ラズパイで利用できるmicroSDカードは32GBまで利用可能

Raspberry Pi モデル別

このブログでもRaspberry Pi に使うmicroSDカードのフォーマットにPanasonicが配布している「SD/SDHC/SDXC用SDメモリカードフォーマッター 5.0」をオススメしています。

SDカードフォマッター

そんな中、そもそもRaspberry Pi って何ギガまでのSDカードが使えるのか聞かれたので、改めて記事にしておきます。

Raspberry Pi で使えるmicroSDカードの最大容量は32GB

実はRaspberry Pi 公式サイトで最大容量がいくつまで対応とは謳っていませんね。(あります?)

これは何故かというと、Raspberry Pi のシステムとして使えるのはFAT32フォーマットシステムだけなので、必然的にFAT32形式で使える最大容量になるからです。

※調べてみると64GBでもFAT32形式ならイケるということが分かりました。ただ、フォーマット環境がWindowsのみとなり、ソフトウェアも限定的なので、あまりオススメはしません。

タイプ名フォーマット形式制限
SD/microSDカードFAT12/161ファイルまたは最大2GBまで
SDHC/microSDHCカードFAT321ファイル4GBまたは最大32GBまで
SDXC/microSDXCカードexFAT1ファイル制限なしまたは最大2TBまで

※exFATフォーマット自体は理論値で最大約18EB[エクスバイト])

どのSDカードのフォーマットでも制限が設けられています。そのため、よく使うSDHCは32GBで良いと思います。

特にRaspberry Pi では、実質FAT32しか対応していないで、32GBが最大ということです。

「SD/SDHC/SDXC用SDメモリカードフォーマッター 5.0」の場合、FAT32を選んでもmicroSDカードが64GBであれば勝手にexFAT形式になってしまいます。

本来、Raspberry Pi の基盤自体は64bit対応なので、おかしな話ですけどね・・・。もしかしたら次回のRaspberry Pi 4になれば完全に64bit対応にしてくるかも知れません。

FAT32形式で強制的にフォーマットする方法

Windowsマシン

WindowsならI-O DATA が提供しているフォーマッターが便利です。

http://www.iodata.jp/lib/product/i/2107.htm

他社製品は出来なくなっているようで?

buffalo製ならWEBに報告がありました。

Disk Formatter Ver.2.08

i-odata-format

I-O DATA ハードディスクフォーマッタ

このように残念ながらWindowsしかありません。

個人的にWindowsは検証も出来ず、する気もないのでスルーします。

Mac OSX

Mac OSXにもGUIで利用できるディスクユーティリティがありますが、これも同じく32GB以上はexFATになってしまいます。

lanchpad

そこでdiskutil コマンドで実行させます。

diskutil list

ターミナル.appでdiskutil listと入力すると、繋がっているディスクとパーティションの詳細が確認できます。

ここで必要な場所の名前を必ず確認してください。
※マシンの環境により異なりますので、例の通りに行わないでください。間違えると大変なことになります。消えます!

my-diskutil-list

この場合、もうフォーマット済みですけど、デバイス名disk2というのがmicroSDカードだと分かります。

sudo diskutil partitionDisk /dev/(ここにデバイス名 例:disk2) 1 MBRFormat "MS-DOS FAT32" "ボリューム名" 100%

Why OS X is limited to FAT16——Apple Suport

結論

32GB以上のmicroSDカードも使うことは出来ます。しかし、通常はRaspbianが対応しているのはFAT32形式のフォーマットのため32GBまでで制限がかかります。

これはフォーマット環境としてのソフトウェアが規格通りにフォーマットしてしまうためです。

64GBでもFAT32形式でフォーマットできるならばOKということになります。ただ、Windowsでもプロテクトを外すのにコマンドで作業するなど、初心者には更に敷居が高くなりますので、何も考えず32GBを購入してインストールした方が手っ取り早いです。はい。

Raspberry Pi 自体、軽量に使う物です。大容量時代でも、Raspberry Pi OSだけなら16GBで余裕です。

スタンドアローンで使わず、ネットワークも駆使するなら、大規模データはネットワークドライブに置けば問題ありません。

最大98M/秒の読み取り速度。A1規格のパフォーマンスで素早くアプリを起動。フルHDビデオの録画や視聴に最適。SDサイズへの変換アダプタ―付属。収納プラスチックケース入り。 Androidスマホやタブレット、オーディオプレーヤー、任天堂Switch、などに最適。製品保証: Amazon購入日より30日間の初期不良返品対応のみとなります。

microSDカードについてはこちらの記事もよく読まれています。

ラズパイダ

ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 はじめて向け
  1. Pimoriniからシンプルスーパースリムな「Audio DAC SHIM」

  2. Raspberry Pi OS のバージョンアップ方法とaptについて

  3. 遊び半分、学び半分でRaspberry Piを活用しよう!

  4. Raspberry Pi Imager更新、イメージ選択数を計測のためデータ収集も

  5. 「fre:ac」はラズパイでもmp3やFLACに変換できる無料のオーディオコンバーター

  1. 【初心者向け】Raspberry Pi 4との接続方法(電源、HDMI)

  2. 【初心者向け】はじめてRaspberry Pi OS をダウンロードする人へ

  3. Raspberry Pi OS のインストールは、公式ツール1つだけでOK

おすすめの記事

  1. ラズパイ4にも対応している軽量でクールなOS「Manjaro」はアリ

  2. Raspberry Pi とLibreELEC9.0で作るAmazonプライム・ビデオプレイヤー

  3. TwisterOSで懐かしのWindows、最新macOSの見た目でラズパイを使う

  4. DAZNをラズパイのLibreELECで観る方法

  5. Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  6. 正式にUbuntuがラズパイ4に対応(Ubuntu 20.10)

今月の人気記事

  1. 1

    Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  2. 2

    ラズパイ4をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)

  3. 3

    初心者でもラズパイでNASサーバーを作ってみよう!

  4. 4

    Raspberry Pi 4の初期設定2020年版

  5. 5

    Raspbian のWi-Fi設定(Raspberry Pi 初期設定)

  6. 6

    ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  7. 7

    Raspberry Pi 4を起動したのにモニターに画面が映らない対処法

  8. 8

    ラズパイで使うmicroSDカードの選び方

  9. 9

    Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  10. 10

    ラズパイ4はPCライクな性能になったけどPCではないよという話

記事ランキングページ

TOP