ラズパイ4にはやっぱりメタル調ケースが発熱低くて安心

レビュー

既に現行のRaspberry Pi 4Bは放熱に関するトラブルは解消しています。それでもこれまでの3B+などと比べて温度が上がりやすい点が特徴的です。

スライド式で使いやすいラズパイ4のケースとして、OKdo製の透明ケースがあります。非常に見た目も良いのですが、やはりCPU温度が上がってしまいます。

温度は以下コマンドで出してみました。

vcgencmd measure_temp

計測は手動で、最初の1回目を立ち上がってからスグにコマンドを実行しました。

その後、アイドル状態で数回をランダムに実行し、起動から5分程度まで計測してみました。

ケース3種類で温度計測

3種類のケースで温度を取得してみました。樹脂製のケース、メタル調のケース2種です。

メタル調なだけで、全てがアルミではなく安いのでアルマイト合金だと思います。

OKdo製スライド式透明ケース(ラズパイ4用)

Okdoの透明ケースは樹脂ケースなのでアイドル状態でも54度前後です。

OKdo樹脂ケース
OKdo樹脂ケース

このケースはとても良く出来ていて、底面は通気用に穴が空いています。とはいえ、他がしっかりと密閉されるため、埃の侵入もない代わりに温度は上がってしまいます。

okdo スライドケース

価格が1,000円以下、そしてRS公式のケースなため安心感があります。基板もはめ込み式だからドライバーなどは必要ありません。
きちんと基板をはめ込まないとmicroSDカードが入りづらいので気を付けましょう。

1点だけ残念だったのは、上下パーツは乳白色で透明ではありませんでした。

Raspberry Pi4 ボード&DIYメタルケース(Physical Computing Lab)

これ、Physical Computing Labと印刷がありますけど、同じケースで刻印が異なる物を多く見かけますから、OEM製品だと思います。どこが本家なのか確認していません。

製品ページ:https://www.physical-computing.jp/product/1830

ただ、メタル調のケースというのは、放熱シートで本体をメタルに接触させることで、かなりの放熱性が期待できます。

青いシール状の放熱シートをCPUやメモリーモジュールに貼り付けることで、ケースと一体化し、ケース全体がヒートシンクの役割を果たします。

では、こちらの温度はというと、最初に36度からスタートして、立ち上げから5分の間では36、37度くらいまでしか上がりませんでした。

やはりかなりの放熱性が期待できています。

特にこのケースの場合は放熱用のシートが3枚あり、それも程よい大きさのため効果があったのだと思います。

金色のアーマーケース

以前にご紹介したアーマーケースもヒートシンクの役割をします。

見せてもらおうか、アルミ製ヒートシンクケースの性能とやらを!

こちらも温度を同じように計測してみました。

アイドル状態であれば、先程のケース同様に35度前後で安定しています。

立ち上げスグでは31度と出ています。環境によってはかなり低い状態になるでしょう。

厚みがあるのと、ケースの間に隙間があるため、放熱がより良いのだと思います。

まとめ

ケースによっては50度〜65度で問題無く動作します。一方で金属製のケースなら放熱性は高いため、35度前後で稼働して上限までが余裕があります。

Raspberry Pi 4Bのサーマルスロットル機能は、80度超えで動作します。それ以上の温度ではCPU性能を落として温度を下げる働きがあります。

つまり、80度までは一応は範囲内となります。でも、低い方がなんとなく安心ですよね。

それぞれの温度:アイドル状態

  • 樹脂製:50〜55度
  • アーマーケース:34度〜37度

温度が心配なら密閉された樹脂製は避けて、上下しかないオープンケースや、金属製のケース、または今回のようにヒートシンクと同じ性能になるケースもお試しください。

【セット概要】Raspberry Pi 4 Model Bに、アルミニウム製のファン付きヒートシンクケースを組み合わせて、高い冷却性能により長時間の安定稼働が可能です。当社内での相性テスト、負荷テストをクリアした高品質な部品で構成されており、単品でご購入いただくよりお得です。
ラズパイダ

ラズパイダ

学べる楽しむ便利になる。小さいくせにヤケにパワフル。そんなRaspberry Pi をまだ知らない人に伝えたい。様々な場所で利用されているRaspberry Pi を知って「あっ、これもラズパイだっ!」だからラズパイダ!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 はじめて向け
  1. ラズベリーパイは小さなホームサーバーに最適、自分好みはプライスレスな4選

  2. あのMX LinuxがRaspberry Pi 向けイメージMXFBPをリリース

  3. OMV5のアップデートエラー回避

  4. Raspberry Pi Pico マイコンボード、僅か4ドルで登場

  5. お掃除ルンバのアイロボットから教育用ロボット「Root」発表

  1. お掃除ルンバのアイロボットから教育用ロボット「Root」発表

  2. 【初心者向け】Raspberry Pi 4との接続方法(電源、HDMI)

  3. 【初心者向け】はじめてRaspberry Pi OS をダウンロードする人へ

おすすめの記事

  1. NextcloudとRaspberry Pi 3B+で作る自分専用クラウド

  2. あのMX LinuxがRaspberry Pi 向けイメージMXFBPをリリース

  3. 正式にUbuntuがラズパイ4に対応(Ubuntu 20.10)

  4. ラズパイ4をデスクトップPCライクに使えるOSとして個人的に急浮上中のEndlessOS

  5. これも動く、風変わりなOS〜Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  6. ラズパイ(Raspberry Pi)を使ってできるメディアセンター3選

今月の人気記事

  1. 1

    Raspberry Pi で動く様々なOS一覧まとめ13種類!

  2. 2

    ラズパイ4をUSB接続のSSDから起動する方法(USBブート)

  3. 3

    初心者でもラズパイでNASサーバーを作ってみよう!

  4. 4

    Raspbian のWi-Fi設定(Raspberry Pi 初期設定)

  5. 5

    Raspberry Pi 4の初期設定2020年版

  6. 6

    Raspberry Pi 4を起動したのにモニターに画面が映らない対処法

  7. 7

    ラズパイ4はPCライクな性能になったけどPCではないよという話

  8. 8

    ラズパイ4とOMV5(openmediavault5)で作る自宅NASサーバーの設定方法

  9. 9

    Raspberry Pi 4のOSをデスクトップPCとして使うためにUbuntuMATEをインストールしてみた

  10. 10

    ラズパイで使うmicroSDカードの選び方

記事ランキングページ

TOP