フォーラムを開設しました!Raspberry Pi の話題はこちらで!

ミュージックシステム+5インチモニターのケースを作る。100円ショップ商品で簡単に!

ミュージックシステム+5インチモニターのケースを作る。100円ショップ商品で簡単に!

先日、作成したAmazonプライムMusicも聴けるミュージックシステム+5インチモニター(長っ!)のケースを簡単に作りましたので、その工程をご紹介します。

100円ショップは小さい商品が多いんです。安いから、しっかりした物と同じように見えても実は小さいというオチがあります。しかし、Raspberry Pi のような小さい物には逆に適していることがあり、何か見付けては「これ使えないかな〜」と思いますね。

まぁ、よくあるパターンのケースなので、あまり期待しないでください。商品を活かして色塗っただけのものです。写真を多く掲載します。ご参考までに。

開閉式コレクションーケースの加工

今回は100円ショップのセリアで購入したのは、透明プラスティックが施された蓋が開閉する木製コレクションケースです。木製とありますけど、これ合板の薄いので、何て言うのでしょうラワン材?
恐らく木くずを圧縮して作ったような柔らかい木材です。

使用したケース

100円ショップのケース

これが良かった点は、上板が開閉するのですけど、手前に小さなマグネットが付いて居て、蝶番式ではなかった点です。縦置きにしたかったことと、開くのにイチイチ蝶番では面倒だからです。

100円ショップケースの詳細

大きさも丁度良い感じです。実際に5インチモニターは余裕で入る大きさなんですけど、配線の取り回しとか考えると広めの方が安心です。

コルクを取り除く

内側にクッションとしてコルクが敷いてありました。Raspberry Pi を固定する際に暑くなりますから不要です。これを除去していきます。

コルクの除去

コルクの下には薄い段ボール素材もありましたので、これも剥がします。
どうやろうかと思ってカッターで切ったりしていたのですが、手でガシガシ削ったり破ったりして問題なく取り除けました! 脆いw

ビリビリと・・・。

削除した後はこんなに綺麗に薄くなりました。

剥がした後

Raspberry Pi 3B本体の取り付け

この底面にRaspberry Pi 3Bと5インチモニターを設置するので、穴を空けてビスで固定します。そのために穴を空けたりしないとなりません。私は電動ドリルでザクザクと空けていきます。最初は測って空けていたのですけど、どうしてもズレてしまうのと、事情により場所を変更するため一度やり直したので、穴だらけになりました。

Raspberry Pi を固定

Raspberry Pi 3Bを固定します。が、画像で言うと下の方へズラしました。HDMIコネクタが入らないのと、電源ケーブルが曲がり収まりませんでした。

この本体に5インチモニターを付けるのが難しかった!

ビス留めもありますし、箱の深さもあるのえ、40ピンコネクタが見えない中、手探りで接続しないとなりません。ほぼ一番下までズラしましたね。

モニター接続

電源ケーブルのために画像の上部にも大きく空けました。この部分は電源ケーブルの太さ分ではなく、USB端子の分だけ空けないとなりませんから、四角く大きく空けます。

最初の位置

最初の位置ではHDMIが刺さりません・・・。電源ケーブルも這わせられません・・・。

電源ケーブルを差し込んだ状態

このくらい間がないとツラいですねぇ。

最終的な位置

簡単な色塗り加工

これで良いのですけど、なんともつまらないので色を塗ります。

最近は100円ショップの水性塗料が人気で、ビンテージ感を醸し出す色がたくさん売っています。今回はスモーキーレッドというビンテージ感ある赤を選びました。

スモーキーレッド水性塗料

つや出しニスも準備しました。これは赤で塗った後、2度塗りくらい塗って途中、ヤスリで削ると意外と滑らかな綺麗な仕上がりになり、多少は傷などの保護に役立ちます。

スモーキーレッドも2度塗りしました。

 

スモーキーレッドで塗った

適当に透明プラスティックにはマスキングテープで保護して塗りました。刷毛なども同じ100円ショップにあります。

適当ですけど、それなりに濡れました。塗る前に比べたらマシだと思います。

 

以下のように本体の緑色と赤が何とも映えますね。(クリスマスかっ)

 

出来上がり組み上げ

色塗りが終わり組み込めばこれで完成です。

完成写真

まぁまぁの出来映えです。(これはつや出しニスは塗っていません)

大きさも既存のスピーカーセットに合っていて良かったです。(偶然ですw)
今後は同じようなケースでも鏡を使ったり、マジックミラーを使ったりしてみたいですね!

 

100円ショップには加工が簡単な物がたくさんあります。簡易なツールで穴開けも切り取りも出来ますから最初は色々と試してみてください。仮に壊しても失敗しても100円ですからね。

ただ、100円ショップの商品は寸法が書いていない物が多くて困りました。事前に紐とかでそのサイズにして持っていくか、スマホの物差しアプリなど活用して測ると楽です。

次はRaspberry Pi Zero W/Hのケースなどを作成してみたいと思います。

 

5インチモニターを使った音楽サーバシステム

タッチ式パネルモニターのレビュー

AirPlayを設定する(Raspberry Pi で作るミュージックシステム)

MPDのmopidyをインストールとconfファイルの設定方法

タッチパネル式5インチモニターを使ってAmazonPrimeMusic

フォーラムでお待ちしています!

CTA-IMAGE 記事を読んでご指摘をはじめ、質問などございましたらフォーラムにご記入ください。(スマホなどMobile環境では利用できません)
話題は何でも構いません。Raspberry Pi の情報交換ができたら私も勉強になります!よろしくお願いいたします。

作ってみたカテゴリの最新記事