【コラボ企画】Raspberry Pi 愛に溢れるラズパイダのご訪問者に向けて新型Raspberry Pi 4Bのセット品をプレゼント!——クリックして特集記事へ

Wi-Fiが付いていないRaspberry Pi Zero(ノーマル)にあると便利なUSBハブコネクター

スポンサーリンク
周辺機器
この記事は約2分で読めます。

Raspberry Pi Zero 系を利用するとき、超絶に便利なグッズをご紹介します。他のサイトでも同じようにオススメしていると思います。当ブログでも改めてご紹介しておきます。

スポンサーリンク
Raspberry Pi 4Bスターターセット
スポンサーリンク
Raspberry Pi 4Bスターターセット

3ポートmicroUSBコネクター with イーサネット

先ずはこれをご覧ください。

USBのハブです。しかしケーブルの先端を見てください。

そう、microUSBコネクターです。

microUSB用3ポートハブ

USB機器を3つ繋げられます。一つは電源アダプターとしてもあと2つ接続可能なうえ、通常のUSBで事足りることになります。しかも、側面にはイーサネットを接続可能です。(有線LAN)

このようにRaspberry Pi Zero 系では大助かりのアイテムです。

対応するUSB機器で消費電力が大きい物は不可能です。データ転送も決まっています。ウスとキーボードを通常のUSBで繋げてもまだ一つ余ります。USBメモリーなども刺さりますね。

こんな使い方です。

USBポートは電源以外だと1つしか空きが無い!

だからmicroUSBハブが必要なんです。

microUSBから通常のUSBへ変更するアダプターと、miniHDMIと通常HDMIとの変換アダプターは、100円ショップでも買えます!

左がminiHDMIから通常のHDMIへ変換するアダプターです。このどちらも100円でした。

これだとUSBは1つしか使えない。

確かに安いので別々に揃えても良いでしょう。二つでも216円です。

ただし、1本700円くらいするそれなりのHDMI変換ケーブルがあると、よりストレスがかかりません。

何がスゴイって、イーサネットポートがあることです。

特にRaspberry Pi ZeroはWi-Fiがありません。Wi-Fi装備のZero系はZero W/WHだけ2種類です。

イーサネット付き

これ一つあればZeroを利用するのが楽になります。

カメラの接続がmicroUSBではなく、通常のUSB版かどうかは購入前に確認してください。よく間違えます!

Zeroは安いため、小さなプロジェクトなら問題ありませんし、コスパが最強です。Wi-Fiがないため直接操作しか無い中、こういった3ポートハブがあれば楽にセットアップや修正ができますね。ぜひ。

コメント