新発売!新Raspberry Pi 3A+——最もコスパ最強$25

Raspberry Pi 3A+登場タイトルニュースと話題

2018年11月15日に新型のラズパイ基板、「Raspberry Pi 3 model A+」が発表されました。A+です。定価はは25ドルとこれまでよりも安価です。英ポンド換算で£23〜£23.5(3,148円〜3,216.4円)

これまでフラグシップモデルはRaspberry Pi 3B系の35ドルでした。より低価格なZero系は安価であってもその小ささから性能は犠牲になり、やや非力と言わざるを得ません。

その中間に位置していたmodel A系は2014年を最後にメインから外れ、価格からもあまりお得ではなかったうえ、既に古くなりました。しかも、日本では手に入りにくい状態でした。

スポンサーリンク

コスパ最強のバランスの取れた性能

raspberrypi3ap
Raspberry Pi 3A+(画像は公式サイトより)

簡単にご紹介すると、これまでの最新であるRaspberry Pi 3B+と、旧製品の1A+を合わせて2で割ったいいとこ取りの機種と言えます!

一番大きな違いは、有線LANポートがないということとメモリーが512MBということです。(3B系はメモリー1GB)

サイズは旧model Aタイプで性能はRaspberry Pi 3B+、そして価格帯がZero系と3B系の中間になります。この3A+の登場により価格帯も主に3つに分けられるカタチになります。

Zero系は約800円〜1800円、3B系が約4,500円〜約5,000円、そして今回の3A+は約3,000円です。
本当にちょうど中間ですね。

機種(モデル)実勢価格
Raspberry Pi Zero
Raspberry Pi Zero W/ WH
実売800円〜1,800円
Raspberry Pi 3A+3,300円〜4,200円
Raspberry Pi 3B
Raspberry Pi 3B+
実売4,500円〜5,500円
Raspberry Pi 4B6,600円〜8,000円

そして性能もまた中間を位置しているものの、より3B系寄りなため、3B系の機能限定版としても安価な割合になります。

前回のmodel 1A+はそもそもシングルコアでした。これはZero系と同じです。クロック周波数(速度)は旧1A+が700MHzだったことを考えると、大幅にアップしました。これは3B+と同等の1.4GHzです。Zero系は1GHzですからサイズを考えても高性能です。

スポンサーリンク

旧製品とのポイント比較

ポイント制の比較をしてみます!
Raspberry Pi ノーマル3Bを基本にポイントで割り振ってみました。

(1〜3段階で比較:青3点、黒2点、赤1点で評価)

ポイント比較

独断と偏見で性能ポイントで比較してみました。
6つの要素で勝っている場合は+1ポイントとしてみました。

Raspberry Pi 3A+Raspberry Pi 3BRaspberry Pi 3B+
CPUBroadcom
BCM2837B0
クアッドコア1.4GHz
Broadcom
BCM2837
クアッドコア1.2GHz
Broadcom
BCM2837B0
クアッドコア1.4GHz
搭載メモリー512MB1GB1GB
イーサネットポート
(有線LANポート)
なし10/100/Base-T10/100/1000 Base-T
無線LAN(Wi-Fi)IEEE 802.11 b/g/n/ac 2.4/5GHzIEEE 802.11 b/g/n 2.4 GHzIEEE 802.11 b/g/n/ac 2.4/5GHz
サイズ65 × 56 × 12mm85 × 56 × 17mm85 × 56 × 17mm
定価25ドル35ドル35ドル
ラズパイダによる
性能ポイント
3ポイント1ポイント4ポイント

※あくまでもポイントは独断と偏見です。有線LANポートがないことが決してマイナスにもなりませんし、価格を重視するなら3A+が更にプラスポイントだと思います。

もう少し分かり易く言葉で違いを表現すると・・・

  1. 3A+のCPUは3B+と全く同じ
  2. 3A+のメモリーはZero系と同じ512MB
  3. 3A+に有線LANポートは付いていない
  4. 3A+のWi-Fiは3B+と同じac規格まで対応し、5GHzもOK。
  5. 3A+のサイズは微妙に正方形ではなくZero系の倍くらいの大きさ
  6. 定価が10ドル安く基板だけなら国内最安値が約3,300円
  7. USB2.0ポートが1つ

簡単に比較してもお解りのように、主な性能は3B+とほぼ同等です。

唯一、通信は有線LANポートが無くWi-Fiのみ、USBポートが1つという点が大きく異なります。

つまり、

Raspberry Pi 3A+ 3つの特徴
  • 通信はWi-Fiのみ(有線LANポートはない)
  • USB2.0ポートが1つ
  • メモリーが512MBと少ない

先程のような比較でも3A+は中間の評価になります。
但し、用途によっては最高の評価にもなることも考えられます。

ネットワークに有線LANケーブルを使用しない用途ならば、3B+より安価な3A+がサイズが小さいことも手伝って便利です。

デメリットは、メモリーが512MBしかない点です・・・。

Raspberry Pi Zero W/WHを使うよりは、接続出来るインターフェイスが多い3A+はZero系の代わりになるでしょう。

細かな点などはまた別の記事でご紹介していきます!

まとめ

今回、新発売したRaspberry Pi 3A+はより個人向け、初心者向けの製品になりました。これは価格も手に入れやすいことと、できることがより高性能に行えます。過不足は無いでしょう。

一方、Raspberry Pi 3B+はPoE Hatとの連携で、ビジネスの現場で利用するのに特化できます。
従来のRaspberry Pi ノーマル3Bは変わらずに産業用途やテスト環境に適しています。
Zero系は組み込みする際にあの特徴的な小さいサイズが活かせるでしょう。

ちょうど足りない部分を補った印象を受けました。
なんとなく、これで万全のラインナップとなり、これまでの様々な環境が手伝って、他の高性能シングルコンピューターが割っては入れない独占状態になると感じます。
安泰ですね。

現在、イギリスのPimoroniで販売開始されていますが、今朝の時点で売り切れとなっています。

また、いつも通りに技適の取得問題があり日本国内ではまだ手に入りません。 取得済みで販売開始!
過去の経緯から来年の2019年初めには手に入るかと思います。

※2019年9月19日付けで総務省のデータベースに技適取得で掲載されました。未発売のままです。

国内販売も開始!(2019年12月17日〜)
1年越しでRaspberry Pi 3A+が日本国内で販売開始
...

25ドルが実売価格でいくらになるのか、日本で実施される2020年からの小学校の教材として、Raspberry Pi も再び候補に挙がるような気もして楽しみです!

他にも新型Raspberry Pi 3A+の情報をまとめてご紹介していきます。

あっ、収納するケースがあまり存在しないのはデメリットかなー。

[レビュー] Raspberry Pi 3A+の公式ケース
...