作ってみた!ラズパイガジェット達はこちら

GPIOピンヘッダーが初めから付いているRaspberry Pi Zero WHが発売。もうはんだ付けなんてしない。

Raspberry Pi zero WH 製品情報
スポンサーリンク
 Raspberry Pi Zero WHとは、既に販売中のRaspberry Pi Zero Wをベースに、GPIOをはんだ付けしたマイナーチェンジしたモデルです。これまではZERO系に限り別途にはんだ付けしないと、pHATやらを載せることができませんでした。これならRaspberry Pi 3B系と同じように使えます。

はんだ付けは細かい作業なので時間もかかりました。

代わりに、GPIOハンマーヘッダーなどではんだ付け無しで作業するキットもあります。しかし、これからはRaspberry Pi Zero WHを購入すれば、何も時間もかからず技術も要りません。お金はかかります・・・。

 

金額も約520円程度の上乗せということで良心的です。ハンマーヘッダーがピン付きとはいえ756円でしたから、作業無しで時間も抑えられることを考えると割安です。

ただ、せっかく安いRaspberry Pi Zero Wが高くなるように感じるのは少し残念ですね。

 

Raspberry Pi Zero Wのみ Zero W+ハンマーヘッダー Raspberry Pi Zero WH
価格 1,296円 1,296円+756円=2,052円 1,810円前後

 

では、ハンマーヘッダーは要らないかと言うと、まだまだ活躍できますよ!

  1. ピンの長さを変えて実装(はんだ付け)したい
  2. Wi-Fi機能の無いRaspberry Pi Zeroの場合

この2点からまだまだ必要です。

 

恐らくWi-Fi無しの無印Zeroもはんだ付けバージョンは売れ行きによって発売するかも知れません。かも。

 

国内の主要販売店はこのRaspberry Pi Zero WHは数量限定なしで販売しています。こちらの方が入手し易くなりました。

 

はんだ付けしないで楽しむRaspberry Pi Zero / W
前回の記事でRaspberry Pi Zero WHをご紹介しました。はんだ付けしてあるRaspberry Pi Zero Wです。これまではヤフオクなどで有志(?)によって1,000円UPくらいで出...(続きを読む)

 

これからRaspberry Piを始める人はRaspberry Pi Zero WHはオススメです。その前にRaspberry Pi 3Bから始めると更に分かりやすいかと思います。

ご意見・ご感想
お気軽にメッセージください!

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。
コメント欄以外にも、よろしければお気軽にメッセージください。

この記事についてのご感想などはもちろん、間違いのご指摘、またはRaspberry Piの世間話など何でもOKです!

この記事を書いた人
ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

ラズパイダをフォローする
製品情報
この記事をシェアしたり自分用に保存してみる。
ラズパイダ

コメント