3B+にも対応するPi ケースにメガドライブもあるよ(MEGAPi)

megadrive-caseRaspberry Pi

Retroflagは主に米国Amazonで販売しています。意匠の問題はどうなのか知りませんが、これまでにもNES、SNES、SFC、と販売されています。

一番新しいのはこのメガドライブに似せたMEGAPi CASEです。

昨年11月頃に発売され、現在、日本のAmazonでは他の業者が輸入販売して購入可能です。

スポンサーリンク

MEGAPi

Retroflagはただのケースではなく、機能が凝っていて、独自の基板によってケースの電源やリセットボタンなどを動作可能にしていたり、その際に安全にシャットダウンできるスクリプトまでGitHubも公開しています。

MEGAPi_CASE_M_Manual

この動画が分かり易い

Retroflag MEGAPi & Controller : Make your own Mini Genesis / Mega Drive with Raspberry Pi!

良く出来ていますね。個人的にはあまり想い入れはないメガドライブですが、改めて観るとカッコイイですね。レトロゲームをさせるマシンではなくても、単純なRaspberry Pi のケースとして使ってみたい。

リセットボタンや電源と連動するのは便利ですよ。

また、USB接続のコントローラーも所定の位置に接続出来るよう中の基板にポートがあり、無理なくRaspberry Pi 3B+も接続可能です。

更に、イジェクトボタンで中心の蓋が開きます。これは実機はCD-ROMの蓋なのですが、当然CDは必要無いため、実機では開きませんが、このケースではmicroSDカードを入れる小物入れになっています。

こういったギミックも人気の秘密です。米国ですけど、なんだか日本人が作ったみたいですね。

当時のメガドライブの詳細は公式サイトで!

メガドライブ|セガハード大百科(公式)

Retroflagの日本製のスーパーファミコン(SFC)のケースは有名です。日本ではAmazonであっても非常に高価でした。現在は同じように安価に手に入ります。中華圏の発送で無ければ国内のAmazon倉庫から発送になります。通常通り翌日や2日くらいで到着します。

ここを確認!

発送業者

記事執筆時点での情報となります。価格下の情報欄をみてください。Minstvell Gamesという業者さんが販売しています。そしてAmazonが発送とあります。

従って国内倉庫からの発送なので、ちゃんとしたプライム商品となっています。この発送がAmazonではない場合は、送料が別途かかったり、中華圏からの発送だったりしますので気をつけましょう。

ケースとしては高価な部類です。
ギミックとしても、見た目も楽しく、そして何より機能性もあるのは魅力的です。

情報量は多くありませんが、Retroflag公式サイトもご覧ください。購入(purchase)ボタンは米国Amazonの商品ページへ飛びます。

MEGAPi CASE - Retroflag
This is a mega drive inspired enclosure for your Raspberry Pi system. It can turn your bare Raspberry Pi PCB into an elaborate console in an instance.

Retroflagのメガドライブ風ケースの話題でした。

※コメント欄にてご指摘ありがとうございます!修正しました。

他にもRaspberry Pi のケースには、X68000もあります。こちらはプラモデル式という一風変わった仕様です。

ラズパイダの新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

472人の購読者に加わりましょう

   

※この記事は2019年1月31日に書かれたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

タイトルとURLをコピーしました