FAT32形式のフォーマットは32GBまでという話

このブログでもRaspberry Pi に使うmicroSDカードのフォーマットにPanasonicが配布している「SD/SDHC/SDXC用SDメモリカードフォーマッター 5.0」をオススメしています。

SDカードフォマッター

そんな中、そもそもRaspberry Pi って何ギガまでのSDカードが使えるのか聞かれたので、改めて記事にしておきます。

目次

Raspberry Pi で使えるmicroSDカードの最大容量は32GB

実はRaspberry Pi 公式サイトで最大容量がいくつまで対応とは謳っていませんね。

Raspberry Pi のシステムとして使えるのはFAT32フォーマットシステムだけなので、必然的にFAT32形式でフォーマットできるのは32GBまでとなります。

タイプ名フォーマット形式制限
SD/microSDカードFAT12/161ファイルまたは最大2GBまで
SDHC/microSDHCカードFAT321ファイル4GBまたは最大32GBまで
SDXC/microSDXCカードexFAT1ファイル制限なしまたは最大2TBまで

※exFATフォーマット自体は理論値で最大約18EB[エクスバイト])

どのSDカードのフォーマットでも制限が設けられています。そのため、よく使うSDHCは32GBで良いと思います。

「SD/SDHC/SDXC用SDメモリカードフォーマッター 5.0」の場合、FAT32を選んでもmicroSDカードが64GBであれば勝手にexFAT形式になってしまいます。

FAT32形式で強制的にフォーマットする方法

容量が64GB以上の場合、FAT32形式で全てをフォーマットすることができません。

Windowsマシン

WindowsならI-O DATA が提供しているフォーマッターが便利です。

http://www.iodata.jp/lib/product/i/2107.htm

他社製品は出来なくなっているようで?

buffalo製ならWEBに報告がありました。

Disk Formatter Ver.2.08

i-odata-format

I-O DATA ハードディスクフォーマッタ

このように残念ながらWindowsしかありません。

Mac OSX

Mac OSXにもGUIで利用できるディスクユーティリティがありますが、これも同じく32GB以上はexFATになってしまいます。

lanchpad

そこでdiskutil コマンドで実行させます。

diskutil list

ターミナル.appでdiskutil listと入力すると、繋がっているディスクとパーティションの詳細が確認できます。

ここで必要な場所の名前を必ず確認してください。
※マシンの環境により異なりますので、例の通りに行わないでください。間違えると大変なことになります。消えます!

my-diskutil-list

この場合、もうフォーマット済みですけど、デバイス名disk2というのがmicroSDカードだと分かります。

sudo diskutil partitionDisk /dev/(ここにデバイス名 例:disk2) 1 MBRFormat "MS-DOS FAT32" "ボリューム名" 100%

Why OS X is limited to FAT16——Apple Suport

Raspberry Pi Imagerで解決

32GB以上のmicroSDカードも使うことは出来ます。しかし、通常はRaspberry Pi OSが対応しているのはFAT32形式のフォーマットのため32GBまでで制限がかかります。

これはフォーマット環境としてのソフトウェアが規格通りにフォーマットしてしまうためです。

2020年からはRaspberry Pi Imagerで対応が可能です。システムを起動後に、空き容量を拡張してくれます。

これならフォーマットも「Erase」から行えます。64GB以上でも問題ありません。

冷えてカッコイイ! Raspberry Piのケース

\【最大60%OFF】 Kindle本 目標応援セール/
Amazonで詳しくみる
\【最大60%OFF】 Kindle本 目標応援セール/
Amazonで詳しくみる
目次
トップへ
目次
閉じる