出揃ったので比べてみた

Raspberry Pi 3B+

これまで一部のお店で販売されていた新型のRaspberry Pi 3B+ですが、6月14日には各所で販売が開始されました。在庫が整ったのか生産がどうなのかまでは分かりかねます。前モデルなどを参考にすると、番号が付いたフラグシップモデルですので、一番生産される機種だと思います。

これは2023年1月まで長期に渡り生産される商品だからです。ロングサポートなのでそれまで4といったグレードアップは無いと思われます。

そこで、細かい販売先はともかく、これまで販売に実績があり、比較的容易に購入出来るお店を比べてみました。

当ブログでも人気の比較記事

https://raspida.com/raspberrypistock

現在購入できるお店

以下の店舗が有名です。他にも細かくは各店でいくらかの販売はあるでしょう。KSYはグループ会社であるRSコンポーネンツ製です。

  • KSY(RS製)
  • スイッチサイエンス(element14製)
  • Amazon
  • Physical Computing Lab
  • ツクモパソコン本店II (スイッチサイエンスとPhysical Computing Labの商品を販売中)

国内代理店は他のお店にも卸しているので、店頭ですとまた価格が変わります。ネット販売に限って比較してみようと思います。

比較としてツクモパソコン本店II の店頭では5,670円(税込)で販売しています。秋葉原まで行かれるならお得ですね。

各販売店のネットショッピング比較

購入先名価格(税込)送料合計
(送料込み)
KSY4,860円756円
(※5千円以上で無料)
5,616円
スイッチサイエンス5,670円500円
(※1万円以上で無料)
6,170円
Physical Computing Lab5,378円540円(離島は別)
(※1万円以上で無料)
5,918円
Amazon
(各販売業者による)
6,480円0円
(※プライム会員)
6,480円

ネットショッピングでは送料がネックです。Amazonでも販売業者によって送料も変わります。

また、いくら以上で送料無料かも重要で、ついでに電源やらケースをまとめて買うならどのお店でも大差はありません。大差が無くなるのは、他の周辺機器の価格も変わるからです。

いくら本体が安くても電源やらケースが他店より高ければ、結局は合計で安くなるとは限りません。

セット品も狙い目!

そういうことで考えると、セット品がお得になっています。

コンプリートキットまで要らない人は、電源セット、スターターセット、ケースセットなど、各店によって様々な魅力的なセットがあります。

その意味でAmazonでのセット品はお得な場合もあります。何故なら、ケースなどのメーカーなら他店より安くできるからです。また、送料がプライム会員無料の商品も多く、Amazon独自のポイントや、ギフト券など日頃からAmazonを利用していると価格が高くても特になるケースがあります。

セット品の比較

各販売店でのお得なセット品を比べてみましょう。

購入先名セット内容価格(税込)
KSYPi 3B+ Starter Kit 32GB V1

- Raspberry Pi 3 Model B+ (ボード本体) x 1
- Piケース RS V3 透明 for 3B+/3/2/B+
- USB電源アダプター 5V/3A 1.5m microUSBコネクター
- OS書込済み Team microSDHC 32GB CL10 アダプタ付
- HDMIケーブルA-A 1m 黒
- Raspberry Piシリーズ用ヒートシンク セット

9,990円
スイッチサイエンス特になし(対応ケースは1,080円で販売中)(7,250円)
Physical Computing LabRaspberry Pi3 Model B+ ボード&ケースセット

- Raspberry Pi 3 Model B+ (ボード本体) x 1
- Raspberry Pi 3用ケース x 1
- GPIOカード x 1
- GPIOシール x 1
- ゴム足セット x 1
- ネジセット x 1
- ヒートシンク x 2 (大x1、小x1)
- 上部開口部フタ 2種類 各1 (1種類はケースに取付け済)

6,458円
AmazonRaspberry Pi 3 Model B+ element14 スターターセット BASIC

- Raspberry Pi 3 Model B+ (ボード本体) x 1
- Raspberry Pi ケース (ASB樹脂 クリア)
- ヒートシンク 3ピース
- 1年間保証

6,280円

セットの内容もバラバラですから、手持ちにある周辺機器を考えて選んでください。
この表以外にもコンプリートキットなど多種ありました。

\ Raspberry Pi 4はメモリー8GBが最新 /

【セット概要】「データーベース」「Webサーバー」「NAS」「AI処理」「4K画像での2画面処理」などの高負荷がかかる処理を、長時間稼働させるのに必要な負荷テスト行い、当社で厳選した高品質なパーツを組み合わせたセットです。高品質なAnker製USB電源の採用、トラブルの原因になりやすい電源周りをデジタルモニターリングできるをType-Cケーブル、Raspberry財団認定モデル 高速タイプ 100MB/sec 128GB MicroSD、静音FANによる強制冷却など、高負荷運用でも長期に渡る安定稼働が可能です。また単品でご購入いただくよりお得です。

初めてならセット品

やはり初めてRaspberry Pi を触るには、ケースはともかく電源など必要な物が揃ったコンプリートキットがオススメです。

2台目からは使い回せるものがあったりしますし、もしくは気に入ったケースと合わせるために最低限の本体だけの購入が良いでしょう。

今回のRaspberry Pi 3B+は、これまでの3B(ノーマル3B)とサイズ感は同じです。しかし、Wi-Fiのモジュールもそうですし、基板の配列が変わっていますから、ケースは対応品を購入してください。ノーマル3Bのケースは多く出ております。どれでも適合するわけではありません。お気を付けください。

数量はどこも確保されています。あまり慌てなくても良いと思います。

ラズパイダ

ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 はじめて向け
  1. Raspberry Pi OS のバージョンアップ方法とaptについて

  2. 遊び半分、学び半分でRaspberry Piを活用しよう!

  3. Raspberry Pi Imager更新、イメージ選択数を計測のためデータ収集も

  4. 「fre:ac」はラズパイでもmp3やFLACに変換できる無料のオーディオコンバーター

  5. Googleアカウントスレージの規約変更でクラウドストレージを整理した話

  1. 【初心者向け】はじめてRaspberry Pi OS をダウンロードする人へ

  2. Raspberry Pi OS のインストールは、公式ツール1つだけでOK

  3. Webサーバーを公開したいならリスクも知ろうという話

おすすめの記事

  1. ラズパイ4にも対応している軽量でクールなOS「Manjaro」はアリ

  2. Raspberry Pi とLibreELEC9.0で作るAmazonプライム・ビデオプレイヤー

  3. NextcloudとRaspberry Pi 3B+で作る自分専用クラウド

  4. TwisterOSで懐かしのWindows、最新macOSの見た目でラズパイを使う

  5. ラズパイ4をデスクトップPCライクに使えるOSとして個人的に急浮上中のEndlessOS

  6. ラズパイ4で動いたOS一挙に10選とおすすめのデスクトップ代替OS

今月の人気記事

  1. 1

    Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  2. 2

    ラズパイ4をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)

  3. 3

    Raspberry Pi 4の初期設定2020年版

  4. 4

    初心者でもラズパイでNASサーバーを作ってみよう!

  5. 5

    Raspbian のWi-Fi設定(Raspberry Pi 初期設定)

  6. 6

    Raspberry Pi 4を起動したのにモニターに画面が映らない対処法

  7. 7

    ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  8. 8

    ラズパイで使うmicroSDカードの選び方

  9. 9

    Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  10. 10

    ラズパイ4はPCライクな性能になったけどPCではないよという話

記事ランキングページ

TOP