\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

海外ベンチャーがRaspberry Piで作られたMSXパソコン「MSXVR」を販売開始

スペインのベンチャー企業が開発したMSXパソコン「MSXVR」は、MSXエンジンにRaspberry Piを用いた製品です。発売は少し先の9月予定です。価格は€330.57〜、日本円で約4万円からとなっています。

支払方法は銀行振込しか用意されていないようなので、日本からの購入は難しい模様です。日本で販売する輸入業者もあるかと思いますが、そもそも発売されるかどうかも怪しい製品ですから、あまりオススメできませんね。

公式サイトの製品情報ページの写真を見る限り、恐らくRaspberry Pi 3Bを搭載していると思われます。(USB4ポート、2.0のため)

ライセンスの問題などもハッキリと記載されていませんから、どうにも・・・。

500を超えるMSXカートリッジがテストされています。

MSXVR製品ページより(https://msxvr.com/producto/msxvr-computer/)

エミュレーターとして、そのまま外付けUSBキーボードとして(?)利用できるみたいですね。

MSXの想い出と言えば・・・友人宅でプレイした「キャッスル(The Castle)」

引用:プロジェクトEGG

ゲーム機なのにキーボードが・・・と当時は不思議なイメージがありました。操作がキーボードで難しくて・・・。

一体型の筐体が懐かしいMSXがファンの方には興味があるかも知れませんので、話のネタにご紹介しました。購入は辞めておいた方が良いかも知れません。

公式https://msxvr.blogspot.com

絶対に要らないけど、超絶に欲しい、郷愁を覚える製品には間違いありません。

シェアする
  • URLをコピーしました!

Raspberry Pi 4、400、Zero2W

販売価格は、必ず販売サイトで確認してください。

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで詳しくみる
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで詳しくみる
RaspberryPi
¥15,987 (2022/11/29 14:24時点 | Amazon調べ)
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonで詳しくみる

この記事のコメント(承認後に公開)

コメントする

コメントは日本語で入力してください。名前は表示されます。メールアドレスは表示されません。

CAPTCHA

この記事の主な流れ