3B+にも対応するPi ケースにメガドライブもあるよ(MEGAPi)

Retroflagは主に米国Amazonで販売しています。意匠の問題はどうなのか知りませんが、これまでにもNES、SNES、SFC、と販売されています。

一番新しいのはこのメガドライブに似せたMEGAPi CASEです。

日本のAmazonではマーケットプレイス業者が主に輸入販売しています。

目次

MEGAPi

Retroflagはただのケースではなく、機能が凝っていて、独自の基板によってケースの電源やリセットボタンなどを動作可能にしていたり、その際に安全にシャットダウンできるスクリプトまでGitHubも公開しています。

MEGAPi_CASE_M_Manual

この動画が分かり易い

良く出来ていますね。個人的にはあまり想い入れはないメガドライブですが、改めて観るとカッコイイですね。レトロゲームをさせるマシンではなくても、単純なRaspberry Pi のケースとして使ってみたい。

リセットボタンや電源と連動するのは便利ですよ。

また、USB接続のコントローラーも所定の位置に接続出来るよう中の基板にポートがあり、無理なくRaspberry Pi 3B+も接続可能です。

更に、イジェクトボタンで中心の蓋が開きます。これは実機はCD-ROMの蓋なのですが、当然CDは必要無いため、実機では開きませんが、このケースではmicroSDカードを入れる小物入れになっています。

こういったギミックも人気の秘密です。米国ですけど、なんだか日本人が作ったみたいですね。

当時のメガドライブの詳細は公式サイトで!

メガドライブ|セガハード大百科(公式)

Retroflagの日本製のスーパーファミコン(SFC)のケースは有名です。日本ではAmazonであっても非常に高価でした。現在は同じように安価に手に入ります。中華圏の発送で無ければ国内のAmazon倉庫から発送になります。通常通り翌日や2日くらいで到着します。

ここを確認!

発送業者

記事執筆時点での情報となります。価格下の情報欄をみてください。Minstvell Gamesという業者さんが販売しています。そしてAmazonが発送とあります。

従って国内倉庫からの発送なので、ちゃんとしたプライム商品となっています。この発送がAmazonではない場合は、送料が別途かかったり、中華圏からの発送だったりしますので気をつけましょう。

ケースとしては高価な部類です。
ギミックとしても、見た目も楽しく、そして何より機能性もあるのは魅力的です。

情報量は多くありませんが、Retroflag公式サイトもご覧ください。購入(purchase)ボタンは米国Amazonの商品ページへ飛びます。

http://retroflag.com/MEGAPi-CASE-M.html

Retroflagのメガドライブ風ケースの話題でした。

※コメント欄にてご指摘ありがとうございます!修正しました。

他にもRaspberry Pi のケースには、X68000もあります。こちらはプラモデル式という一風変わった仕様です。

ゲームコントローラー選び——RetroPieも。

目次
トップへ
目次
閉じる